アバウト映画公園

映画が好きなんだけど観たそばからすぐに忘れていってしまうアバウト男の鑑賞備忘録ブログ!

犬猿【映画ネタバレ感想】改めて特別な存在だと気付かされる良質な『兄弟姉妹』映画!

映画『犬猿』ネタバレ感想/評価

f:id:tyler-7:20180212172924j:plain

 

どうも、3つ下の弟がいる2人兄弟の長男アバウト男です!

【ばしゃ馬さんとビッグマウス】【ヒメアノ〜ル】でヤラれた吉田恵輔監督の新作映画【犬猿】。兄弟&姉妹を扱った物語として、弟がいる身としては気になって観てきました。今回も中身に触れてネタバレしてますが、ネタバレしてても面白さにはあまり支障がないタイプの作品です。

 

あらすじと予告

印刷会社で営業を担当している金山和成(窪田正孝)は、刑務所から出てきたばかりの乱暴者の兄・卓司(新井浩文)を恐れていた。一方、幾野由利亜(江上敬子)と、芸能活動をしているおバカな妹の真子(筧美和子)は、家業の印刷工場を切り盛りしていた。兄弟と姉妹の関係は、あるときから変化し始め……。

予告編:映画『犬猿』予告編 - YouTube

 

ストイックで良質な兄弟(姉妹)映画!

率直に感想は、

正直【ばしゃ馬さんとビッグマウス】や【ヒメアノ〜ル】級の面白さでは無かったけど、兄弟・姉妹が持つ喜怒哀楽や『あるある』を織り交ぜ、熱くて笑えるストイックな『兄弟(姉妹)映画』としては、なかなか良かったんじゃないでしょうか!

なんかね〜こういうの観ると、自分が子供の頃に弟にした酷い仕打ちとか軽率な行動とか、色々思い出したりして心苦しくなったりするのよね。。それと同時に自分に兄弟がいて良かったなと改めて実感させられちゃいました。ラストの方で出てくる兄弟がまだ仲良かった幼い頃の映像とか流すのズルいわ!色々思い出してしまうだろ。

本作、性格や見た目が正反対の兄弟・姉妹を通して、分かりやすく兄弟・姉妹が互いに抱える劣等感や嫉妬心・張り合いに、友達とも親とも違うなんとも言えない距離感なんかを描きつつ、兄弟・姉妹って改めて『特別な存在』なんだなって事に気付かせてくれる一作でした。気まずさとかもバリバリです!

f:id:tyler-7:20180212173044j:plain

(C) 2018『犬猿』製作委員会
続きを読む

羊の木【映画ネタバレ感想】のろろアタック!元殺人犯の存在に揺さ振られるヒューマンサスペンス!

映画『羊の木』ネタバレ感想/評価

f:id:tyler-7:20180211112318j:plain

 

どうも、本作に出てくるな市川実日子の髪型がド好みなアバウト男です!

『6人の元殺人犯が小さな港町に一気に訪れる』ってザックリなあらすじだけを聞いて、え、漫画『刃牙』の死刑囚編みたいな内容の映画!?、はたまた6人の元殺人犯によるバトルロワイアルに主人公然り町人が次々と巻き込まれるカオスなサスペンスホラー!?などと勝手な妄想を膨らませつつ気になっていた吉田大八監督最新作を観てきました。原作は漫画らしいですね。今回はネタバレしてます。

 

あらすじと予告

刑期を終えた元受刑者を自治体が受け入れる新仮釈放制度により、閑散とした港町・魚深市に男女6人が移住してくる。市役所職員の月末一(錦戸亮)は彼らの受け入れ担当を命じられるが、移住者たちの過去を住民たちに知られてはならないという決まりがあった。やがて、全員に殺人歴がある犯罪者を受け入れた町と人々の日常に、少しずつ狂いが生じていき……。

予告編:映画『羊の木』 予告編 - YouTube

 

まぁ冒頭で書いたような内容では無く、罪を犯した元殺人犯を過疎化の進む町に移住させ、安定した仕事と住居を提供することで再犯率や服役してる間のコスト下げようとする極秘の仮釈放プロジェクトの実施を引き受けた港町を舞台にした話。

 

率直な感想は、

普通に面白かったです!

