読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アバウト映画公園

"ほどほどの映画好き"アバウト男が最新作から旧作まで映画の感想をゆるめに書き綴る映画ブログ!たまに気になるドラマやおすすめ映画を紹介!

まとめて映画感想!第11弾『シェフ』『コンスタンティン』『モンスター上司2』など7作品!

まとめて映画感想

どうも、アバウト男です!

今回は『まとめて映画感想』になります!

今年も気が付けばあとわずか。年内にあと何本観れるんだろう。ペースでいうと去年の方が圧倒的に観ている気がするけど。相変わらずなかなかマッタリと映画が観れないくらいバタバタしてて、気になる新作を観る合間にも観たい旧作が溜まって行く一方…

いつもと同じようにそんなに書く事無いかな〜とか、観てからだいぶ経ってたりと備忘録的にパパッと感想を書いて行こうかなと思います。今回は11回目、ゆる〜く全7作品となります。

まとめて映画感想 第11弾!!!

 

正体不明 THEM 

f:id:tyler-7:20151011132936j:plain

あらすじ:2002年10月7日。ルーマニア、ブカレスト郊外。この街のフランス人学校で教師をするフランス人女性クレモンティーヌと夫で作家のリュカは、街から離れた林の中の屋敷に引っ越してきて3ヵ月が過ぎた。静かで平穏な日々を送ってきた2人だったが、その夜事態は一変する。(allcinema)

 

製作国:フランス/ルーマニア 上映時間:77分 製作年:2006年

監督:ダヴィド・モロー / ザヴィエ・パリュ

キャスト:オリヴィア・ボナミー / ミカエル・コーエン

 

おいおい、何これ…

実際にヨーロッパを震撼させた事件の実話ベースな映画ではあるんだけど、結局『遺体が見つかり、その犯人がこういう人でした』って結果だけを拾って、中身は単なる想像だけで作っているので、ひたすら正体不明の犯人に追われるだけのスカスカな内容。

犯人が追って来る→逃げる→追って来る→逃げるの繰り返しを一時間以上展開されてもだいぶ無理があるわ!

f:id:tyler-7:20151011134120j:plain

最初は「お〜、焦らすね〜」とか「結構引っ張るなぁ」なんて思ってたらそのまま終わっちゃって… いやいや、つまんねぇよ!ノンフィクションだからってさすがに甘く見ねぇぞ。

評価:★  マジつまんねぇ... ただ冒頭のじわじわと迫る恐怖演出はかなりのもの、そこで心鷲掴みにされた分そこは評価したいけど、その後からクソなのでかなりの落差でこんな感じです。

 

 

コンスタンティン

f:id:tyler-7:20151011140454j:plain

あらすじ:かつて2分間だけ自殺に成功したことで、天国行きを閉ざされたジョン・コンスタンティン(キアヌ・リーヴス)。天国に行くために自らの特殊な能力を生かして、悪魔払いのエクソシストとなるが……。(シネマトゥデイ)

 

製作国:アメリカ 上映時間:121分 製作年:2004年

監督:フランシス・ローレンス 脚本:ケビン・ブロドビン / フランク・カペロ

キャスト:キアヌ・リーヴスレイチェル・ワイズジャイモン・フンスーシア・ラブーフマックス・ベイカープルイット・テイラー・ビンスティルダ・スウィントン 他

 

あら、今観たら魅力的!?

テレビ放送で2度目の鑑賞。昔観た時はいまいちピンと来なかったんだけど、今観たら面白い作品でしたね!

ヘビースモーカーで肺がんな悪魔払いの主人公:コンスタンティンと天国と地獄。ウェズリー・スナイプスの【ブレイド】がウァンパイアの世界を楽しませてくれたように、色々と興味深く構築された天使が出て来る現世や地獄なる世界観をビジュアルで楽しませてくれた。

f:id:tyler-7:20151011141103j:plain

中でも地獄のボス:サタンの服装が白のスーツだったり、天使:ガブリエルの格好やコンスタンティンのコートもキャラクターのアイコンとして良いセンス。物語的なエンジン掛かるのが遅くて結構スローなので、あとこっから一時間半くらい観たいですね。

評価:★★★  普通に楽しめました。公開してからだいぶ経つけど続編やってくれないかな〜!マジで。

 

