読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アバウト映画公園

"ほどほどの映画好き"アバウト男が最新作から旧作まで映画の感想をゆるめに書き綴る映画ブログ!たまに気になるドラマやおすすめ映画を紹介!基本大したことは書いてない。

【企画】最近観た映画を一気にレビュー! 『ハンニバル』『太陽を盗んだ男』『キック・アス2』など8作品!

どうも〜、今回は企画モノです!

最近観た映画を一気にレビュー 第2弾

 

『1つの記事として書くのもな〜』ってな映画が前回からまたちょっと溜まったので、このタイミングで一気に短めのレビューや感想を書きます!初見のものや午後のロードショーとか以前1度観た映画で、最近改めて観たものなど色々あります。今回も8作品!

 

では、一気にレビュースタート!!!

ハンニバル (2001)

f:id:tyler-7:20141025192436j:plain

FBIのベテラン捜査官として危険な任務をこなすクラリス・スターリング(ジュリアン・ムーア)。そんな彼女に新しい使命が与えられる。それは、10年前に逃亡したハンニバル・レクター博士(アンソニー・ホプキンス)の行方を追跡するというものだった。(シネマトゥデイ) 

 

録画してたテレビ版を鑑賞、結構この映画元々好きなんだよね!ゲイリー・オールドマンも欲をかいたオッサン刑事も、もちろんジュリアン・ムーアのあの特有な色気も。

っておい!ふざけんなよ!

 

楽しみにしてたレイ・リオッタの『あのシーン』ががっつりカットされてんじゃねぇかよ… 地上波でアレは流せねぇのか??なら地上波でハンニバルなんかやるなよ!

アンソニー・ホプキンスが太っちゃったのはいつ観てもチョット切ないけど、脱獄して『美味しいモノ』食べ過ぎてふくよかになったと役的に考えると納得する。

評価:★★  うーん、イマイチ... テレビ放映版の【ハンニバル】は全然ダメ!

 

 

太陽を盗んだ男 (1979)

f:id:tyler-7:20141025193355j:plain

中学校の理科教師、城戸誠(沢田研二)。東海村の原子力発電所からプルトニウムを盗み出し、自宅のアパートで原子爆弾の製造に成功する。城戸は原爆を武器に、警察に対してプロ野球のTV中継を最後まで見せろと要求。続いて城戸は、ローリング・ストーンズの日本公演をラジオ番組を通じて要求する……。(allcinema)

 

とにかく内容はぶっ飛んでる… 沢田研二も菅原文太もカッコ良かったし、勢いで作った感じも現代の映画には無いパワーを感じた。

プルトニウムを保有してる施設のセキュリティが超甘かったり、爆弾の扱いとか荒いと色々と突っ込みどころはあるんだけど『一体これどうなって行くんだろう?』っていう興味の持続はしっかりとある作品。

 

ターミネーター2の監督ジェームズ・キャメロンはこの映画観てるだろ!菅原文太の不死身さやカーチェイスシーンとか、色々とオマージュを感じた。 

評価:★★★★  結構良かったぜ!最後2人で落ちてドカーン!だったら最高だった。 

 

 

ザ・グリード (1998)

f:id:tyler-7:20141025194242j:plain

目的不明の武装部隊を乗せた密輸船が東シナ海上で豪華客船アルゴノーティカ号に遭遇した。だがそこにはスリを働いたために倉庫に軟禁されていた美女トリリアンしかいなかった。3000人の乗客乗員の姿がどこにも見られなかったのだ。

そして密輸船の船長フィネガンと武装部隊のリーダー、ハノーバーらの眼前に突如奇怪な触手が現れた。アルゴノーティカ号は深海から浮上した未知の巨大生物に襲われ、人々はヤツらのエサになっていたのだ。一行は戦闘を繰り返しながら脱出路を探すのだが……。(allcinema)

 

観たいな〜と思ってたらちょうど午後のロードショーでやってたので鑑賞。

あ、これ昔観たことあったわ…

メンツ見て思い出した。トータルすると設定・キャラ揃い・モンスター描写やグロい残骸なんかも結構良くて、終わり方も上手くまとまってるんだけど、気が付けば中身がスカスカっとしちゃう映画。もったいねーー!!!

