読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アバウト映画公園

"ほどほどの映画好き"アバウト男が最新作から旧作まで映画の感想をゆるめに書き綴る映画ブログ!たまに気になるドラマやおすすめ映画を紹介!

【企画】2014年ブログ開始前に観た『良作』をドンとピックアップ!!!19本

企画モノ

明けましておめでとうございます!!!

いや〜、明けて早々風邪を引いて、尚かつ年始一発目にクソつまらない映画に当たってしまって最悪のスタートを切った訳なんですが、徐々に調子を取り戻して行きたいと思います。年末の連続更新に収まらなかった企画モノをやりたいと思います。

 

2014年ブログ開始前に観た『良作』をドンとピックアップ!!!19本

ブログを始めたのが2014年の7月、その前の1月〜6月に観た良作をピックアップしました!中には2014年のベスト20食い込むような作品もあるので、filmarksに書いていた感想を元に紹介します。

 

それでは2014年ブログを始める前に観た『良かった』作品19本はこちら

 

ウルフ・オブ・ウォールストリート

f:id:tyler-7:20140802140137j:plain

80年代後半のウォール街。証券マンのジョーダン・ベルフォートは26歳で会社を設立すると、富裕層をカモにそのモラルなき巧みなセールストークで瞬く間に会社を社員700人の大企業へと成長させ、自らも年収49億円の億万長者となる。ドラッグでキメまくり、セックスとパーティに明け暮れた彼のクレイジーな豪遊ライフは衆目を集め、いつしか“ウォール街の狼”と呼ばれて時代の寵児に。当然のように捜査当局もそんな彼を放ってはおかなかったが…。(allcinema)

 

こりゃかなり面白かったよ!【インセプション】の時もカッコ良かったけど、やっぱディカプリオ演技上手いなって改めて思わされた。

金を生みドラッグ・SEX・ドラッグ・SEXっとまぁ病的に好き放題やっていて、あぁいう一種誰でも心の隅っこで抱えてそうな『幻想的なイカれた異世界』を3時間あっという間に魅せてくれたので純粋にスコーーン!!!と来ちゃいました。

こんな攻めててエネルギッシュな作品を70歳を超えたのマーティン・スコセッシが撮るんだからスゲぇ。

 

ディカプリオ渾身のジャックニコルソンのモノマネも見れるし、『アバウト映画公園2014年ベスト男優賞』に輝いたマシュー・マコノヒーも強烈な印象を残すちょい役で出てたり、結構人によっては好き嫌い分かれる映画だけど、おれは大好きですね。

評価:★★★★★  最高!フォーー!これディカプリオじゃなきゃここまでの作品にならなかったろうな。

[ 予告編 ] 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 予告編 - YouTube

 

 

ディス/コネクト

f:id:tyler-7:20140715103408j:plain

リッチ(ジェイソン・ベイトマン)の息子はソーシャルネットワークを通じて攻撃され、自殺しようとするも一命を取り留めたが意識不明の状態になってしまう。弁護士として仕事に忙殺される彼は家族との関係もおざなりにしていたため、息子の自殺の原因がまったくわからず困惑していた。一方、元刑事の厳格な父親と二人暮らしをする加害者の少年は愛情に飢えており……。。

 

【クラッシュ】とか【マグノリア】的な狭い環境で色んな人が部分部分で繋がる的なスタンスの映画なんだけど、その繋がりがFacebookやネットのチャットが発端となってて無理がなく、ストーリー運びや画の見せ方や音の使い方が上手かったな。

お父さんの息子への愛にほろっと来て、みんな派手さは無いけどキャラも良かった!

終盤はハラハラしたな〜!

あのマンネリ夫婦の嫁さん演じてた女優さん、かなりタイプです。

 評価:★★★★★  最高!フォーー!これも2014年を代表する好きな映画です!

[ 予告編 ]  映画『ディス/コネクト』予告編 - YouTube

 

 

ラブ・アゲイン

f:id:tyler-7:20150107001329j:plain

愛する妻とかわいい子どもたちに囲まれ、理想的な家庭を築いてきたと思っていた真面目な中年男、キャル・ウィーバー(スティーヴ・カレル)。しかし、居心地の良さに甘えていつしか男としての魅力をすっかり失っていた。そして突然、25年連れ添った妻から浮気を告白され、離婚を切り出されてしまう。

困惑し、ひとり寂しくバーで飲んでいたキャルは、次から次へと女性に声をかけては虜にしてしまうプレイボーイ、ジェイコブ(ライアン・ゴズリング)と知り合い、彼の手ほどきで、女性たちを振り向かせる男へと華麗に変身するのだったが…。(allcinema)

 

そんなに観てもないんだけど、2014年に観たラブストーリーもので一番良かった作品がこの【ラブ・アゲイン】。離婚を切り出された中年男がバーで出会ったモテ男の手助けによって一念発起するストーリー。

色々な恋愛のシチュエーションを1本の映画でこれでもかって詰め込んで魅せてくれた、尚且つあのドタバタクライマックスはマジで最高!!!

