読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アバウト映画公園

"ほどほどの映画好き"アバウト男が最新作から旧作まで映画の感想をゆるめに書き綴る映画ブログ!たまに気になるドラマやおすすめ映画を紹介!

スルーされがち!面白いおすすめ映画15本!レンタルで見かけたらぜひ手に取って欲しい!

企画モノ

 

どうも、アバウト男です!

今回はTSUTAYAなどのレンタルショップで、

スルーされがちな面白い映画

を紹介したいと思います。誰か手にとって貰えるのを「ここだよ〜!」と待ちわびているような、もっと観られるべき・観てほしい『愛すべきおすすめ作品』を15本ピックアップしてみました。

なんとなくの基準として、映画レビューアプリ『Filmarks』で観た人の数が1000以下作品をなるだけ選んでます。「なんか面白い作品ないかな〜」なんて思っている人がいれば、TSUTAYAなどで見かけた際にはぜひ手に取ってあげてください!

 

今回ピックアップした15本はこちら

  • セシル・B/ザ・シネマウォーズ
  • ヒドゥン・フェイス
  • カクタス・ジャック
  • コインロッカーの女
  • THE WAVE ザ・ウェイブ
  • 名探偵ゴッド・アイ
  • ブルー・リベンジ
  • バッドタイム
  • 大いなる休暇
  • バッド・マイロ!
  • LOOK ルック
  • マイ・ブラザー 哀しみの銃弾
  • WISH I WAS HERE 僕らのいる場所
  • 11:14
  • DISTANCE ディスタンス

 

セシル・B/ザ・シネマウォーズ

f:id:tyler-7:20170225222609j:plain

解説:ハリウッド女優のハニー・ホイットロックは、主演作のプレミア上映会でセシル・B・ディメンテッドと名乗る男とその仲間に誘拐される。セシルたちは、世に蔓延する“腐った映画”を打倒すべく、“予算ゼロ”“究極のリアリティ”をスローガンに真の映画を撮ることを企ており、その主演女優として選ばれたのがハニーだったのだ。最初は脅されて撮影に参加していたハニーだが、やがて彼らの真剣で向こう見ずな映画作りに強い共感を抱き始める。(映画.com)

▶︎ジャンル:クライム・アクション

この作品最近久しぶりに観直したんだけど相変わらず面白かった!ハリウッドのヌルい映画に鉄槌を食らわすべく立ち上がったリーダー:セシル・B・ディメンデッド率いるカルト映画集団。女優を誘拐しテロ行為を実行しながら、究極のリアリティ映画を撮っていくパンチの強い一作。

監督は【ピンク・フラミンゴ】のジョン・ウォーターズ、主演スティーヴン・ドーフ。やっぱりスティーヴン・ドーフが服装込みでカッコイイ!あと名言多し!

ピンク・フラミンゴ ノーカット特別版 [DVD]

ピンク・フラミンゴ ノーカット特別版 [DVD]

 
続きを読む

ララランド【映画感想/ネタバレ】映画の魔法にぶっ飛ばされる!華やかさだけじゃない本年度屈指の傑作!

洋画 【ラ行】 2017:劇場鑑賞 洋画 評価:★★★★★

映画『ラ・ラ・ランド』感想・評価・ネタバレあり

f:id:tyler-7:20170225095246j:plain

あらすじ:何度もオーディションに落ちてすっかりへこんでいた女優志望の卵ミア(エマ・ストーン)は、ピアノの音色に導かれるようにジャズバーに入る。そこでピアニストのセバスチャン(ライアン・ゴズリング)と出会うが、そのいきさつは最悪なものだった。ある日、ミアはプールサイドで不機嫌そうに1980年代のポップスを演奏をするセバスチャンと再会し……。(シネマトゥデイ)

 

製作国:アメリカ 上映時間:128分 製作年:2016年

監督・脚本:デイミアン・チャゼル

キャスト:ライアン・ゴズリング / エマ・ストーン / キャリー・ヘルナンデス / ジェシカ・ローゼンバーグ / ソノヤ・ミズノ / ローズマリー・デウィット / J・K・シモンズ / フィン・ウィットロック / ジョン・レジェンド 等

映画館:「ラ・ラ・ランド」の映画館(上映館)を検索 - 映画.com

 

 

どうも、アバウト男です!