 

グリーン・ランタン

f:id:tyler-7:20151011142903j:plain

あらすじ:見習いパイロットのハル(ライアン・レイノルズ)はある日、リングのパワーに導かれ、「グリーン・ランタン」のメンバーとなる。自信家の彼も、当初は宇宙最強の武器とうわさされるパワーリングの力と宇宙の番人役としての務めに戸惑っていた。だが、恋人(ブレイク・ライヴリー)や仲間を守るため、戦いに身を投じていく。(シネマトゥデイ)

 

製作国:アメリカ 上映時間:114分 製作年:2011年

監督:マーティン・キャンベル

脚本・原案:グレッグ・バーランティ / マイケル・グリーン / マーク・グッゲンハイム

キャスト:ライアン・レイノルズ / ブレイク・ライヴリー / マーク・ストロング / ピーター・サースガード / ティム・ロビンス / テムエラ・モリソン / タイカ・ワイティティ / アンジェラ・バセット 他

 

なんかぁ... 全体的にダサい

予告編からだいぶ面白そうなマーベル・コミックの実写【デッドプール】の主演が決まったライアン・レイノルズの黒歴史的な評価低めの本作【グリーン・ランタン】をHuluでどんなもんかと鑑賞しました!【コンスタンティン】と同じくDCコミックの実写化です。 

主人公:ハルの緑のコスチュームや指輪とランタンのキーアイテム、宇宙警備隊『グリーン・ランタン』の連中の見た目に、敵キャラ然り、パンチの無いストーリー&勝負シーン諸々… ぶっちゃけるとALLダサい!!!

「こりゃカッコイイ!」って部分が見当たらないってのはある意味凄いなと。ダサカッコイイB級映画としてはアリなのか?!

f:id:tyler-7:20151011143642j:plain

でも『意志の強さをパワーに変え、想像したものを具現化してそれを駆使して戦う』っていう能力は美味しい要素ですね!それに宇宙全域で3600人もいるグリーン・ランタンっていう宇宙警察機構なる『正義の集団』は話によっては面白く出来そう。 

次回作をガンガン匂わせて終わったけど、多分この出来からして無さそうだよね。いっそのことリブートして欲しいな〜。ライアン・レイノルズ自体があんまりカッコ良くないからなぁ〜、例えばライアン・ゴズリングとかなら様になりそう!元から強そうに見えちゃうけど。

評価:★★  うーん、イマイチ... マーベルに押されてるDCコミックの実写は『バットマン』シリーズ位しかパッとしないけど、バッドマンの適役が集うデヴィッド・エアー監督作の【スーサイド・スクワッド】はかなり面白そう。

 

 

シェフ 三ツ星フードトラック始めました

f:id:tyler-7:20151011145431j:plain

あらすじ:一流レストランの料理人カール・キャスパー(ジョン・ファヴロー)はオーナー(ダスティン・ホフマン)と衝突。創造性に欠ける料理を作ることを拒み、店を辞めてしまう。マイアミに行ったカールは、とてもおいしいキューバサンドイッチと出会い、元妻(ソフィア・ベルガラ)や友人(ジョン・レグイザモ)、息子(エムジェイ・アンソニー)らとフードトラックでサンドイッチの移動販売を始めることにする。(シネマトゥデイ)

 

製作国:アメリカ 上映時間:115分 製作年:2014年

製作・監督・脚本:ジョンファブロー

キャスト:ジョン・ファヴロー / ダスティン・ホフマン / ロバート・ダウニー・Jr / スカーレット・ヨハンソン / ソフィア・ベルガラ / ジョン・レグイザモ / エムジェイ・アンソニー 他

 

面白いし!腹も減るし!