すごい好きな作品になりました。

笑って泣いて、バランスの良いキャスト勢もみんな良かった!

評価:★★★★★  最高!フォーー!男女共に楽しめる作品ですよ!!!

[ 予告編 ] 『ラブ・アゲイン』予告編 - YouTube

 

 

ローン・サバイバー

f:id:tyler-7:20150107002715j:plain

2005年6月、アフガニスタンの山岳地帯である特殊任務に就いていた4人のネイビーシールズは200人を超えるタリバン兵の待ち伏せに遭い、猛攻撃を浴びてしまう。それは世界最強の戦闘能力を持つ精鋭部隊といえども、死に等しい絶望的な状況だった。そんな想像を絶する極限状況の中、一人の兵士が生き延び奇跡的に生還する。(シネマトゥデイ)

 

いや〜【スターシップ・トゥルーパーズ】よりもハードモード映画… リアルハードモード映画それが【ローン・サバイバー

こりゃシビれた…

『4人対200人』&『アウェイ』とかマジにキツ過ぎる。それでも最後の最後まで満身創痍で立ち向かう4人にグッと来た。あの痛い岩場転げシーンは最高!音が良かったね。どこにでもありそうな森があんな地獄の戦場になるとは。

終盤ちょっと落ち着いちゃったけど、クレジットで泣けて来た。これを映画館で観れて良かった!

評価:★★★★★  最高!フォーー!やるときゃやる『男』を見た!!!

[ 予告編 ]  映画『ローン・サバイバー』予告編 - YouTube

 

 

デス・プルーフ

f:id:tyler-7:20150107003942j:plain

スゴ腕スタントマンのマイク(カート・ラッセル)は、愛車“デス・プルーフ”に乗り、美女をナンパしては死のドライブに誘っていた。ある日マイクは、テネシー州で豪快なスタントライドを楽しむ3人の女性たちに目をつける。いきなり車をぶつけ、しつこく追い回すマイクにキレたゾーイ(ゾーイ・ベル)たちは、決死の猛反撃に挑む。(シネマトゥデイ)

 

これは是非女性に見てもらいたい映画!

スカッとすること間違い無し!!!

車をガチガチに改造した変態男と女性仲良し3人組との熾烈なカーチェイスバトル映画!!!中盤からの終盤にかけて一気に盛り上がってグイグイ引き込まれた。女性達のキャラもちゃんと見えるし、あのボンネット乗りチェイスシーンは本当にハラハラする!

カーアクションが苦手な人もこれは純粋に楽しめる作品。ラストの終わり方が最高、スカッとした!

評価:★★★★★  最高!フォーー!監督はクエンティン・タランティーノ!!!

 

 

ジャンゴ 繋がれざる者

f:id:tyler-7:20141025164724j:plain

1858年、アメリカ南部。奴隷ジャンゴ(ジェイミー・フォックス)は、賞金稼ぎのキング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)の手によって自由の身となる。やがて2人は協力し、次々とお尋ね者たちを取り押さえることに成功する。その後、奴隷市場で離れ離れとなってしまった妻を捜す目的のあったジャンゴは、農園の領主カルヴィン・キャンディ(レオナルド・ディカプリオ)のところに妻がいることを突き止め……。(シネマトゥデイ)

 

1回目は寝てしまって断念してたものを2014年に再度チャレンジ。

面白かったぜ!!!!!

