読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アバウト映画公園

"ほどほどの映画好き"アバウト男が最新作から旧作まで映画の感想をゆるめに書き綴る映画ブログ!たまに気になるドラマやおすすめ映画を紹介!基本大したことは書いてない。

メッセージ【ネタバレ映画感想/評価】ばかうけ襲来!ヴィルヌーヴ的SF映画の完成!

映画『メッセージ』ネタバレ感想/評価 

f:id:tyler-7:20170521125946j:plain

あらすじ:巨大な球体型宇宙船が、突如地球に降り立つ。世界中が不安と混乱に包まれる中、言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は宇宙船に乗ってきた者たちの言語を解読するよう軍から依頼される。彼らが使う文字を懸命に読み解いていくと、彼女は時間をさかのぼるような不思議な感覚に陥る。やがて言語をめぐるさまざまな謎が解け、彼らが地球を訪れた思いも寄らない理由と、人類に向けられたメッセージが判明し……。(シネマトゥデイ)

 

製作国:アメリカ 上映時間:116分 製作年:2016

監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ

キャスト:エイミー・アダムス / ジェレミー・レナー / フォレスト・ウィテカー / マイケル・スタールバーグ 等

上映館:「メッセージ」の映画館(上映館)を検索 - 映画.com

 

 

どうも、アバウト男です!

今回扱うのは【灼熱の魂】や【ボーダーライン】などのドゥニ・ヴィルヌーヴ監督がテッド・チャンの短編小説『あなたの人生の物語』元に作ったSF映画【メッセージ】になります。「ヴィルヌーヴ監督のSF映画ってどないやねん!?」っと楽しみにして観て来ました。

今回はかなりネタバレしてます!未見の人は何も知らないで観た方が断然面白いので、すっとブックマークでもしてもらって、後で読んでもらうのをオススメします。

 

一筋縄では行かないSF映画

一人娘を亡くした言語学者ルイーズの元に、謎の飛行物体の中にいる何者かの存在を、言語の観点から調べて欲しいとの依頼が舞い込む。みたいな導入。

率直な感想は、

頭が整理しきれてないけど、なかなか凄い映画でしたね!

予告やあらすじを見る限り『謎の飛行物体が世界12箇所に現れ、一体彼らの正体は?どこから来て、何の目的あるのか?』とその辺が面白そうなに見える作品なんだけど、

個人的には、俗に言う人類が未知の生物と接触する『ファーストコンタクト』的な部分よりも、後半に明かされるヴィルヌーヴ監督の持ち味である『ハッとさせられる仕掛け』と、それによるSF的『不思議な現象』の方に関心させられちゃいました。

なんだそれ!面白いなぁ。

という感覚。さすがこれを映像に落とし込んだヴィルヌーヴというべきか、考えついた原作の凄さなのか分からないけど、やっぱり一筋縄では行かない作品に仕上がってました!

f:id:tyler-7:20170521155902j:plain

続きを読む

【一見の価値アリ】おすすめホラー映画15選!あなたはいくつ観ましたか!?

f:id:tyler-7:20170519110827j:plain

 

どうも、アバウト男です!

おすすめホラー映画15選!
とタイトルでは書きましたが、ここ最近前々から観たかったホラー作品や、レンタルで新作ホラーをいくつかババーッと観たので、その感想15本分をまとめて書きつつ、作品の紹介しようかなと、そんな記事になっております。
前々から名前だけは聞いていて気になっていた作品だけあるので、もろもろ面白かったので、このようなタイトルにしてみました。

TSUTAYAでレンタルされてないものもありますが、ぜひチェックしてみて下さい!
それでは15本分行ってみよー!

  • ビーデビル
  • スペイン一家監禁事件
  • ザ・ウーマン
  • 人肉ラーメン
  • エボラシンドローム
  • ヒルズ・ハブ・アイズ
  • バイオレンスレイク
  • フレイルティー/妄執
  • アンデッド
  • スケア・キャンペーン
  • ファウンド
  • テイキング・オブ・デボラ・ローガン
  • ベイビー・ブラッド
  • テシス 次に私が殺される
  • ザ・ブルード 怒りのメタファー
  • オススメ&関連記事!

 

続きを読む

マンチェスターバイザシー【映画感想/評価】染み渡る感動!巧みな脚本と役者の好演が光る良質ドラマ!

映画『マンチェスターバイザシー』感想/評価

f:id:tyler-7:20170516020731j:plain

あらすじ:ボストン郊外で便利屋をしている孤独な男リー(ケイシー・アフレック)は、兄ジョー(カイル・チャンドラー)の急死をきっかけに故郷マンチェスター・バイ・ザ・シーに戻ってくる。兄の死を悲しむ暇もなく、遺言で16歳になるおいのパトリック(ルーカス・ヘッジズ)の後見人を引き受けた彼は、おいの面倒を見るため故郷の町に留まるうちに、自身が心を閉ざすことになった過去の悲劇と向き合うことになり……。(シネマトゥデイ)

 

製作国:アメリカ 上映時間:137分 製作年:2016

監督・脚本:ケネス・ローガン

キャスト:ケイシー・アフレック/ ミシェル・ウィリアムズ/ カイル・チャンドラー/ ルーカス・ヘッジズ/ グレッチェン・モル/ カーラ・ヘイワード/ C・J・ウィルソン 等

上映館:「マンチェスター・バイ・ザ・シー」の映画館(上映館)を検索 - 映画.com

 

 

どうも、アバウト男です!