【アイアンマン】の監督:ジョン・ファブローがアイアンマンを降りて撮りたいもの撮った、周りの評判もすこぶる良かった本作をやっと鑑賞。飯はもちろんのこと美味そうで、時に笑えて時にホッコリ、全体的に優しい映画でしたね。

f:id:tyler-7:20151011145829j:plain 

長らく仕切っていた一流レストランの料理長を辞め、道ばたでサンドイッチを売るフードトラックを始めるって話なんだけど。どん底って感じがなく『逆境』を根のポジティブさと自分のポテンシャルを信じ、仲間の協力を得て乗り越えて行く。自分が良いなと思ってるものを押さえつけられてる感じは仕事してて分かるなぁ。

体格や腕のタトゥー然りジョン・ファブローの説得力あるトラック店主&親父感が凄くハマっててイイなと。写真を一緒に撮ってあげるくだりとか合間合間に人の良さが滲み出ている。ジョン・レグイザモ演じるマーティンのここぞという時に信じれる部下でありダチっぽさもこの作品の良さに一役買ってる。

この作品、ジョン・ファブロー自身の監督としての立場も重ねてるんだろうし、親と子との昔ながらのアナログな繋がりと、SNSのデジタル的な繋がりのバランスも上手く、陽気な音楽に乗ってとても安心して観れました。全体的に良かったけど、最後サラッと終わったのには少々驚いたかな、軽めというか急かされた感じ。

評価:★★★★  結構良かったぜ! 『自分を信じて好きな事をやって行く!』ってのを、面と向かって映画に落とし込んでくれた姿勢が良いっすね。

 

 

ラン・オール・ナイト

f:id:tyler-7:20151011151733j:plain

あらすじ:ブルックリンのマフィアのもとで暗躍するすご腕の殺し屋ジミー・コンロン(リーアム・ニーソン)は、命を狙われた息子を救うため相手を亡き者にする。ところが相手がマフィアのボスで親友ショーン(エド・ハリス)の息子だったため、復讐に燃えるショーンはジミーと彼の息子を殺すことを宣言。ジミー父子は、組織や金で買われた警察が包囲網を張り巡らせたニューヨークで、迫り来る追手を必死に振り切ろうとするが……。(シネマトゥデイ)

 

製作国:アメリカ 上映時間:114分 製作年:2015年

監督:ジャウマ・コレット=セラ 脚本:ブラッド・イングルスビー

キャスト:リーアム・ニーソン / ジョエル・キナマン / ヴィンセント・ドノフリオ / エド・ハリス / コモン 他 

 

またこの手のやつなんだ...

この作品は【96時間】みたく娘を誘拐されて『自ら赴く』方じゃなくて、ヤバい奴(親友)の息子を致し方なく殺してしまった事で、その復讐を『迎え撃つ』リーアム・ニーソン映画。

f:id:tyler-7:20151012115331j:plain

物語のキッカケの入り方としては『誘拐』されるよりは飲み込みやすいけど、中身の方はちょいマッタリ且つ薄味で印象に残りずらい、やってるような事は割りと似たようなもので。最後の親友とのおじさんバトルもあっさり。

中盤の八方塞がり感と1人コモン演じるヒットマンを導入したところは良かったね。あと場所移動のゲーム的な見せ方はかっこ良かった。

評価:★★  うーん、イマイチ... もうこの手の強い親父のリーアム・ニーソンは正直飽きたなぁ。【サード・パーソン】的な使い方はアリだと思います!

 

 

モンスター上司2

f:id:tyler-7:20151012120550j:plain

あらすじ:前作で憎き上司から解放されたニック、デール、カートの三人は、独立して起業することを決意する。だが、悪徳投資家であるハンソン親子に騙された三人は、全財産を失ってしまう。そこで、前回の騒動でもアドバイスをもらったディーンに相談したところ、彼はハンソンの息子レックスの誘拐を提案する。(wikipedia)

 

製作国:アメリカ 上映時間:114分 製作年:2014年

監督:ショーン・アンダース 脚本:ショーン・アンダース /ジョン・モリス

キャスト: ジェイソン・ベイトマン / ジェイソン・サダイキス / チャーリー・デイ / ジェニファー・アニストン / ケヴィン・スペイシー / ジェイミー・フォックス / クリス・パイン / クリストフ・ヴァルツン 他

 

バカだなぁ〜!!!