タランティーノはシンプルなストーリーを格好良く撮るのが上手くて、今回の人選もかなりツボを突いて来るあたりシッカリしてる。特に血しぶきがイイ!人間の60%が水分だって事を感じさせるウェット感。

キルビルが刀ならジャンゴは銃、タランティーノの明快さが好き。

評価:★★★★★  最高!フォーー!タランティーノ監督にはもっとガンガン撮って欲しいな。

[ 予告編 ] 映画『ジャンゴ 繋がれざる者』日本版予告編 - YouTube

 

 

【ヒドゥン・フェイス】

f:id:tyler-7:20150107010057j:plain

スペイン出身の指揮者アドリアンは、交響楽団から招待を受けたため、恋人のベレンと一緒にコロンビアを訪れる。彼らは郊外の別荘を借りて暮らし始めるが、アドリアンの浮気を疑ったベレンは、ビデオメッセージを残して別荘を去ってしまう。

ショックを受けたアドリアンは、バーで出会った美しい店員ファビアナと惹かれあう。ところがファビアナが別荘に移り住んでくると、次々と異常な現象が現れ始め…。(allcinema)

 

サスペンス映画の掘り出しモノ的作品、それが【ヒドゥン・フェイス】

ひぇ〜〜〜〜〜!これは結構キたなぁ… 観てて苦しかった…

男性よりも女性の方が『クる』内容だと思う。この映画で言える事は『モテる男は罪だ!』と非モテ男としては苛立ってたんだけど… なんだかんだ人間は愚かな生き物だなって思わされるのと同時に、そこが面白いんだなって。

90分の割りには濃く楽しめました、かなりの良作です。

評価:★★★★★  最高!フォーー!ホラー系では無いのでその辺が苦手な人も是非、イチオシな作品です。

[ 予告編 ] 映画『ヒドゥン・フェイス』予告編 - YouTube

 

 

グッドフェローズ

f:id:tyler-7:20150107013904j:plain

グッドフェローズ”と呼ばれるマフィアの世界に憧れるニューヨークの少年ヘンリー(レイ・リオッタ)。そんな彼はある日、地元のボス、ポーリーのもとで働くことになり、ついにその世界へ足を踏み入れる。こうして、先輩のジミー(ロバート・デニーロ)やトミー(ジョー・ペシ)から仕事のイロハを学び、一端のギャングとして成長していくのだった。

やがて、カレンと結婚し、自分の家庭も築くヘンリー。しかし、ジミーらと犯行に及んだ空港での大金強奪事件をきっかけに、ヘンリーの人生に狂いが生じ始める。仲間が事件の証拠を揉み消す中、FBIに目をつけられたヘンリーは、組織に関するあらゆる証言を迫られていくのだが…。(allcinema)

 

こちらはマーティン・スコセッシ監督の代表作!あの【ホーム・アローン】のジョー・ペシがこんなところにw やっぱ彼は魅力的な俳優だなと。

7割くらいまで最高だったな〜、おれは【ゴッドファーザー】よりも好きかもとか思った矢先終盤の尻窄み感… 急いで終わらした感じでもったいない!!! ロバート・デニーロの狂気を孕んでるスマートな佇まいはカッコ良かったな!

評価:★★★★  結構良かったぜ!レイ・リオッタの根は優しい感じも好き。

 

 

【わたしはロランス】

f:id:tyler-7:20150107015135j:plain

モントリオール在住の国語教師ロランス。彼には、ある秘密があった。それは、彼の心は女であり、今ある男の体は間違いだと思っているということ。30歳の誕生日、ついに彼はそのことを恋人のフレッドに打ち明ける。

最初は騙されていたと激しく非難したフレッドだったが、ロランスの気持ちを受け止め、一緒に生きていくと決意する。以来、学校にも女性の格好で出かけていくロランスだったが…。(allcinema)

 

なんと言っても画がキレイだっな!動いている写真集を見ているかの様な映画。ファッションも壁紙も照明も小物も抜かりなくて、アングルや画の見せ方は色々意識的にやってるんだろうな。

女性として生きたいとカミングアウトした彼と、それを戸惑いながら支える彼女。それよりも愛の色んな場面が垣間見える。語らなくても伝えてくれる。

こんな若い監督がこんな作品を撮っちゃうのはビックリもんだけど、後半落ち着いちゃったよね、それが2人の関係とリンクしてるからしょうがないんだけどね。

評価:★★★★  結構良かったぜ! グザヴィエ・ドラン監督の名を広めた作品。

[ 予告編 ]  映画『わたしはロランス』予告編 - YouTube

 

 

ヒース・レジャー恋のから騒ぎ

f:id:tyler-7:20150107021418j:plain

転校生のキャメロンは、登校初日に学園のアイドル・ビアンカに一目ぼれし、何とか彼女をデートに誘おうとする。しかし、ビアンカの父親に、姉・カトリーナが先に誰かとデートしないとビアンカのデートを許可しないと言われ、学校のはみ出し者パトリック(ヒース・レジャー)を雇ってカトリーナをデートに誘わせようとするが……。(映画.com)