アカデミー賞史上最高タイの14ノミネートして、2017年大注目作の【ラ・ラ・ランド】。 監督はスポ根的音楽映画【セッション】で映画界に存在を知らしめたデイミアン・チャゼル、まだ32歳だって〜!凄いな。

主演はラッセル・クロウとのバディムービー【ナイスガイズ!】でコメディ演技でさらなる幅を見せ【ブレードランナー】の続編【ブレードランナー2049】の主演にも決まって乗りに乗っているライアン・ゴズリングと、【バードマン】の主人公の娘役が印象的だったエマ・ストーン。

海外での前評判の高さと実際作品を観た人のテンション高めの反応で、期待と不安が入り混じった結果、割とプラマイ0のフラットは姿勢で観る事が出来ました。今回はラストの方で結末をがっつりネタバレしています。

 

 

夢見る2人を夢を見てるかのように魅せられた!

確かに面白かったけど実は世間の評価ほど個人的には【セッション】の印象はそこまでで、しかも普段ミュージカル映画の類は全然観ないので、正直「楽しめるかな!?」と不安もあったんだけど観た感想としては、

 

めちゃくちゃ面白かった!!!

このブログの感想の大半は「面白かった!」が多くて説得力に欠けるかもしれないけど、それらの作品群よりも頭1つ、いや2つ3つ飛び越えるほど、全編に渡ってワクワクに満ち満ちた心踊る作品でした。傑作ですね!

f:id:tyler-7:20170225105747j:plain

続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う【映画感想/ネタバレ】作品自体は晴れそうで曇っちゃった!

洋画 【ア行】 2017:劇場鑑賞 洋画 評価:★★★

映画『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』感想・評価・ネタバレ

f:id:tyler-7:20170223002519j:plain

あらすじ:ウォール街のエリート銀行員ディヴィス(ジェイク・ギレンホール)は順調に出世し、リッチで何不自由のない生活をしていた。ある日、交通事故で美貌の妻が他界するが、涙を流せず、感覚を失っていることに気付く。彼は義父の言葉をきっかけに、身近なものを壊し始め……。(シネマトゥデイ)

 

製作国:アメリカ 上映時間:101分 製作年:2015年

監督・脚本:ジャン=マルク・ヴァレ

キャスト:ジェイク・ギレンホール / ナオミ・ワッツ / クリス・クーパー 等

上映館:「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」の映画館(上映館)を検索 - 映画.com

 

 

どうも、アバウト男です。

今回扱うのはジェイク・ギレンホール主演の【雨の日は会えない、晴れた日は君を想う】です。まずタイトルが長い!とうてい一言一句間違えずに覚えられそうにない。

「あの〜、あれあれ、ジェイク・ギレンホールの雨の日のヤツ!」って言ってしまいそう。ちなみに本作の原題は『DEMOLITON』=解体です。

本作は、マシュー・マコノヒーがHIVに侵されたカーボーイを熱演し話題となった【ダラス・バイヤーズクラブ】のジャン=マルク・ヴァレ監督最新作ということと、主演が実力派俳優の立ち位置を確立したジェイク・ギレンホールってこともあり「これは間違いないだろ!」というテンションで観て来ました。今回はところどころネタバレしています。

 

『良き』映画なんだけど...

観て来た感想としては、

じんわりと来る物語ではあるんだけど、どこかインパクトに欠ける作品でした。

決して分かりやすい映画では無いけど、妻を亡くしても涙ひとつ流せない男の虚無感だったり、何かを埋める為に?それとも現実・自分の置かれた状況と向き合いたく無いが故に?とる彼の破壊行動や奇行の数々。

そして同じくどこか現実に虚無感を抱えるシングルマザーとそのマセた一人息子との交流を通し、彼の再生と妻の死に向き合う様子をじーっと温かく見守るような映画で、それなりに楽しめました!

