読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アバウト映画公園

"ほどほどの映画好き"アバウト男が最新作から旧作まで映画の感想をゆるめに書き綴る映画ブログ!たまに気になるドラマやおすすめ映画を紹介!基本大したことは書いてない。

【感想】バクマン。 / 漫画を扱った映画としての魅力的な映像アプローチ!だけど観終わるとあっさり!?

f:id:tyler-7:20151003124637j:plain

あらすじ:優れた画力を持ちながら将来の展望もなく毎日を過ごしていた高校生の真城最高佐藤健)は、漫画原作家を志す高木秋人神木隆之介)から一緒に漫画家になろうと誘われる。当初は拒否していたものの声優志望のクラスメート亜豆美保への恋心をきっかけに、最高はプロの漫画家になることを決意。コンビを組んだ最高と秋人は週刊少年ジャンプ連載を目標に日々奮闘するが……。(シネマトゥデイ)

  

監督・脚本大根仁 原作大場つぐみ / 小畑健

キャスト:佐藤健 / 神木隆之介 / 小松菜奈 / 桐谷健太 / 新井浩文 / 皆川猿時 / 宮藤官九郎 / 山田孝之 / リリー・フランキー / 染谷将太

 

 

『漫画』を活かした映像表現!

漫画『DEATH NOTE』のコンビが自身の経験を最大限に活かし漫画家&漫画業界(ジャンプや集英社)を描いた人気漫画『バクマン。』を【モテキ】【恋の渦】の大根仁監督が実写化。原作は読んだことあって細部までは覚えてないレベルで試写にて鑑賞。

感想としては、

 
つまらなくはないし、すっーと観れちゃうだけど「面白い!」って訳でもない、なんとも『ふつー』な作品でした。

 

最初に良かったところから言うと、映画的にすごく観やすい。カット割りやストーリー展開含め安定してて、その前に【Zアイランド】を観たのもあって、「あ〜、俺映画観てるなぁ…そうそうこれこれ。」って思わされるほど身を任せてました。
 
小松菜奈を筆頭に桐谷健太・皆川猿時・新川浩文・宮藤官九郎の配役は冴えてて、特に原作ではかなり清純な亜豆美保役に小松菜奈をあてるのは「ちょっと違うんじゃないの〜?」とは思ったんだけど、制服の小松菜奈がかなりかわいくて「これはこれでアリ!」と否応なく納得させられる感じは大根さんセンスっぽい。
 
見せ方としても、漫画の絵をプロジェクション・マッピングで部屋に投影したり、メガネのレンズにアイデアが展開したり、漫画と人物のセリフがシンクロしたり、漫画のプロフィールページを上手く活かしたりと『漫画家』を題材とした映画の映像表現としては魅力的且つ相応しいアプローチで、ここに勝算があって映画化に踏み切ったんじゃないかなと。
 
映画【モテキ】を彷彿とさせる凝ったスタッフロール然り「やりたかった事が出来た!どうだ!」ってのが伝わって来た。こういう部分をもっと観たかったな、少ない!でも佐藤・神木・染谷の3人が繰り広げる殺陣のシーンは普通にダサいです。
 
 f:id:tyler-7:20151003130144j:plain
 
 

『熱さ』が売りなのにこのあっさり感

色々と良いところはあるんだけど、それをプラマイしてゼロにするくらい気になるところも多々あって。
 
やっぱり120分で収めようとするから、特に中盤までのストーリーが端折り端折りで駆け足気味なので、新人賞を取るなどの諸々のカタルシスポイントが弱くすーっと流れてっちゃう。
 
登場人物も原作からの改変で絞ってるので何とも男臭い世界で、人物同士のやり取りを活かした大根さんの得意とする胸をくすぐるドキドキさも殆ど無く青春映画としても弱い。
漫画『バクマン。』の良さって意外と人間関係のやり取りにドラマがあって面白いんだけどね。上手い監督ならもう少しそこも拾えて素敵な一作にまとめられそうなんだけどな。
『友情・努力・勝利』の少年漫画を意識した『熱さ』を売りにしていた割には意外と観終るとあっさりした印象。
 

f:id:tyler-7:20151003132701j:plain

 
話題になっていた『2人の主役のキャスト逆説』の件は思ったよりこれはこれで観れちゃうんだけど、背が低い神木くんの童貞臭と、佐藤健の怖過ぎる人斬りの眼に、果たしてこの2人で合ってたのかな〜?とは思ってしまう。
 
染谷くんも『天才』をなんとなくで演じてる染谷くんでしかなかったし、悪役というかちょっと嫌な役として描かれてましたね。これは染谷くんが役を上手く飲み込めてない感もあるけど。言っちゃえば山田孝之も中途半端な使い方も残念。
 
実写化のニュアンスとしては映画【DEATH NOTE デスノート】みたく、両手で掬った原作の面白さがぼたぼたこぼれて残った部分を観せられた感じ。「いやいや、ソレではあるけど、、なんかもったいなくね?」みたいな
 
終わり方も映画オリジナルなんだけど、ジャンプ漫画のあの作品と同じ終わり方で気が利いてるでしょ?感も沢尻エリカばりに「別に...」でしたね。つか違う漫画じゃん?
 
これだけは言えるけどサカナクションの曲は映画の雰囲気にハマってて凄く良かったです!
 
 

まとめ

良かった点

悪かった点

  • 端折り&駆け足気味でカタルシスが弱い
  • 比重を少なくした分人間ドラマが薄め
  • 佐藤・神木・染谷・山田のキャスティングと良さは周りのキャストに比べてピンと来ない

評価:★★★  普通に楽しめました。漫画に実写化でよく言えるけど、原作を知らない人の方が純粋に楽しめる作品なのかなと思う。

[ 予告編 ] 「バクマン。」予告 - YouTube

[ 映画館を探す ] 「バクマン。」の映画館(上映館)を検索 - 映画.com

 

関連&オススメ作品!

モテキ

おれは【モテキ】の方が全然好きですね、リリー・フランキーは続投ですね。

f:id:tyler-7:20140727131945j:plain

 

【恋の渦】

大根さんが監督に徹したDQN低予算映画!面白いよ。

f:id:tyler-7:20140831145044j:plain

 

DEATH NOTE デスノート

なんか映画【デスノート2016】なるものがやるらしいじゃないですか!?気になるるだけど監督が【GANTZ】の人なんだよな。

f:id:tyler-7:20151003142124j:plain

 

漫画【バクマン。】(全20巻)

やっぱり漫画が面白いぜ!!!今回女性陣がほとんど排除されてるので。。

f:id:tyler-7:20151003142354j:plain

 

 

【アバウト映画公園のアーカイブ】はこちらから↓

にほんブログ村 映画ブログへ