読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アバウト映画公園

"ほどほどの映画好き"アバウト男が最新作から旧作まで映画の感想をゆるめに書き綴る映画ブログ!たまに気になるドラマやおすすめ映画を紹介!基本大したことは書いてない。

【感想】ソロモンの偽証 後篇・裁判 / ワクワクから一転、次第に目が死んで行く…細かい不満が尽きない!!

f:id:tyler-7:20150424015607j:plain

被告人大出俊次(清水尋也)の出廷拒否により校内裁判の開廷が危ぶまれる中、神原和彦(板垣瑞生)は大出の出廷に全力を尽くす。同様に藤野涼子(藤野涼子)も浅井松子(富田望生)の死後、沈黙を続ける三宅樹理(石井杏奈)に証人として校内裁判に出廷するよう呼び掛ける。涼子は柏木卓也(望月歩)が亡くなった晩、卓也の自宅に公衆電話から4回の電話があったと知り……。(シネマトゥデイ)

 

まず前篇の感想はこちら (この後篇を期待してる感じ。。)

 

「へー、そうなんだ…」レベルの真相!

前篇でハードルをガッツリ上げられ、半強制的にワクワクさせられてしまう学園ミステリー映画【ソロモンの偽証】、その後篇・裁判を観て来ました。具体的なネタバレは無いように書きますが、面白いか面白くないかで言うと、

 

うーん、結果として面白くない!ファーーック!!!俺のワクワクを返せ!

致命的だったのは、予告編然り前篇は完全なるミステリータッチで描かれて、真相解明を全て後篇に委ねる作りにも関わらず、後篇の1番の引きとなる『事件の真相』がかなり弱かったこと。

いくつかの出来事が重なってこのミステリアスカオスな事態になり学校裁判で自ら真相解明しようって話なのに、その真相どれもが「へー、そうなんだ…」レベル。『驚愕の事実が!?』とかホント一切無かった。

 

というのも真相どうこうと言うよりかは、子供達・広く言うと人ってその人が置かれてる環境の中で悩みや葛藤・暗い部分を抱えてて、それぞれにそれぞれな『事情』があるよね。って事なんだろうけど、それをこちらが受け止めるには個々の人物の描き込みが不十分&説明不足で乗るに乗れない。

そういう事ならこれだけの時間(前・後篇合わせて5時間弱)あって何してたのよ?と思うし、それこそ感情移入も出来なくて、真相のひとつひとつを聞かされても「え、あ、そうなんすか…」くらいにしか受け取れない。

 

ミステリー路線のまま驚愕の真相を用意するか、人物に感情移入させて心を揺さぶるような人間ドラマで魅せるかのどっちかに的を絞って欲しかったなと、どちらもすごく中途半端に感じた。原作は未読だけどその辺の描きこみはちゃんとしてるんじゃないかな…?

 

細かい不満が尽きない…

あとはやっぱり長いよね。ガイナー!後篇始まって裁判に入るまで一時間くらいかかったところから怪しさは感じてたけども、この映画を観て「あー、良かったわ!」って帰って行く人がどれくらいいるのだろう…?

あれだけ『前篇』仰々しくやって、このチンタラ進む物語に浅い真相... むしろミステリー映画でもなく『いじめは良くない』とか『声をあげよう!』とか浅いメッセージ性を含んだ青春映画風?に終わったけども、諸々が薄味でイマイチ感は否めない。

ちょっと社会現象的に『学校裁判』が流行れば良いな!なんて配給会社の魂胆が見えたり見えなかったり。

 

それにダメ押しだったのがエンディングにU2の良さげな曲を流したこと。こういう良さげな曲を流しても「わぁ、なんだか良い映画だったな。」とはならないって!予告編から使われてるとかならまだしも、あまりもに唐突過ぎて唖然。オチ・映画事態の弱さを耳障り良さげな洋楽でカバーするような逃げの帳尻合わせにさらにイラっと来てしまった。

結果心優しき松子ちゃんの死も映画の展開と予告編の引きに必要だったから死んだ、いやもうこれは映画に殺されたに近いし、ただただ可哀想。死んだ柏木くんのウザさもこの映画においては過剰過ぎて同情しにくいし、神原くんの「いやいや、お前何だよ!?」感や、裁判以降『いじめは無い』件や伝説と崇めたり、根本的にどうしてもみんな中学生に見えないとか、期待していた分ガッカリだし細かい不満を言い出したら尽きない映画でした。

 

佐々木蔵之介がラストで見せる『死んだ目』のように俺の目も死んでました。

f:id:tyler-7:20150424025557j:plain

 

まとめ

良かった点

  • 前篇のダイジェストを一応流す配慮

悪かった点

  • 真相ひとつひとつの薄味感
  • 人間ドラマ的にも人物の描き込み不足
  • エンディング曲のチョイス
  • 映画全体のタルさ

評価:★★  うーん、イマイチ... もうしばらく『邦画』に期待しない事にしました!

[ 予告編 ] 映画『ソロモンの偽証 前篇・事件』『ソロモンの偽証 後篇・裁判』予告編 

[ 映画館を探す ] 「ソロモンの偽証 後篇・裁判」の映画館(上映館)を検索 - 映画.com

 

樹里ちゃんを演じた石井杏奈って子はE-girlsのメンバーなんだね〜、ってマジか!?役作りもなかなかだし、実は『声』が良いのよね。映画内では誰より光ってました。

f:id:tyler-7:20150424033348j:plain

 

関連&オススメ作品!

台風クラブ

昔の中学生像と今の中学生像を見比べるのも面白いかなと思う。

f:id:tyler-7:20141224021640j:plain

 

リリイ・シュシュのすべて

中学生の不安定さや葛藤・痛みはこっちの方が入って来やすい。メンツが豪華!

f:id:tyler-7:20150424034049j:plain

 

【先生を流産させる会

実話にあった事件をモチーフにした映画、まだ観れてないので観てみたい。これも中学が舞台。

f:id:tyler-7:20150424034616j:plain

 

にほんブログ村 映画ブログへ  1クリックが励みになります

【当ブログに始めて来た人にオススメ↓】

記事が良かったらブックマークやシェアしてもらえると嬉しいです!