ただ、全体的には『良き』映画ではあるんだけど、グッと心を掴み・震わすほどの展開や描写は無く、いまいちインパクトに欠ける。。『欠けてる男が気付いたり奮起する映画』は個人的には好きな部類なんだけど、最終的に「まぁまぁ」という曖昧な感想がすごく当てハマってしまった。

f:id:tyler-7:20170223004922j:plain

続きを読む

ナイスガイズ!【映画感想/評価】もう最高っしょ!とことん楽しいドタバタ・バディムービー!

洋画 【ナ行】 2017:劇場鑑賞 洋画 評価:★★★★★

映画『ナイスガイズ!』ネタバレなし感想・評価

f:id:tyler-7:20170219004432j:plain

あらすじ:1970年代のロサンゼルス。シングルファーザーの私立探偵マーチ(ライアン・ゴズリング)は腕っ節の強い示談屋ヒーリー(ラッセル・クロウ)に無理やりコンビを組まされ、行方不明になった少女捜しを手伝うハメに。さらにマーチの13歳の娘ホリー(アンガーリー・ライス)も加わり捜査を進めていくが、簡単に終わるはずだったその仕事は、とある映画にまつわる連続不審死事件、さらには国家を揺るがす陰謀へとつながっていき……。(シネマトゥデイ)

 

製作国:アメリカ 上映時間:109分 製作年:2016年

監督・脚本:シェーン・ブラック

キャスト:ラッセル・クロウ / ライアン・ゴズリング / アンガーリー・ライス / マット・ボマー / マーガレット・クアリー / キース・デヴィッド / ヤヤ・ダコスタ / ボー・ナップ / キム・ベイシンガーイ 等

上映館:「ナイスガイズ!」の映画館(上映館)を検索 - 映画.com

 

 

どうも、ホント最近バタバタしていてなかなか映画が観れていないアバウト男です!

そんな中でもこれだけは見逃せないという意気込みバリバリで楽しみにしていた、ラッセル・クロウとライアン・ゴズリングダブル主演のバディムービー【ナイスガイズ!】。

監督は【アイアンマン】の前にロバート・ダウニーJr.の存在を認識したした良作バディムービー【キスキス, バンバン】や【アイアンマン3】の監督を手掛けた、シェーン・ブラック。

そんなシェーン・ブラックが何やらまた【キスキス, バンバン】みたいな映画を撮ったということで観て来ました。今回ラストのネタバレはしていませんが、ちょろっと中身には踏み込んでいます。

 

とにかく『楽しい』ドタバタアクション!

もうだいぶ昔に観て、もはや内容は覚えてないけどやたら「面白かった!」印象が頭の片隅にずっとある【キスキス, バンバン】の功績もあるので、自分的には結構ハードルが上がった状態で今回臨んだんだけど、結果

 

期待のハードルを軽く超え、最高に面白かった!!!

この手のドタバタ・クライムアクションが好きなのもあるけど、これは誰が観てもそれなりに楽しめる間口の広い作品なんじゃないかな!?

とにかく楽しいです!ここまでの笑い声を劇場で聞いたのも久しぶりってくらい。『みんな今映画楽しんでます!』って雰囲気が劇場内に満たされていた。

f:id:tyler-7:20170219012305j:plain

続きを読む

まとめて映画感想!第24弾『悪の法則』『リアリズムの宿』『スリーパーズ』など8作品!

 

どうも、アバウト男です! 

今回はここ最近観た映画を何本かいっぺんにまとめて書く『まとめて映画感想』になります。

いつものように、ここ最近観た旧作の感想をザッと備忘録としてまとめました。今回は全7作品になります。 

 

まとめて映画感想 第24弾!!!

  • リアリズムの宿
  • 冷たい雨に撃て、約束の銃弾を
  • モンスターズ/地球外生命体
  • ヘルケバブ 悪魔の肉肉パーティー
  • ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影
  • オフィス 檻の中の群狼
  • 悪の法則
  • スリーパーズ
  • この中で好き&おすすめ順はこちら!
続きを読む