アバウト映画公園

"ほどほどの映画好き"アバウト男が最新作から旧作まで映画の感想をゆるめに書き綴る映画ブログ!たまに気になるドラマやおすすめ映画を紹介!基本大したことは書いてない。

【感想】アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン / 新たな幕開け!感謝祭的なTHEヒーロー映画!!!

f:id:tyler-7:20150711112910j:plain

アイアンマンこと“戦う実業家”トニー・スタークは、将来出現するかも知れない新たな脅威から地球を守るために、人工知能“ウルトロン”による平和維持システムを開発する。しかしウルトロンが平和を維持するために導き出した答えは、その障害となっている人類を排除するというものだった。

仮の肉体を得て暴走を始めたウルトロンを阻止すべく再び集結したアベンジャーズ。そんな彼らの前に、人の心を自在に操るワンダと超高速で動く肉体を持つピエトロの超人姉弟が立ちはだかる。(allcinema)

 

感謝祭的なTHEヒーロー映画!

公開前から日本版ポスターのビジュアルから、宣伝の打ち出し方まで批判や落胆の声が多く挙っていた【アベンジャーズ】の続編【アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン】を3Dの/Dolby Atmosで観て来ました。宣伝広告の話は後でしますが。観た感想は、

 

これだけメインを張れるキャラを集結させ風呂敷広げて、濃縮された『人類・世界を救おうと敵に立ち向かうTHEヒーロー映画』をやってのけるのはもはや売りであり特権で、唯一無二のエンターテインメントシリーズだなと実感しました!!

 

「いつも観てくれてありがとうね!」と『MARVEL』からの感謝祭的な作品で、前作よりも内容/キャラクター勢にギャグ、『ここイチオシ!な見せ場』など、諸々がちゃんとパワーアップしてるから観てて純粋に楽しい。ラストのカオスなバトルシーンはアガった!!!

前作は互いに自己紹介&初対面のドギマギ&どこまでしゃしゃって良いのか?感があったけど、今回は自分と仲間の役割をしっかり把握して、時にはコンビネーションやサポートに回ったり、本作こそチームとしての真のアベンジャーズを堪能できる一作となってました。

 

本作、活躍振りが弱かったキャラに焦点を当ててちゃんと立たせてたり、『正義』という存在を問わせるような見せ方も良い塩梅。

ヒーローって力が強いだけにその信念が違った方向に向いた時が怖いなと、合理的なトニー・スターク(アイアンマン)の正義の信念に垣間見える『危うさ』が、今回のウルトロンのような存在を生んでしまったのも、まぁ納得できる。キャラ的に変に人間味がある分【ダークナイト】のジョーカーみたく、あそこまで突き抜けた魅力あるヴィラン(悪役)で無かったのは残念だけど。

f:id:tyler-7:20150711120518j:plain

ウルトロンが手下を引き連れて来た時には『ドラゴンボールZ』の映画『メタルクウラ』の回を彷彿とさせるあの絶望感ね!「ここでそれ来るか...」なちょっと嬉しくなる展開だった。メタルの感じと良い意識してないか?!

 

帳尻合わせで急遽組み込まれたような不思議な存在の『ビジョン』は次作に期待するとして、ハルクバスターとハルクの見応えのある乱闘シーン、新たなに参戦した能力を持った双子、改めて沁みるスカーレット・ヨハンソンの年相応な色気、ホークアイのめげないスタンス、キャップ(キャプテン・アメリカ)も心強い存在に仕上がってたりと色々良かった。

と言うより、これからもまた個々の活躍ぶりに【ガーディアン・オブ・ギャラクシー】に【アントマン】の新規参戦などでドンドン絡んで大きくなるのかな?新たなステージの幕開けとしては頼もしい作品ではないでしょうか。

広げ過ぎて逆に一本の作品として「最高!」ってとこに落とし込むのが難しそうだけど、前作に引き続いてジョス・ウェドンのまとめる手腕が良いので、着実に面白くなって行くことに期待。こんな風に3年に1度のペースで観れたらいいな!

 

鑑賞後の宣伝広告の印象

↓ 日本版のポスター

f:id:tyler-7:20150711123727j:plain

映画を観た後でこのポスターを見ると、やっぱ『損』はしているなと。向こうのポスターと比較しても『迫力』『パンチ』『引き』『内容のビジュアル化』『アベンジャーズとしてのチーム感』が圧倒的に弱く見える。

日本版はアイアンマンとその仲間達に見えてしまうレイアウトのバランスだし、『愛』どうこうは今回このビジュアルで目立っているアイアンマンとそれほど関係ないんだよね。どっちかと言うとホークアイ、または要素としてスカーレット・ヨハンソン演じるブラック・ウィドウとハルクに言えることで、アイアンマンは自分の落とし前・ケツを吹くために闘っているに近い。もちろん地球滅亡の阻止もそりゃあるけど。

 

「分かり易く人気のあるアイアンマンを目立たせて、愛という大きいテーマを唱って普段ヒーロー映画に足を運ばない人にも観てもらいたい! んで背景が暗いと目立ちにくいから白にしちゃって!」みたいなコンセプトが、内容と噛み合ってなく凄いバランス悪いし、とりわけ映画を魅力的に引き立たせるものでも無く、単に中途半端でダサいポスターになってしまったのは否めない。

向こうのままのビジュアルで落とし込んでくれたら、正直もっとお客さん入ってるだろうし、事前にもっと盛り上がってたんじゃないかな?と思う。愛を唱う割にはこの作品に対しての『愛』が感じられないわ!

 

まとめ

良かった点

  • パワーアップしたアベンジャーズを堪能できる
  • 正義という存在を問う見せ方
  • 闘いの視覚的ドキドキ・ワクワク感
  • 日陰のキャラもちゃんと立たせたこと

悪かった点

  • 全体的に盛り上がるので映画としての『ヘソ』が分かりにくい
  • ウルトロンのキャラとしての弱さ
  • 宣伝広告の不甲斐なさ

評価:★★★★  結構良かったぜ!宣伝広告は気にせずとりあえず観て楽しいで欲しい作品です!予告編はいい出来。

[ 予告編 ] 映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』予告編 - YouTube

[ 映画館を探す ]「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」の映画館(上映館)を検索 - 映画.com

 

関連&オススメ作品!

【アベンジャーズ】

こう見ると前作のポスターの方がより罪深いほどダサいな。同じ担当だとそうそうビジュアルセンスは変わらないかな。

f:id:tyler-7:20150711134502j:plain

 

アイアンマン3

【アベンジャーズ】後のアイアンマンの葛藤と、側じゃなく中身の魅力で見せた作品!

f:id:tyler-7:20150711135504j:plain

アイアンマン3】の感想はこちら↓

 

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー】

キャップの成長がここで観れます。好敵手のウィンター・ソルジャーもカッコイイ!

f:id:tyler-7:20150711135832j:plain

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー】の感想はこちら↓

 

【アバウト映画公園のアーカイブ】はこちらから↓

にほんブログ村 映画ブログへ