【スリービルボード】の後に観たのもあって、似たようなメッセージも含まれる分、物足りなさは感じたけど、日本映画としては良作の部類に入ると一本だと思います。かなり地味だけどね。この派手さのない地味さがイイのかも。

続きを読む

RAW【映画ネタバレ感想】グッと来る結末!血と愛に満ちた少女の青春!!!

映画『RAW 少女のめざめ』感想/評価

f:id:tyler-7:20180204010715j:plain

 

どうも、人肉より鶏肉派のアバウト男です!

フランス本国で失神者続出の映画【RAW 少女のめざめ】。カニバル映画で『失神者続出』って聞けばそりゃ行くでしょーよ! おれだって強烈な気持ち悪さで吐いてみたいよ!失神するなような映画体験を味わいたいよ!(みんなと目的が違う…)という事で早速観て来ました。

RAWは『生』とか『未加工』という意味らしいです。今回は中身に触れつつ最後にネタバレします。

 

あらすじと予告

厳格なベジタリアンの家に育ったジュスティーヌ(ギャランス・マリリエ)は、姉も在学する獣医学校に入った後、新入生の通過儀礼としてうさぎの生の腎臓を食べることを強要され、口にしてしまう。その日を境に、ジュスティーヌの隠れた本性が明らかになり……。

予告編:映画『RAW〜少女のめざめ〜』予告編 - YouTube

 

楽しみにしてたエグさはなかなか!

その前に1つ、映画を見て失神するとか吐くとかって単に『切り株ブチュー!』とか露骨にエグくてグロい場面を並べても無理だと思うんだよね、きっと。映画だとそれが明らかに作り物って前提もあるし。

その場合何が必要なのか?と考えたら、それは『精神的に来るエグさ』だと思う。個人的には自分自身や身の回りのもの・過去の経験に置き換えてしまうように想像させると効果あるのかなと。

じゃあ本作それが成功してたかというと、

うん、惜しい!でも概ね満足です!失神したり吐いたりしなかったけど、自分の胃酸の気配は微かに感じた。

f:id:tyler-7:20180204011126j:plain

(C) 2016 Petit Film, Rouge International, FraKas Productions. ALL RIGHTS RESERVED. (C) Dominique Houcmant Goldo
続きを読む

スリービルボード【ネタバレ映画感想】決め付け危険!心震わす予測不能な人間ドラマ!

映画『スリービルボード』感想ネタバレあり/評価

f:id:tyler-7:20180202205004j:plain

 

どうも、アバウト男です!

数々の映画賞に輝き、アカデミー賞でも主要6部門7ノミネートされ注目されてる【スリービルボード】。あらすじを読んでも一体どんな話しで、どんな展開を見せるのか全然想像出来ない!そんなミステリアスな作風に釣られて観て来ました。

監督は【ヒットマンズ・レクイエム】【セブン・サイコパス】のマーティン・マクドナー。過去に2作とも観たことあって、その時はあまり上手いなって印象は無かったんだけど。今回はいかに?!途中から若干ネタバレしてます。

 

あらすじと予告

ミズーリ州の田舎町。7か月ほど前に娘を殺されたミルドレッド(フランシス・マクドーマンド)は、犯人を逮捕できない警察に苛立ち、警察を批判する3枚の広告看板を設置する。彼女は、警察署長(ウディ・ハレルソン)を尊敬する彼の部下や町の人々に脅されても、決して屈しなかった。やがて事態は思わぬ方へ動き始め……。

予告編:『スリー・ビルボード』日本版予告編 - YouTube

 

 

強烈で予測不能な人間ドラマ

先に率直な感想は、

もの凄く面白かった!!!

本作「アクションがカッコイイ!」「どんでん返しにびっくり!」「オチが衝撃的!」とか普段観てる映画の感想で出るような端的な言葉が見つからず、語彙力のない自分にとっては簡単に言語化できない困るタイプの作品でした。

困る!!!

