アバウト映画公園

"ほどほどの映画好き"アバウト男が最新作から旧作まで映画の感想をゆるめに書き綴る映画ブログ!たまに気になるドラマやおすすめ映画を紹介!基本大したことは書いてない。

【洋画】ラスト・ワールド / こんなの観るならイーサン・ホークのオススメ3作品を是非とも観てほしい!

f:id:tyler-7:20140828010500j:plain

インドネシアジャカルタのインターナショナルスクールで、卒業を直前に控えた生徒20人に特別な課題が出される。それは核爆発により荒廃した世界で、10人分のシェルターに入る人間を20人の中から選び出すというもの。

科学者や軍人などの職業が与えられ、仮想終末世界での討論が繰り広げられる状況で、仮想と現実の境界線がはっきりしなくなり、やがて生死を左右する戦いへと発展していく。(シネマトゥデイ)

 

えっと、それ『想像』の範疇超えてねぇ??

最寄りのTSUTAYAでこの映画が全作借りられてた時に愕然としてしまった…

こんな映画をこんなにも多くの人が借りてるなんて… 他にもっと面白い映画なんていくらでもあるのに、「パッケージとか予告でハードル上がっちゃったんだろうなー...」そんな感じの完全に『パッケージ&予告編からすると大いに期待を裏切ってくれる映画』です。

 

観たけど思った以上に『ルックだけそれっぽくてつまらない映画』でした。

 

全部『教室以外のシーンは先生と生徒達の思考実験の想像』なんだよね。「え、あの予告で観た壮大な風景とかって想像に世界なん...?」的な、これはオチでも何でもなくて「こういう状況なら、君たちはどうする?想像してごらん」の世界でのストーリーが大半。

それが結構『想像』の範囲を超えちゃったりもして、『いや、なら何でもアリじゃん!』って。都合の良い後付けが多過ぎて乗れなかった。

 

『実はこうでした!どう!?』みたいにドヤ顔で見せられても、あくまでもそれは想像の中だから驚きもしないし「は〜… 何それw」って、この映画は全編通してご都合主義でこの監督『想像』ってものに甘え過ぎだし終始イライラしてしまった。

 

先生が背の高いイーサン・ホーク?!

『実はこの想像と思っていた破滅の世界が本当の世界で、現実逃避から実は教室の場面が想像の世界だった…』的なありがちなオチの方がまだ救いがあるかなと思うぐらい。すげぇオチが来るのかと思いきや何もなく、最後の真相もしょうもなかった…

 

この思考実験を仕切っている先生( ジェームズ・ダーシー )が若干イーサン・ホークに似てたのもなんかイラッとした、背の高いイーサン・ホークみたいな。それくらいこの映画おれは嫌いでオススメしない。

 

まとめ

良かった点

  • 【戦慄怪奇ファイル コワすぎ!史上最恐の劇場版】よりかは辛うじてまだマシ

悪かった点

  • 都合の良すぎる『想像』による思考実験
  • 壮大なシーンは『想像の世界』というパッケージ&予告からの裏切り
  • こんだけ生徒がいて魅力的なキャラが1人もいない
  • 話として面白くない
  • 先生の『コイツ何だ...?感』&無駄にイーサン・ホークに似てる
  • 最後のオチのしょうもなさ

評価:★  マジつまんねぇ... というか『嫌い』って感じかな。

[ 予告編 ] 映画『ラスト・ワールド』予告編 - YouTube

こんな映画を見るなら是非ともイーサン・ホーク主演のこの3作をオススメするぜ!

 

関連&オススメ作品!

その土曜日、7時58分

『何やってんのよ兄弟』が織り成す破滅の道、冒頭から衝撃...

f:id:tyler-7:20140828020335j:plain

 

アサルト13 要塞警察

この映画のイーサン・ホークがカッケーー!シチュエーションが最高!

f:id:tyler-7:20140828021055j:plain

 

デイブレイカー

ブレイド】に世界観が通じるヴァンパイアもの映画、グロもしっかり魅せるぜ!

f:id:tyler-7:20140828021601j:plain 

follow us in feedly  

にほんブログ村 映画ブログへ   

この記事やブログを気に入ってもらえたら下にもボタンあるので、はてなブックマークツイッター等でシェアしてもらえたら嬉しいです!