読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アバウト映画公園

"ほどほどの映画好き"アバウト男が最新作から旧作まで映画の感想をゆるめに書き綴る映画ブログ!たまに気になるドラマやおすすめ映画を紹介!基本大したことは書いてない。

バーニングオーシャン【ネタバレ映画感想】圧倒的地獄!社会人はマストで観るべきパニック映画!

映画『バーニングオーシャン』ネタバレ感想・評価

f:id:tyler-7:20170422124137j:plain

あらすじ:メキシコ湾沖80キロメートルにある石油掘削施設「ディープウォーター・ホライゾン」で、海底油田からの逆流によって上昇した天然ガスへの引火が原因で大爆発が発生。現場で働いていた作業員126人が施設内で足止めを食らう。事故により多数の行方不明者と負傷者を出す大惨事となり……。(シネマトゥデイ)

 

製作国:アメリカ 上映時間:106分 製作年:2016

監督:ピーター・バーグ

キャスト:マーク・ウォールバーグ / カート・ラッセル / ジョン・マルコヴィッチ / ジーナ・ロドリゲス / ディラン・オブライエン / ケイト・ハドソン等

上映館:「バーニング・オーシャン」の映画館(上映館)を検索 - 映画.com

 

 

どうも、アバウト男です!

今回扱うのは、アメリカ史上最大の石油事故と言われている2010年に起きた『メキシコ湾原油流出事故』を現場にいた作業員の証言を元に実写化された【バーニング・オーシャン】です。

監督は【バトルシップ】【ローン・サバイバー】など、良作が続いて乗ってる感のあるピーター・バーグ。他にも監督作【ハンコック】はかなりイマイチだったけど、ジェイミー・フォックス主演の【キングダム/見えざる敵】や、脚本を手がけたアメコミ映画【ルーザーズ】とか個人的に好きだったりと、信用している監督さんの1人です。

 

社会人はこれを観て気を引き締めるべき!

本作は、BP社の石油掘削施設『ディープウォーター・ホライゾン』で実際に起きた大事故の話。石油掘削をする際に必須な確認作業を怠り、懸念が残るまま無理やり作業に入ったことで、海底から石油を含んだ大量の泥水と天然ガスが吹き出し、沖から遠く離れた施設が爆発事故に見舞われる。

実話なのでネタバレどうこうも無いと思いますが、今回も中身には踏み込んでおります。

 

率直な感想は、

正直食らいましたね!めちゃくちゃ良かった!これはピーター・バーグ監督最高傑作じゃないですか!?

というよりもこの映画、一番に思ったの事故が起こった日付もあるんだろうけど、新生活を迎えた4月ってのもあり「とりあえず社会人は全員チェックするべき作品だ!!!」ってことですね。

コスト削減によりやるべきチェックを怠る不手際、上からの圧力になかなか逆らえない下請け・問題の黙認・過信・気の緩み・流れや周りに身を任せたりと、仕事の流れの中で様々なことが積み重なった結果11人の死者を出した大惨事へと発展する。

f:id:tyler-7:20170422150747j:plain

続きを読む

パージ 大統領令【ネタバレ映画感想】大人の残虐ハロウィン!深化して進化した3作目!!!

映画『パージ 大統領令』ネタバレ感想・評価

f:id:tyler-7:20170418013405j:plain

あらすじ:アメリカ政府が犯罪抑制のためパージ法を容認する中、反パージを掲げる上院議員ローンが台頭し国内は賛成派と反対派に分断。パージをめぐる大統領選の最中、全ての犯罪が合法となる一夜が幕を開ける。警察も病院も機能しないパージの夜、暗殺の標的となったローンと彼女を護衛するレオ(フランク・グリロ)は、悪夢の12時間を生き延びるため奮闘する。(シネマトゥデイ)

 

製作国:アメリカ 上映時間:109分 製作年:2016

監督・脚本:ジェームズ・デモナコ

キャスト:フランク・グリロ エリザベス・ミッチェル ミケルティ・ウィリアムソン エドウィン・ホッジ ベティ・ガブリエル ジョセフ・ジュリアン・ソリア

上映館:「パージ:大統領令」の映画館(上映館)を検索 - 映画.com

 

 

どうもアバウト男です!

