読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アバウト映画公園

"ほどほどの映画好き"アバウト男が最新作から旧作まで映画の感想をゆるめに書き綴る映画ブログ!たまに気になるドラマやおすすめ映画を紹介!

【感想】劇場版 テレクラキャノンボール2013 / 閲覧注意にドラマチック!『漢』を掛けた本気ロードムービー!

邦画 【カ行】 邦画 評価:★★★★

f:id:tyler-7:20150716022638j:plain

あらすじ:バイクとテレクラを愛してやまないAV監督のカンパニー松尾が、バイクを走らせ、テレクラで素人女性をゲットしたいという思いから1997年にスタートさせた企画ものアダルトビデオ「テレクラキャノンボール」。その2013年度大会が開催され、カンパニー松尾バクシーシ山下、ビーバップみのる、タートル今田らが参戦することに。

バイクや車を飛ばして、東京から仙台、青森を経由して札幌を目指しながら、テレクラ、ナンパなどで素人女性をゲットしていく面々。そんな彼らに、さまざまな出来事が待ち受けていた。(シネマトゥデイ)

 

製作国:日本 上映時間:135分 製作年:2014年

監督:カンパニー松尾

キャスト:カンパニー松尾バクシーシ山下 / ビーバップみのる / タートル今田 / 梁井一 / 嵐山みちる / 神谷まゆ / 新山かえで / 平沢大輔 等

 

生半可な気持ちで観るもんじゃない

前々から評判が良いのは聞いていて、劇場で観れずにずっと観たいなと思っていた【劇場版 テレクラキャノンボール2013】をレンタルし鑑賞!

上のあらすじ要約すると、AV監督達が目的地に車を走らせ、その間テレクラやナンパを駆使して素人の女とヤった点数を競うレースをし、賞品はジャケットに写る女性2人とのセックスという下品でゲスな企画を劇場用にまとめたものではあるんだけど。観た感想は、

 

単にスケベでおちゃらけた映画という体を成したAV企画の総集編的な作品だと思ったら、そんな甘ちゃんなモンじゃ無かった!確かにヤバいわ!

 

前半はルール説明に人物紹介、それこそ総集編的なつくり。で中盤からの一人一人の収穫を見せ合う「1日お疲れさまでした!」な『プレビュー会』が始まる。そこで予想とは反しめくるめく『エグさ』に覚悟が足りなかったなと自覚すると同時に、こりゃ凄いなと... 言っておくけどこれで抜こうなんて考えないでくれ、そんなテンションで観始めたらきっと後悔するハメに。

f:id:tyler-7:20150716025547j:plain

この作品は『男=漢』が『1人の人間』としてどこまでやれるのか?行けるのか? 一見バカな企画にそれなりに歳を重ねた男達(AV監督)が意地とプライドを掛けて本気で挑む姿がリアルに記録されているドキュメンタリックなロードムービーなのだ。

笑えたり目を背けたくなる部分もあったりと、グロ系サイトをよく観ているにも関わらず、この手のエログロは正直耐性なかったな。金髪のオジさんはキツかったなぁ。そこには『地方のリアルな性事情』も垣間見えて、こういう世界もあるんだなとかなり新鮮だった。

 

観る人生と観ない人生なら、観る人生を選ぶ!

レースが終わってからもうひと展開あって終盤では軽く涙してしまった。正直泣かされるとは思ってもみなかった... AV監督って意外と『ロマンチック』だったり、それぞれのキャラの違いや全体的にきゃっきゃしてる合宿ノリも見ていて楽しい。

みんな監督ということでハメ撮りし慣れしてるから画もそれなりに良いし、編集の仕方も独特で映像作品として一般の映画では得られない何かを観れた気がした。

f:id:tyler-7:20150716025623j:plain

観た後だから言えるけど「これを観る人生と観ない人生なら、観る人生を選ぶ!」。女性には決して勧めないけど、観ていない『男性』には是非とも勧めたくなるそんな作品でした。

 

まとめ

良かった点

  • 映像作品として新鮮味がある
  • 唖然とする男を掛けた闘いに引き込まれる
  • トータルしてドラマチック

悪かった点

  • もうちょっと接戦して欲しかった

評価:★★★★  結構良かったぜ! これを観た人と酒飲みながら語りたい。

[ 予告編 ]

 

関連&オススメ作品

劇場版 BiSキャノンボール2014

解散してしまったアイドル『BiS』vs AV監督ってどんな内容なんだろ?気になるな。

f:id:tyler-7:20150717010739j:plain

 

にほんブログ村 映画ブログへ  1日1クリックお願いします!