 

この手の『屈強なヤロー達の一団が次々と殺されていく設定』は大好物なんだけどなぁ。キャラは良いのにそれぞれの死に様が呆気なさすぎて… 結果その連続だからだいぶ物足りなさを感じてしまう。あのMEGUMIに似たアジア系の女性良いよな!乳首立ちっぱ!

評価:★★★  普通に楽しめました。バランスは良いモンスター映画!!

 

 

英国王のスピーチ (2010)

f:id:tyler-7:20141027023858j:plain

英国王ジョージ5世の次男ジョージ6世(コリン・ファース)は、幼い頃から吃音というコンプレックスを抱え、人前に出ることを極端に恐れる内向的な性格となり、成人してからも自分を否定し続ける人生を送っていた。吃音を克服すべく、何人もの言語聴覚士の治療を受けるものの一向に改善の兆しは見られない。

そんな夫を心配する妻エリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)が最後に頼ったのはスピーチ矯正の専門家というオーストラリア人のライオネル(ジェフリー・ラッシュ)。彼は王子に対しても遠慮のない物言いで次々と風変わりな治療法を実践していく。そんな中、国王に即位した兄エドワード8世が、王室が認めない女性との愛を貫き、突如王位を返上してしまう。王位の継承など考えてもいなかったジョージは、最も恐れていた事態に直面し、恐怖のあまり泣き崩れてしまうが…。(allcinema)

 

吃音症の自分がやっとこの作品を観ることができた。今までは自分自身を端から見るみたいで怖くて避けてたんだけどようやく鑑賞。多分吃音症の人は結構観るの勇気がいる作品だと思う。

分かるな〜ってところも多々あったり、色々な手法を試したりとかは『あるある』だし、目からウロコのやり方や「それは効かねえだろ」とかそっち目線でしか見れなかった。

 

でもまだ吃音症の認知度は世間的には低いと思う。王族だと目を背けられるくらいで済むけど、一般人ならチャカされるか苦笑い。でもこの映画は『吃音』の認知度をだいぶ上げてくれた作品だと思う。

1番この話でデカイなと思ったのは、吃音である事も受け入れて寄り添ってくれる奥さんの存在。「テメェには奥さんがいるだけで素晴らしいじゃねぇかよ!」ってのが本音。感動は弱かったかな。

評価:★★★  普通に楽しめました。吃音』の演技は上手かったよ!

[ 予告編 ] 映画『英国王のスピーチ』予告編 - YouTube

 

 

惨殺のサイケデリア (2013)

f:id:tyler-7:20141027024625j:plain

ある日、身体をペインティングした見るからにアブない男ウンが香港警察に現われ、5件の殺人を告白する。ところがワン刑事が調べてみると、被害者と見られた男の生存がすぐに判明する。結局警察は、ウンを相手にせず追い返してしまうのだったが…。(allcinema)

 

TSUTAYAでさり気なく押してたので借りてみたけど、スーパーな駄作を観てしまった…

【セブン】と【ソウ】の要素を1%づつ入れて、更に薄めたようなペラっペラの映画。というかあんま見せねぇから色々よく分からんし説明不足だし、何だよコレ!?

めっちゃ長く感じたわ… 観なくてよし!マジで時間の無駄です。

評価:★  マジつまんねぇ...一瞬それっぽいんだけどね。

 

 

キック・アス ジャスティス・フォーエバー (2013)

f:id:tyler-7:20141027025341j:plain

最弱ヒーロー“キック・アス”(アーロン・テイラー=ジョンソン)と美少女助っ人“ヒット・ガール”(クロエ・グレース・モレッツ)の活躍で、フランク・ダミコ率いる極悪犯罪組織が壊滅されて3年。一度はキック・アスのマスクを脱いだデイヴだったが、再び正義の心に目覚め、本物のヒーローを目指して立ち上がる。そして、元マフィアのヒーロー“スターズ・アンド・ストライプス大佐”(ジム・キャリー)と出会い、ヒーロー軍団“ジャスティス・フォーエバー”を結成する。

一方、前回の戦いで父を失い、父の親友マーカスに引き取られたヒット・ガールことミンディ。彼女の幸せを願うマーカスから、ヒット・ガールを封印し、普通の高校生として生きるよう約束させられる。そんな中、キック・アスに父フランクを殺され復讐に燃えるレッド・ミストは、マザー・ファッカーと名を改め、世界中から一流の暗殺者を集めて恐るべき悪党軍団を組織し、至る所で悪行を重ねていた。(allcinema)

 

いやいや、そっち系のエグさいらないな〜!