今回扱う作品は『1年に1度、一晩、殺人を含む全ての犯罪が合法化する法律』が施行されてるアメリカを舞台とした人気ホラーシリーズの第3弾【パージ 大統領令】です!

『1年に1度殺人が許される日』が存在するというゾッとする美味しい設定から、1作目から劇場で鑑賞するくらい個人的にはお気になシリーズ。本国の公開からかなり遅れての公開となりましたが、ようやく上陸!

公開館も少なく、やっててもかなり夜帯という冷たい扱いは受けつつも観てきました。今回も結末のネタバレは避けつつも、中身には結構踏み込んでいます。

 

深化&進化した3作目!

今回は『犯罪率の低下』を良いことに、実のところパージを使って『守る術のないホームレスなどの貧困層』を一掃したいパージ推奨派のNFFAが、幼い頃にパージによって家族を殺された過去を持ち『パージ廃止』を掲げるアメリカ大統領選の有力候補:ローン上院議員を、パージに乗じて暗殺をしようとするってのが大まかな話の入り。

なので今回は特例として、パージ非対象者は無し!政府のお偉い方だろうと重役だろうと関係なし。リミッターが解除され、ローン上院議員にはNFFAから殺しのプロの傭兵が差し向けられることになる。

前回からの引き続きフランク・グリロ演じる主人公のレオは、ローン上院議員の護衛のリーダーを任されることに。この辺は前作を復習して行くべきだったかな。

 

率直な感想は、

3作通して一番ちゃんとしてた!

良いじゃないですか!着実に過去2作のウィークポイントを補ってブラッシュアップされている!

f:id:tyler-7:20170420031936j:plain

魅力的な設定の上で、程よい緊張感を持続させ、ちゃんと観客が欲するパンチの効いたケレン身のある殺人シーンや飽きさせない展開をしっかりと用意。本作でお目見えした新しいパージ像で世界観の広がりを見せ、シリーズとして一つの到達点を見せてくれた。

個人的には1作目があと2~3歩、2作目があと1歩足りなかったところ、本作はこっちの満足行くラインにようやく1歩足が掛かったような、シリーズの集大成でもあり、ネクストステージの始まりでもある記念すべき作品でした。

続きを読む

メルカリから見えて来る映画のアレコレ/高値で売れるDVD&Blu-ray、安定の人気作など!

 

どうも、アバウト男です!

まったりと感想ブログを書きつつも、引き続き『メルカリ』で映画のDVD/Blu-rayを買ったり売ったりしてる日々を送ってるのですが、メルカリを始めてから1ヶ月ちょっと経ちました。

以前『質の良い中古DVD&Blu-rayを買うなら断然メルカリ!』という記事を書きましたが、今回はメルカリをやってて、いくつか面白い&興味深い映画に関しての発見があったので、それをざっくばらんにまとめました。

www.aboutman7.com

メルカリから見えてくる映画のアレコレ!

続きを読む

T2 トレインスポッティング【映画感想/評価】理想的で最良な続編!心はあの頃のままで駆け抜ける!

映画『T2 トレインスポッティング』ネタバレ映画感想/評価

f:id:tyler-7:20170409003247j:plain

あらすじ:かつてレントン(ユアン・マクレガー)は、麻薬の売買でつかんだ大金を仲間たちと山分けせずに逃亡した。彼が20年ぶりに故郷スコットランドのエディンバラの実家に戻ってみるとすでに母親は亡くなっており、父親だけが暮らしていた。そして悪友たちのその後が気になったレントンが、ジャンキーのスパッド(ユエン・ブレムナー)のアパートを訪ねると……。(シネマトゥデイ)

 

製作国:イギリス 上映時間:117分 製作年:2017年

監督:ダニー・ボイル 脚本:ジョン・ホッジ

キャスト:ユアン・マクレガー / ユエン・ブレムナー / ジョニー・リー・ミラー / ロバート・カーライル / ダイアン: ケリー・マクドナルド / アンジェラ・ネディヤコバ / アーヴィン・ウェルシュ 等

上映館:「T2 トレインスポッティング」の映画館(上映館)を検索 - 映画.com

 

 

どうもアバウト男です!

