読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アバウト映画公園

"ほどほどの映画好き"アバウト男が最新作から旧作まで映画の感想をゆるめに書き綴る映画ブログ!たまに気になるドラマやおすすめ映画を紹介!

山田孝之のカンヌ映画祭【ドラマ感想】芦田愛菜は死んでない!山下監督の涙&ドヤ顔の第5話!

ドラマ

山田孝之主演の深夜ドラマ『山田孝之のカンヌ映画祭』第5話感想/ネタバレあり

f:id:tyler-7:20170204185418j:plain

テレビ東京 / 毎週金曜 / 2016年1月6日(金) 深夜0時52分〜 30分ドラマ

主演:山田孝之 監督:山下敦弘 / 松江哲明

あらすじ:2016年の夏、今まで俳優として意外にも大きな賞を取ったことない山田孝之が『カンヌ国際映画祭』の『賞』が欲しいということで、山下敦弘監督を呼びつけ『賞を取るための映画』を山下監督に撮ってもらいたいと話を持ちかけたところからこの物語は始まる。

山田が持ち込んだ『題材』を山下監督が映画化し『カンヌの1番のやつ』を取りに行く!

 

 

どうも、アバウト男です!

山田孝之主演のフェイクドキュメンタリードラマ【山田孝之のカンヌ映画祭】こと通称【山カン】の第5話!

カンヌのパルムドールを取りに行く映画の脚本に手が付かない山田。一丁前に現地の空気を感じれば書けると突発的な「カンヌ行きません?」の提案に仕方なく乗ることなった山下監督。芦田愛菜不在の2人のカンヌ下見の旅(観光)が始まる。

今回もドラマの売りである『ディス』ポイント(D)『舐め』ポイント(N)を絡めせながら、ネタバレ込みで書いていこうかなと思います。

 

第1話

www.aboutman7.com

 

第2話

www.aboutman7.com

 

第3話

www.aboutman7.com

 

第4話

www.aboutman7.com

続きを読む

山田孝之のカンヌ映画祭【ドラマ感想】山田孝之が東宝を恐喝?!ファンにも手を出す禁断の第4話!

ドラマ

山田孝之主演の深夜ドラマ『山田孝之のカンヌ映画祭』第4話感想/ネタバレあり

f:id:tyler-7:20170131024738j:plain

テレビ東京 / 毎週金曜 / 2016年1月6日(金) 深夜0時52分〜 30分ドラマ

主演:山田孝之 監督:山下敦弘 / 松江哲明

あらすじ:2016年の夏、今まで俳優として意外にも大きな賞を取ったことない山田孝之が『カンヌ国際映画祭』の『賞』が欲しいということで、山下敦弘監督を呼びつけ『賞を取るための映画』を山下監督に撮ってもらいたいと話を持ちかけたところからこの物語は始まる。

山田が持ち込んだ『題材』を山下監督が映画化し『カンヌの1番のやつ』を取りに行く!

 

 

どうも、アバウト男です!

山田孝之主演のフェイクドキュメンタリードラマ【山田孝之のカンヌ映画祭】こと通称【山カン】の第4話!

森で撮影したパイロットフィルムを携え、資金を出してもらえるスポンサーを探しに3人はまず東宝へと営業を掛けることになる…

今回もドラマの売りである『ディス』ポイント(D)『舐め』ポイント(N)を絡めせながら、ネタバレ込みで書いていこうかなと思います。今回はかなり笑える回でした!

 

第1話

www.aboutman7.com

 

第2話

www.aboutman7.com

 

第3話

www.aboutman7.com

続きを読む

マグニフィセント・セブン【評価/映画感想】面白くない訳がない!お約束が詰め込まれた西部劇!

洋画 【マ行】 2017:劇場鑑賞 洋画 評価:★★★★★

映画『マグニフィセント・セブン』ネタバレ感想・評価

f:id:tyler-7:20170129141135j:plain

あらすじ:悪漢バーソロミュー・ボーグ(ピーター・サースガード)によって牛耳られ、絶望を感じながら生きているローズ・クリークの町の人々。住民の一人であるエマ・カレン(ヘイリー・ベネット)は、賞金稼ぎのサム(デンゼル・ワシントン)、ギャンブラーのジョシュ(クリス・プラット)、流れ者、拳銃の達人といった7人の男を雇って、バーソロミューの手から町を救い出すように頼む。金のためと割り切って戦いに身を投じるサムやジョシュだったが……。(シネマトゥデイ)

 

製作国:アメリカ 上映時間:133分 製作年:2016年

監督:アントワーン・フークア

キャスト:デンゼル・ワシントン / クリス・プラット / イーサン・ホーク / ヴィンセント・ドノフリオ / イ・ビョンホン / マヌエル・ガルシア=ルルフォ / マーティン・センズメアー / ヘイリー・ベネット / ピーター・サースガード / ルーク・グリメス / マット・ボマーン 等

映画館:「マグニフィセント・セブン」の映画館(上映館)を検索 - 映画.com

 

 

どうも、アバウト男です!