大佐ーーー!ジム・キャリーーー!!!前半はかなり面白いのにー、『そっち系』のエグさがちょいちょい萎えさせる。

前作のニコラス・ケイジお父さんまでがギリありの展開だけど、アゲて下げてアゲて下げてで、どっぷりノラしてくれない勿体無い映画だなと思った。これが目には目をな『リアルさ』なんだろうけど、今回やり過ぎよね…

大佐が最後まで生きてたら4点行ったわ。みんなにゲリゲロ棒持たせろ!

評価:★★★  普通に楽しめました。クロエちゃんは最高!!

[ 予告編 ] 『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』予告編 - YouTube

 

 

土竜の唄 潜入捜査官 REIJI (2013)

f:id:tyler-7:20141027030216j:plain

谷袋警察署の交番に勤務するダメ巡査、菊川玲二(生田斗真)。正義感だけは人一倍の彼だったが、始末書の山がたたって、ついに署長からクビを宣告されてしまう。が、それは表向きで、秘かに署長より潜入捜査官、通称モグラの密命が下される。それは、日本一凶悪な犯罪組織“数寄矢会”に潜入し、4代目会長・轟周宝を挙げるという、あまりにも危険な任務だったが…。(allcinema)

 

いや〜盛大につまらなかったわ… 

ノリが終始しょっぱいし全体の7%くらいしかホントに面白くない。

こんだけのキャストでお金かけて漫画の実写化とかお金の無駄だし、劇場に行ってたお客さんはこんなんでホントに笑えたのかな?正直苦笑いもできない… 相性は悪いんだろうけどこんな映画観たら、好きな三池崇史と宮藤官九郎を嫌いになってしまうわ。

こんだけのキャスト使ってこの内容って、その辺のB級映画の駄作とかよりある意味罪深いと思うわ。

評価:★  マジつまんねぇ... 続編とか作るなよ!

 

アレックス (2002)

f:id:tyler-7:20141027031019j:plain

この作品はあらすじを知らない方が楽しめる構成になってるのでここでは書きません。

 

観始めてから一体こりゃどうなってんだ…?と混乱。ようやくメメントと同じく『時系列遡り系』映画だと気付く。衝撃的な消火器シーンと胸糞なレイプシーンも含め終わりかけまでクソ映画だと思ってた...

で終わってみてまた最初から観出して、改めて末路の消火器シーンへとループしていく。ストーリーは大したことないけどよく出来てる。序盤のぐわんぐわんな効果音もカメラワークも納得出来る。2度目の序盤でようやくカタルシスが来る映画も珍しい。

 

終わり方が勿体無かったな〜。最初のエンドロールは無しで、最後部屋で音楽かけてそのままエンドロールか、検査キットで発覚し→アレックスの微笑みでバン!と終わってたらさらに良かった。

評価:★★★  普通に楽しめました。観るには覚悟がいる映画です。

 

この中でのオススメ順はこちら!

  1. 太陽を盗んだ男
  2. アレックス
  3. キック・アス ジャスティス・フォーエバー
  4. 英国王のスピーチ
  5. ザ・グリード
  6. ハンニバル (TV放映版)
  7. 土竜の唄 潜入捜査官 REIJI
  8. 惨殺のサイケデリア

【太陽を盗んだ男】はとりあえず観てみて映画で、残念なのは【ハンニバル】だね。あのシーン入りのノーマルVer.なら【太陽を盗んだ男】より上です!【キック・アス 2】は結構残念だったね、続編もあるっぽいけどどうなんだろ?監督は前作のマシュー・ヴォーンに戻すべき!

もうこの中で嫌い過ぎる映画は断トツで【土竜の唄 】だったな。ホント酷いです!【惨殺のサイケデリア】は論外かな。

もうすでにいくつか溜まってるので、すぐ第3弾やると思います。 

  

にほんブログ村 映画ブログへ  1日1クリックお願いします!