今回は青春映画の名作【トレインスポッティング】の20年越しの続編【T2 トレインスポッティング】の感想になります。

1作目を観たのは10年以上前で、完全に内容を忘れる程さほど思い入れも無い【トレスポ】を久しぶりに観返してからこの続編を観て来ました。

今回もラストのネタバレは避けていますが、ちょこちょこと中身に触れています。

 

観たかった続編が今ここに!

率直な感想は、

いや〜、理想的で満足度高めな続編でした!最高!観直したのが効いた!

悪友4人が掴んだ大金を山分けしようなんて盛り上がってた矢先、ユアン・マクレガー演じる主人公のレントンが大金を持ち逃げして、抜けの良い終わり方を見せた【トレインスポッティング】。

1作目となる前作のラストから20年、今回は金を持ち逃げしたレントンの帰郷から始まり、あの一件を未だに根に持ち、人生が上手く行ってない街に残った奴らとの20年ぶりの再開を果たす。

20年ぶりのドギマギに、謝罪し仲直りしたかと思いきや方や裏で復讐を画作したり、それぞれが浮き足立ち、相変わらずのドラッグ・窃盗・セックス!あの頃から変わらないモノと変わっていくモノ、それを2時間弱で余すとこなく堪能させてくれました。

f:id:tyler-7:20170409011159j:plain

続きを読む

ゴーストインザシェル【映画感想/評価】実写化は無難に成功!?とは言えドキドキしない一作!

映画『ゴーストインザシェル』ネタバレ映画感想・評価 

f:id:tyler-7:20170408055439j:plain

あらすじ:近未来。少佐(スカーレット・ヨハンソン)は、かつて凄惨な事故に遭い、脳以外は全て義体となって、死のふちからよみがえった。その存在は際立っており、サイバーテロ阻止に欠かせない最強の戦士となる。少佐が指揮するエリート捜査組織公安9課は、サイバーテロ集団に果敢に立ち向かう。(シネマトゥデイ)

 

製作国:アメリカ 上映時間:107分 製作年:2017年

監督・脚本:ルパート・サンダース

キャスト:スカーレット・ヨハンソン / ピルー・アスベック / ビートたけし / ジュリエット・ビノシュ / マイケル・ピット / チン・ハン / ダヌーシャ・サマル / ラザラス・ラトゥーリー / 泉原豊 / タワンダ・マニーモ 等

上映館:「ゴースト・イン・ザ・シェル」の映画館(上映館)を検索 - 映画.com

 

 

どうもアバウト男です!

今回は、人気アニメシリーズ【攻殻機動隊】の元祖というかオリジナル版と言うのが正解なのか?よく分からないけど、押井守監督作【GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊】のハリウッド実写化【ゴーストインザシェル】の感想になります。

個人的に名前は聞いたことありつつも全然触れて来なくて、この作品を観るにあたって、付け焼き刃だけど、そのオリジナル版のアニメを予習で観て、あら方内容を知った上で本作を観て来ました。

今回も真相やラストのネタバレは避けてますが、それなりに内容には踏み込んでいます。

 

実写化は無難に成功!?

ざっくりと本作の話としては、今の『整形』並みに義体(体のメカ化)が気軽に行われてる近未来。公安9課の少佐(ミラ)は脳以外は機械というテクノロジーの奇跡ような存在であり、優秀なサイバーテロ対策のエージェント。あるサイバーテロを追う内に、次第に自身の隠れた過去と向き合うことになる。そんな話。

 

 率直な感想は、

それなりに良かったんじゃないですか!?

決して実写化として"ヤラかしてはいない"と思う!良い言い方をすれば分かりやすく咀嚼した『安パイ』な実写化でした!

押井守監督のオリジナル版にあった、観客の観る目を気にせず大手を振って闊歩していくようなドライ且つ、何度か観るうちに体に馴染んでいくようなスルメ的な作品を、作り手が噛み砕き解釈し、それもとても見易い1つの物語へと再構築して見せた印象。

f:id:tyler-7:20170408032428j:plain

続きを読む