メインとなるミルドレッド・ウィロビー署長・ディクソン3人の登場人物を通して、それぞれの『贖罪と救済』をテーマに『人間のどうしようもなさ』と『どうしようもない状況に陥った人間』の姿を十二分に描いた強烈に人間臭い作品でした。

雰囲気的にはサスペンスかなと思わせておいて中身はザ・人間ドラマ!中を見るまでは分からないってのは映画の内容とも合ってて。観ながら染み染みと人間って面倒くさい生き物だな…と実感させられました。

続きを読む

ジュピターズムーン【ネタバレ映画感想】どう撮ってんだ!?宙に浮く映像は観る価値アリ!

映画『ジュピターズムーン』ネタバレ感想/評価

f:id:tyler-7:20180130234324j:plain

 

どうも、アバウト男です!

青年がふわ〜っと宙に浮かぶ映像がインパクト大な作品【ジュピターズ・ムーン】。監督は【ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲】で第67回カンヌ国際映画祭・ある視点部門賞を受賞したコルネル・ムンドルッツォ。【ホワイトゴッド】は公開当時気になってたんだけど、結局観に行かず、今も手がついてません。

今回は純粋に不思議な映像体験を期待して観に行きました!それなりにネタバレも含みます。ネタバレしててもさほど面白さは変わらないと思いますが。

 

あらすじと予告

医療ミスによって病院を追われ、難民キャンプで働く医師シュテルン。彼は難民を違法に逃がし金を得ては、医療ミスの遺族に渡す賠償金に当て、訴訟の取り下げを狙っていた。ある日、被弾して重傷を負った少年アリアンがキャンプに運び込まれる。彼に重力をコントロールし浮かぶ能力があるのを知ったシュテルンは、金もうけに使えるとキャンプから連れ出す。一方、アリアンを撃った国境警備隊は隠ぺいを図ろうと二人を追跡し……。

予告編:『ジュピターズ・ムーン』本予告 - YouTube

 

撮影&映像はイイです!

シリアを逃れハンガリーの国境を越えようとした青年アリアンは、国境警備隊に撃たれた事で『宙に浮く能力』を開花させる…って「え何で?」って思う本作の設定は置いておいて、、

そのアリアンが宙に浮く映像というか『光景』には思わず魅せられました。てかこれどう撮ってんだよ!?

恐らくは本人をワイヤーで吊って、そのワイヤーを消してるんだけど、その吊られてるぎこちない感じが、浮遊の能力を覚えたで戸惑いつつ、まだまだ扱いきれてない発展途上の状態、それでいて徐々に能力を身に馴染ませようとしてるように見えて逆に自然で、妙な説得力がありました。

それに合わせて彼を映すカメラ自体もぐる〜っと上下逆転して見せるので、座席に座りながらも自分の身体が軽くなるような不思議な浮遊感を味わえた。

そして、彼の逃亡を助けるシュルテンや一般市民と同じく観客も人知を超えた神的存在をこの目で目撃してるよう感覚も同時に味わえるので、その部分だけで映画的にある意味成功!

クレーンカメラにドローンなんかも場面場面で使い分けてるんだろうな〜。メイキングが観たくなるような、ちょっと他の作品の『無重力表現』より頭の先チョイ抜きん出てます。

f:id:tyler-7:20180202131203j:plain

2017 (C) PROTON CINEMA - MATCH FACTORY PRODUCTIONS - KNM

で、宙に浮くキャッチャーな映像だけではなく、基本的に長回しを多用した切迫した状況の演出の上手さや、画の良さにも気付かさせれる。

特に序盤、飛び込んだ川から這い上がりそのまま森を疾走するアリアン。彼と同じく国境を越えようと走ってる人も他に大勢いて、ぐんぐんとその人たちを追い抜かしていく彼を、カットを割らず木々をナメながら横位置に付いたカメラが常に捉えて続ける。撮影陣は多分車で追走。そこで「お、この映画は!」とグッと観客を作品に引き込む力強さがありました。

続きを読む