 

あのジョーカーを演じたヒース・レジャーの初主演作品。

素直にいい作品でした。

この映画でヒース・レジャーの顔をまじまじと見たな、口角が予想以上に横にクイっと広がる笑顔が良かった。

話としては対した事は無いんだけど、やっぱ学園モノ映画に『プロム』っては付きものだよな〜ってのを改めて実感。ホント日本にこの行事が日本に無くて良かったわ…

これだけ映画にプロムが入るって事はそこにはドラマがあるんだろうけど、正直怖い行事よ。

あとは2人の娘を溺愛する親父の切ない顔、特にあの憂いの目は最高だった。他にもジョセフ・ゴードン=レヴィットとかいたけどヒース・レジャーの次に印象に残ったよ。

評価:★★★★  結構良かったぜ! 日本にプロムがあったらだいぶ脅威なイベントよ。

 

 

キャプテン・フィリップス

f:id:tyler-7:20150107022600j:plain

2009年4月。ケニアへの援助物資を運ぶアメリカのコンテナ船マースク・アラバマ号。インド洋を順調に航行していたが、ソマリア沖で4人組の海賊に襲撃される。船長のリチャード・フィリップスは、船が彼らに乗っ取られる直前、数人のクルーを残して乗組員を全員、機関室に匿う。

そして彼らを救うため、自らは単身で人質となり、海賊たちと共に小さな救命艇に乗り移り、アラバマ号を後にする。やがて事件の一報を受けたアメリカ政府は、海軍特殊部隊ネイビー・シールズを出動させ、フィリップス船長の救出作戦を開始するが…。(allcinema)

 

いや〜、全編通して質の高い緊張感を味わわせてくれた。トム・ハンクスの好演、あの体型然り『リアルなおじさん』感がとても良かった。「よく頑張ったよーー!」と言いたくなる。

それに匹敵するくらい海賊のリーダー格の男がイイ味出してた。身体の絶妙な線の細さや頬のコケ方・鋭い目・黄色い歯、彼には強い意志と執念が見て取れたし存在感あったな。

実際にあったとなると怖いよな… あんな狭い空間に周りは闇の海とデカイ戦艦に。銃を突き立てられる恐怖は他の映画より感じた。海モノは苦手なんだけど、これは【バトルシップ】と並ぶくらい好き。

評価:★★★★  結構良かったぜ!実話ベースの映画となっております。

[ 予告編 ]  映画『キャプテン・フィリップス』予告編 - YouTube

 

 

【極道戦国志 不動】

f:id:tyler-7:20150107023407j:plain

小学生の不動力(谷原章介)は、父・巌が兄を殺すところを目撃した。それは、兄が夜叉組といざこざを起こしたオトシマエをつけるためだった。その夜、力は兄の血で自分の背中に不動明王を彫った。それから10年、高校生になった力は表向きは成績優秀で真面目な学生を装っていたが、裏では九州仁王会不動一家の若頭をつとめていた。しかし、彼にはさらにもうひとつの裏の顔があった。古い体質のヤクザ世界を崩壊させ、極道新世代を築こうとする... (映画.com)

 

これぞ三池崇史だなと!って言うかやっぱり三池崇史ヤバいな…と思わされる作品。

「役者の大根ぶりなんか関係ねぇ、ビジュアルで魅せてやるわ」と言わんばかりの『素敵なビジュアルの数々』に思わず【ヤッターマン】とか【クローズZERO】とか撮ってる場合じゃねぇぞと、もっとこういうの!こういうの!と欲しくなる。

オープニングのミッキー・カーチスの殺し屋のシーンから最高!終始ぶっ飛んでる。適役の竹内力があんま出ないんだけどね... てか途中でだいぶ昔観たなと忘れてた記憶が戻ったけど、それでも終始楽しめた。

評価:★★★★  結構良かったぜ!三池崇史監督作で一番好きかも。これを観てたから【土竜の唄】のクソ映画が許せなかったのよ。

 

 

アポカリプト

f:id:tyler-7:20150107024508j:plain

誇り高き狩猟民族の血を受け継ぐジャガー・パウ(ルディ・ヤングブラッド)は、妻や仲間とともに平和な暮らしを送っていた。ところが、ある日、マヤ帝国の傭兵による襲撃を受け、仲間とともに都会に連れ去られてしまう。そこで彼らを待ち受けていたのは、干ばつを鎮めるためにいけにえを捧げる儀式だった。(シネマトゥデイ)

 

Rhymester宇多丸、猛プッシュの【アポカリプト】をやっと鑑賞。

おれは好きでした!特に残虐描写やその行為。

現代ではなかなか見れない『エグ描写』はこういう映画ならではの楽しみなんだと実感。主役の人も主役感が出てて表情もいい、話もだいぶ分かりやすいのでスラっと楽しめた。

こういう昔的な映画は率先して観ないんだけど、本当に食べず嫌いじゃないけど『観ず嫌い』せずに色んな人に是非観て欲しい作品。とりあえず観ろ!的な映画で言うと【バス男】くらいの感覚で勧めたい!