名作とされている【荒野の七人】を【トレーニング デイ】や【イコライザー】アントワーン・フークア監督がリメイクした【マグニフィセントセブン】。

しかもキャストに、デンゼル・ワシントン/クリス・プラット/イーサン・ホーク/イ・ビョンホンがいるってんだから、普段あまり『西部劇』には興味ないんだど「間違いなく面白いだろ!?」ということで観て来ました。

いつも通りラストの結末はネタバレしていませんが、内容にはそれなりに踏み込んでいます。

 

感想は、 

これは誰もが胸を熱くさせる作品なんじゃないか!?

普通に面白かったです!この『普通に面白い』っていうのは、リメイク元の名作【荒野の七人】&そのまたリメイク元である名作【七人の侍】がそもそもの話「面白い!」ってがももちろんあるんだろうけど。

テンポ良く楽しめる、男というより『漢』臭い熱い熱い映画でした!

f:id:tyler-7:20170129204030j:plain

続きを読む

ドクターストレンジ【ネタバレ映画感想】中二心をくすぐるアメコミ映画No.1!圧巻の映像表現!

洋画 【タ行】 2017:劇場鑑賞 洋画 評価:★★★★

映画『ドクターストレンジ』ネタバレ感想/評価

f:id:tyler-7:20170128022234j:plain

あらすじ:ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)は、天賦の才能を持つ脳外科医として名をはせていたが、ごう慢さが玉にきずだった。彼は地位も名誉もリッチな生活も手に入れていたが、交通事故によって全てをなくしてしまう。神の手と崇拝された両手の機能を取り戻すため、高額な治療を繰り返すが……。(シネマトゥデイ)

 

製作国:アメリカ 上映時間:115分 製作年:2016年

監督:スコット・デリクソン 脚本:ケヴィン・ファイギ

キャスト:ベネディクト・カンバーバッチ / レイチェル・マクアダムス / キウェテル・イジョフォー / ベネディクト・ウォン / マッツ・ミケルセン / ティルダ・スウィントン 等

映画館:「ドクター・ストレンジ」の映画館(上映館)を検索 - 映画.com

 

 

どうも、アバウト男です!

今回はアベンジャーズなどを扱う『MCU / マーベル・シネマティック・ユニバース』のフェーズ3(第3期)の2作目となる【ドクター・ストレンジ】を観てきました。

主演は、誕生日が同じで勝手に親近感を持ってるベネディクト・カンバーバッチ。監督はヘンテコなSF映画【地球が静止する日】や何本かホラー映画を撮っているスコット・デリクソン。

大抜擢な反面一抹の不安を抱えていたけど、予告を見る限りかなり映像に力を入れてるみたいで、楽しみにしていました。 いつも通り具体的なネタバレは避けてますが、内容には踏み込んでいます。

 

感想は、

とにかく視覚的な刺激に富んだ映像表現!ここに来て新しいタイプのアメコミ映画が登場!

素直に面白かったです。ドクター・ストレンジは『魔術』を駆使しながら戦うヒーローなんだけど、言っちゃえば何でもありな『魔術』や『魔術が扱われる世界観』と、カッコ良ければ何でもありな『ミュージックビデオ』のような映像ギミックやファンタジックな画作りを見事にマッチさせた、過去の『MCU』作品とは一線を画す新しいタイプのアメコミ映画でした。

単なるいつものアメコミの実写化ではなく、それこそ『漫画やコミック』特有の摩訶不思議な世界観やトンデモ表現を、最先端のVFXを用いて『ドヤ!ドヤ!ドヤ!』と映像化してくれたチャレンジングな一作だと思います。

f:id:tyler-7:20170128022731j:plain

続きを読む

エグザイル/絆【映画感想】銃撃戦が笑っちゃうほどカッコイイ!男たちの熱い『絆』物語!

洋画 【ア行】 洋画 評価:★★★★★

映画『エグザイル/絆』ネタバレなし感想・評価

f:id:tyler-7:20170119020359j:plain

あらすじ:ブレイズ(アンソニー・ウォン)、ファット(ラム・シュー)、タイ(フランシス・ン)、キャット(ロイ・チョン)の4人は、中国返還が迫るマカオで再会した。ボスのフェイ(サイモン・ヤム)を銃撃して逃亡したウー(ニック・チョン)を巡り、敵と味方にわかれることになってしまう。しかし、深いきずなで結ばれた5人の運命は予期せぬ方向へと突き進む。(シネマトゥデイ)

 

製作国:香港 / 中国 上映時間:109分 製作年:2006年

監督・脚本:ジョニー・トー

キャスト:アンソニー・ウォン / フランシス・ン / ロイ・チョン / ラム・シュー / ニック・チョン / ジョシー・ホー / サイモン・ヤム / ラム・カートン / リッチー・レント 等

 

 

どうも、アバウト男です!

今回は香港を代表する映画監督ジョニー・トー作品です。今まで彼の作品で観たことあるのは【スリ】【ドラッグウォー 毒戦】【名探偵ゴッドアイ】と、最近観た【冷たい雨に撃て、約束の銃弾を】の4作品。あんまり肌に合わないのか、単に持久力が足りないのか何作か挫折してたりもして。

そんな過去に挫折した作品でもあり、ジョニー・トー監督作の中でも人気の高い【エグザイル/絆】を改めてリベンジとして観たんだけど、

これがすこぶる面白くて!

感想を軽く書いておこうかなと思います。

f:id:tyler-7:20170126165118j:plain

続きを読む