今回扱うのはアカデミー賞 主演男優賞と脚本賞に輝いた【マンチェスター・バイ・ザ・シー】です。

ケイシー・アフレック主演という事で、ここ最近自分の中では【ファーナス/訣別の朝】や【トリプル9】などのノワールな雰囲気が似合う役者だなぁと思っていたけど、本作で見事アカデミー賞主演男優賞に輝き、実力を認められた彼の姿が見たくて、新宿武蔵野館で観てきました。

 

今年マストなヒューマンドラマ

感想は、

静かに染み渡る良作ヒューマンドラマでした!
兄の死をキッカケに故郷マンチェスターに戻って来たリーは、兄の遺言で甥のパトリックの後見人として選ばれることに。兄の葬儀を進めながらパトリックと兄の家で時間を共にする。

ある事故がキッカケで心を閉ざした叔父のリーと、青春真っ只中で父を無くし戸惑いの中にいる甥パトリックのぎこちない距離感から、時にぶつかりながらも、リーは自身の心の傷と向き合い、パトリックも少しずつ自らの人生を受け入れていく物語。

f:id:tyler-7:20170516021651j:plain

続きを読む

スプリット【ネタバレ映画感想/評価】ちょうど良いB級スリラーがハマったシャマランの新作!!!

映画『スプリット』ネタバレ感想/評価

f:id:tyler-7:20170514124055j:plain

あらすじ:高校生のケイシー(アニャ・テイラー=ジョイ)は、クラスメートのクレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)の誕生パーティーに招待される。帰りは、彼女とクレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)をクレアが車で送ってくれるが、途中で見ず知らずの男性(ジェームズ・マカヴォイ)が車に乗り込んでくる。彼に拉致された三人は、密室で目を覚まし……。(シネマトゥデイ)

 

製作国:アメリカ 上映時間:126分 製作年:2017

監督・製作・脚本:M・ナイト・シャマラン

キャスト:ジェームズ・マカヴォイ / アニヤ・テイラー=ジョイ / ベティ・バックリー / ジェシカ・スーラ / ヘイリー・ルー・リチャードソン 等

上映館:「スプリット」の映画館(上映館)を検索 - 映画.com

 

 

どうも、アバウト男です!

今回扱うのは【シックスセンス】【サイン】【アンブレイカブル】などで知られるM・ナイト・シャマラン監督最新作【スプリット】です。単語の意味は『割く』とか『分裂させる』って意味ですね。

期待してなかった1つ前の作品【ヴィジット】が意外にもかなり面白くて、その流れの上がった期待値で観てきました!今回の売りである『ラストのサプライズ』の内容はネタバレしてませんが、中身には踏み込んでいます。

 

率直な感想は、

そこそこ楽しめました。

あらすじや予告から伝わって来る『3人の女子高生を誘拐したのは23の人格を持つ多重人格者だった』という、ちょっと変わり種の『監禁&脱出スリラー』の設定から想像する、気味の悪さや何を企んで・何を仕出かすか分からない緊張感から来るスリリングな面白みはちゃんと担保されていて、終始飽きずに観ることができました。

それに加え『多重人格=解離性同一障害』の漠然としたイメージを逆手に取ったような多重人格者ケビンの見せ方や、ラストの予想だにしないB級な展開に、『鬼才』や『奇才』と言われるシャマラン目の付けどころと独特な面白さが味わえる作品となっていました。

f:id:tyler-7:20170514152238j:plain

続きを読む

ガーディアンズオブギャラクシー リミックス【ネタバレ映画感想】不満もあるけど『必要な続編』!!!

映画『ガーディアンズオブギャラクシー リミックス』ネタバレ感想/評価

f:id:tyler-7:20170513140924j:plain

あらすじ:ピーター(クリス・プラット)は“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”のまとめ役として、刑務所で出会ったくせ者たちを率いている。宇宙一荒っぽいアライグマのロケットは、ブツブツ文句を言いながらも小さな相棒ベビー・グルートと共に銀河の平和を守るために奮闘。緑色の肌を持つ美しい暗殺者ガモーラ(ゾーイ・サルダナ)らと共に行動し……。(シネマトゥデイ)

 

製作国:アメリカ 上映時間:126分 製作年:2017

監督・脚本:ジェームズ・ガン

キャスト:クリス・プラット / ゾーイ・サルダナ / デイヴ・バウティスタ / ヴィン・ディーゼル / ブラッドリー・クーパー / マイケル・ルーカー / カレン・ギラン / ポム・クレメンティエフ / エリザベス・デビッキ / クリス・サリヴァン / ショーン・ガン / カート・ラッセル 等

上映館:「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」の映画館(上映館)を検索 - 映画.com

 

 

どうも、アバウト男です! 

今回扱う映画はその年のベストに挙げたほど面白かった【ガーディンズオブギャラクシー】の続編【ガーディンズオブギャラクシー リミックス】です。

MCUシリーズの中で一番好きで「またアイツ等に会えるんだ!」と俄然楽しみにしてました。監督は1作目に引き続いてジェームズ・ガン。ラストのネタバレはしてませんが、内容には多少踏み込みながらの感想になります。

 

アイツ等が帰ってきた!

率直な感想は、

1作目ほど「なんだこれ!最高っ!」とはならなかったけど、これはこれで面白かった!

前作が、ならず者たちの紹介から始まり、いがみ合いながらもチームを組んで強大な敵をに立ち向かう『はじめて尽くし』で挨拶代わりな1作目だったのに対し、今回はチームとして団結力、それぞれのキャラクターの掘り下げ、1作目に出てきた脇役にもスポットが当てられガーディアンズと共闘して魅せるなど、より踏み込んだパワーアップした続編でした!

f:id:tyler-7:20170513135119j:plain

続きを読む