評価:★★★★  結構良かったぜ! 監督は俳優でもあるメル・ギブゾン!

 

 

【LIFE!】

f:id:tyler-7:20150107030142j:plain

雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティ(ベン・スティラー)は、思いを寄せる女性と会話もできない臆病者。唯一の特技は妄想することだった。ある日、「LIFE」表紙に使用する写真のネガが見当たらない気付いたウォルターはカメラマンを捜す旅へ出る。ニューヨークからグリーンランドアイスランド、ヒマラヤへと奇想天外な旅がウォルターの人生を変えていく。(シネマトゥデイ)

 

 

誰しも不安とか怖いな…って踏みとどまっちゃう瞬間ってあると思うけど、この作品はそんな背中をポンっと押してくれる。実際飛び込んでみたらどうにかなったり、素敵な体験が出来たり。

ホッコリできました。

この作品を観ると、なんか一人旅に出たくなります。個人的には主人公の妹役がなんとも絶妙w 画の見せ方が面白かったり綺麗だったり、ルックがとても素敵な一作!

評価:★★★★  結構良かったぜ! 旅行した気分になれるので、リフレッシュに!

[ 予告編 ]  映画『LIFE!』予告編 - YouTube

 

 

ルーザーズ

f:id:tyler-7:20141010102011j:plain

ボリビアのジャングルに派遣されたクレイ率いるエリート特殊部隊“LOSERS(ルーザーズ)”。しかし、その任務中、彼らは何故か米軍に命を狙われ、現地に取り残されてしまう。やがて、この一件の裏にマックスと呼ばれる黒幕の存在が浮上。

また、彼らの前に、マックスへの因縁を持つという謎の女アイシャが現われ、一致団結して復讐を開始する。そのさなか、またしてもピンチに立たされるルーザーズだが…(allcinema)

 

個人的にツボな映画な映画!バットマンなどのDCコミックが原作のアメコミ映画。ロ『バートダウニーJr.もどき』に『アバターのヒロイン』『キャプテン・アメリカ』に『ルパン三世のリアル次元?』がいるからそれだけでもキャラ立ち確定!

てかキャプテン・アメリカクリス・エヴァンスって「なんか冴えねぇな」と思ってたんだけど、この映画では最高!とても魅力的なキャラでした!

 

この映画のダメなところはやはり悪役の手抜き感だな。原作がそうなのかは分からんけど見るからにザコだろ。アバターのヒロインのゾーイ・サルダナはオッパイ小さいんだけどスッとしてて、エロくてそそられます!

評価:★★★★  結構良かったぜ!2作目出ろ!!!待ってる!

 

 

【悪の法則】

f:id:tyler-7:20150107031026j:plain

若くてハンサムな敏腕弁護士“カウンセラー”(マイケル・ファスベンダー)。美しい恋人ローラ(ペネロペ・クルス)との結婚を決意した彼は、ふとした出来心から闇のビジネスに手を出してしまう。派手な暮らしをする実業家のライナー(ハビエル・バルデム)から裏社会を渡り歩く仲買人ウェストリー(ブラッド・ピット)を紹介され、メキシコの麻薬カルテルとの大きな取引に一枚噛むことに。ウェストリーからは危険な相手だと脅されたものの、自分は大丈夫とタカを括っていたカウンセラーだったが…。(allcinema)

 

派手さは無いんだけど独特の不穏で嫌な空気充満映画【悪の法則】。

かなり好きでした!

絶対なる『組織』の悪、動き出したらもうどう足掻こうが無駄... ちょっと違うけど、こういう【GONIN】的映画、個人的にかなりツボです。

殺しの呆気ない感じも淡々と遂行する感じも彼等(組織の連中)にとっては当たり前の作業でしかなく、その見せ方にちょっとゾッとするのよ。「人の命とか別にね…」的な。

いや〜でもあの器具のシーンは良かったな! 巻き戻して観直しちゃったもんな。もっと色々観たかったわ。

評価:★★★★  結構良かったぜ!監督はリドリー・スコット!!