前作のモンスター上司を代理殺人しようと企むスタンスからちょっと変えてきて、あの登場人物とアクの強い新キャラを加えまた別のコメディを撮ったような2作目。【ハングオーバー!】ばりに良い歳の迎えたトリオが織りなすバカコメディ映画としてのスタンスはそのまま。

f:id:tyler-7:20151012121201j:plain

ジェイソン・ベイトマン演じるニックの安定さ相変わらずなんだけど、他の2人は「え、こんなアホだった?!」ってイラつくぐらいどうしようもなくて、この辺は1作目と監督が違うので演出の塩梅なんだろうけど。くだらなさ込みで結構キてましたね。

新キャラで経営者のクリストフ・ヴァルツとそのバカ息子役のクリス・パインは2人ともキャラが立ってて、関わってしまったお前らが悪いと言わんばかりの違うタイプの言葉が通じないヤツで。それに名前で笑ってしまうジェイミー・フォックスもいい役所で続投!美味しいキャラです。

全体的には前作の方が内容が明確で面白かったけど、これの前に品川ヒロシ監督作【Zアイランド】を観てたので、その分かなり笑えました。こういう映画を観て映画のコメディを学んで欲しいですね。やっぱり映画は『お笑い』じゃなく『コメディ』が笑えるんだなと。

評価:★★★  普通に楽しめました。もし観るんでであれば、人物の関係性とかあるので一作目は観ておいた方が良いと思います!

 

 

ロンドンゾンビ紀行

f:id:tyler-7:20150929022806j:plain

あらすじ:不況のあおりを受けて、祖父のレイ(アラン・フォード)が入居する老人ホーム「ボウ・ベル」が閉鎖されるのを知ったテリー(ラスムス・ハーディカー)とアンディ(ハリー・トレッダウェイ)の兄弟。ホームと祖父たちを救う資金を稼ごうと銀行強盗をもくろむが、なぜかゾンビが大量に出現してロンドンは大パニックに。祖父の身を心配するテリーたちだが、その予感は的中。ボウ・ベルにもおびただしい数のゾンビが押し寄せており、レイやほかの入居者たちが壮絶なサバイバルを繰り広げようとしていた。(シネマトゥデイ)

 

製作国:イギリス 上映時間:88分 製作年:2012年

監督:マティアス・ヘイニー 脚本:ジェームズ・モラン

キャスト: アラン・フォードハリー・トレッダウェイ / ミシェル・ライアン / ラスムス・ハーディカー / オナー・ブラックマン 他

 

んん〜、そうでもねえ...

もっと予告のテイストから【ゾンビランド】みたく『ゾンビ・コメディ』として笑かしてくれるのかと思ったんだけど、思ったよりコメディ色は強くなくて、老人をガッツリ絡ました割りと真っ当なゾンビ映画でした。

軽快な音楽とグラフィック処理の効いたオープニングはアガるし、ゾンビ出現のキッカケからゾンビが広まるまで、人物関係も諸々丁寧に描かれて期待させてくれたんだけど。。

f:id:tyler-7:20151013014130j:plain老人を扱うからゾンビもノロくした分ハラハラやドキドキは無く、逃げ切るカタルシス然りゾンビ映画としてはなんか弱い。展開もマッタリしてるので『ゾンビ映画の開始一時間』くらいの内容で終わっちゃって、それじゃ物足りないよ!

ジジイとババアの血みどろな熱いドラマを見せろよ!老人が若者と一緒に銃をぶっ放すところで満足してる感じですね。

評価:★★  うーん、イマイチ... すごい惜しいですね!一緒に行動していた若者が全てゾンビになってそれを老人達がぶっ殺して、生き残ったのは老人だけ…とかだったらまだそれなりに評価出来たけど。

 

 

この中でオススメ:好き順はこちら!

  1. シェフ 三ツ星フードトラック始めました
  2. コンスタンティン
  3. モンスター上司2
  4. ラン・オール・ナイト
  5. ロンドンゾンビ紀行
  6. グリーン・ランタン
  7. 正体不明 THEM

 

1位は観ててホッコリした気分になれる【シェフ 三ツ星フードトラック始めました】ですね。普段料理しない自分も「料理できる男ってイイな!」と思わせてくれる作品でした。料理男子にならなければ。

2位はバリバリのアクション映画【ジョン・ウィック】の公開を控えたキアヌ・リーヴス主演の【コンスタンティン】で、3位は何も考えずに観れる【モンスター上司2】です。正直4位以下は観なくても良いかなと思います。

是非個人的には【グリーン・ランタン】をリブートして欲しい! 

にほんブログ村 映画ブログへ