[ 予告編 ]  映画『悪の法則』予告編 - YouTube

 

 

ハッスル&フロウ

f:id:tyler-7:20150107031931j:plain

かつてはプロのラッパーとして成功する夢を追っていたDジェイ(テレンス・ハワード)だったが、メンフィスのストリートでポン引きとして汚れた商売に身を染めるうち、いつしかそうした夢も忘れて希望のない毎日を送っていた。

そんなある日、同じ街の出身でラッパーとして大成功を収めたスキニー・ブラックがメンフィスで凱旋公演を行なうと知ったDジェイ。彼は、自分を売り込むラスト・チャンスと考え、旧友でサウンド・エンジニアのキーの協力を得て、デモ・テープ作りを開始するのだが…。(allcinema)

 

昔やめたヒップホップをもう一度やって成功してやろうな映画なんだけど、これが結構良かったね!

元々ヒップホップ好きなのもあるし、劇中に出てくる曲がイイんだよね!サントラ欲しいくらい。話も分かりやすいし最後ちゃんと抗う展開もあるのがイイ。

1番グッと来るのはエンディングからのスタッフロールの瞬間!あそこはさすが!!!でも主人公が何気女性に対してそこそこゲスいから、共感は出来ないんだけどね。

評価:★★★★  結構良かったぜ! 普段ヒップホップ聴かない人でも楽しめますよ。

 

 

【エリート・スクワッド】

f:id:tyler-7:20150107105630j:plain

リオにローマ法王がやってくることになり、軍警察の特殊部隊“BOPE”の隊長ナシメントは、法王訪問予定地トゥラーノの麻薬組織を一掃するよう命令を受ける。妻の妊娠を機に苛酷な部隊を退こうと考えていたナシメントだったが、隠密に行動するよう指示され、そのプレッシャーから次第に精神を病んでいく。

一方、新人警官のネトとマチアスは汚職にまみれた警察の姿にショックを受ける。また、ナシメントは後継者を育成していくことの意義を考え始めていた。(allcinema)

 

ブラジル怖ぇ…マジこんなんなのか?

ブラジルの特殊部隊『BOPE』とスラムに蔓延してるギャングの映画なんだけど、濃いのよ!まずここに出てくる環境がもう色々しんどい、日本に生まれて良かったと思わされる。その辺の若者がナチュラルに銃を持ち過ぎ… 警察もダメダメで。

 

あとBOPEになるための訓練がかなりヤバかったな、いい意味で萎えます… 精神を一旦イカれさせて屈強な戦士にするって感じなんだけど。訓練を乗り越えた部隊だからこそディーラーへの尋問もかなりハード、超ドS!そんなビンタしなくても...

かなり空気感が伝わってくる画作りに迫力、男はグッと来ると作品だと思う。

評価:★★★★  結構良かったぜ!監督は本作で評価を受け、リブート版【ロボコップ】を担当した。

 

 

【LOOK】

f:id:tyler-7:20150107032721j:plain

愛憎と欲望が交錯する大都会、そこではすべての行動が監視カメラに撮影されている。担任教師と寝るために猛烈なアタックを繰り返す女子高生、職場の女性従業員たちを誘惑するデパートのマネージャー、ロック・スターを夢見て深夜のコンビニで働く青年……。さまざまな人間ドラマを、随所に設置された監視カメラは記録していた。(シネマトゥデイ)

 

最後は異色作を紹介。全て監視カメラの映像で構成した映画【LOOK】。「明らかにこんなトコにカメラないだろ?!」的なツッコミも多少入れつつも、見せ方や構成がフレッシュで、おれはかなり好きな作品!

それぞれのキャラが立ってるしブラックジョーク具合もなかなか!人の『覗き願望』を絶妙に突いて来る塩梅が良い。

【LOOK】はシリーズ化されたんだけど、変なところで急にシリーズが無くなっちゃうので、実質1本完結の本作をオススメします!

評価:★★★★  結構良かったぜ! 普通の映画に見飽きてたらこの作品を間に挟んでもイイかもね。

 

 

以上19作品。よかったら今度観る映画の参考にでもしてくださいな。

 

【アバウト映画公園のアーカイブ】はこちらから↓


【トピック】アバウト映画公園 / 目次:アーカイブ 一覧 

follow us in feedly  

にほんブログ村 映画ブログへ