アバウト映画公園

"ほどほどの映画好き"アバウト男が最新作から旧作まで映画の感想をゆるめに書き綴る映画ブログ!たまに気になるドラマやおすすめ映画を紹介!基本大したことは書いてない。

【企画】ファイナル・デスティネーションのシリーズ5作品がテレビ放送されてたので一気に観てみた

どうもアバウト男です、今回は企画モノになります。

タイトルのままですが、あの人気ホラーシリーズ【ファイナル・デスティネーション】シリーズ5作品がテレビ放送されてたので、久しぶりに一気に観ました。観てからだいぶ経っていますがざっと観た順に感想を書いて行こうかなと思います。基本全作過去に観てるので再鑑賞となります。

 

ザックリとした【ファイナル・デスティネーション】シリーズの説明。

主人公が、友達や自身も巻き込まれる凄惨な大事故の予知夢を観て、直後実際に事故が起きる。予期して事故から逃れた主人公とその一行がその後次々と『死』に纏われ付くように運命的に死んでいく。『死』から逃れるために奮闘するホラー映画と言ったところです。

シリーズの構成はほぼ同じ、メンツとシチュエーションが作品によって変わるだけで、それぞれ単体で楽しめます。

 

5作品の感想はこちら

デッドコースター【2作目】

f:id:tyler-7:20151121115201j:plain

あらすじ:友人と旅行に出かけたキンバリー(A・J・クック)は、凄惨なハイウェイ事故の予知夢を見る。予感どおり大惨事が起きるが、予知夢で死ぬはずだった内の8人が奇跡的に生き残る。辛くも死を免れた彼らだったが、次々と不審な死を遂げていく……。(シネマトゥデイ)

 

製作国:アメリカ 上映時間:90分 製作年:2003年

監督:デヴィッド・R・エリス

キャスト:A・J・クック / アリ・ラーター / マイケル・ランデス / トニー・トッド / T・C・カーソン / ジョナサン・チェリー / リンダ・ボイド / デヴイッド・ペッカー 等

f:id:tyler-7:20151121120619j:plain

 

やっぱりテレビ版はヌルいーー!!!

録画していたため自分の中では印象が良かった2作目を一番はじめに再鑑賞。本作を観たのはこれで3回目になるのかな。厳密にはどこまで写ってたかは覚えてないけど、やっぱりテレビ版は肝心のグロ描写を削っているのでヌルい!!ルイヌーですよ!

ここは一番のマイナスポイントであり地上波で流す以上は避けて通れない問題のかなとも思いつつ、これを観るくらいならレンタルでお金出してちゃんと映ってるヤツ観た方が断然いいですね。

 

このシリーズ、冒頭のよくぞ考えてくれた!と唸る『事故による運命的な大規模殺戮ショー』の魅力もさる事ながら、死から逃れた一人一人を『死のピラゴラスイッチ』でジリジリと意地悪に観客を挑発し楽しませてくれる素敵なフォーマットを構築した映画なので、見直すたびにだんだんと刺激は少なめに… それも仕方が無いことなんだけど。

この2作目は1作目から上手い具合に引き継ぎ&咀嚼しパワーアップしているので、シリーズの中でもかなり良い方だとは思います。何と言っても冒頭の大事故シーンは本当に素晴らしい!

 

ぶっ飛んだ映画なんだけど、あながち実生活で無くはないかもなと思わせる事故設定が好きで『運命』や『死』、はたまた【デスノート】よりも『死神』の存在を感じされてくれる面白い作品ですね。

再鑑賞評価:★★★  初見時評価:★★★★

 

  

ファイナル・デスティネーション【1作目】 

f:id:tyler-7:20151121121843j:plain

あらすじ:高校生のアレックス(デヴォン・サワ)は、修学旅行でフランスへ向かう飛行機の中で急に不吉な予感に襲われる。パニックに陥ったアレックスは、親友トッド(チャド・E・ドネーラ)と共に飛行を降りる。その直後、恐ろしい爆発音が……。(シネマトゥデイ)

 

製作国:アメリカ 上映時間:98分 製作年:2000年

監督:ジェームス・ウォン

キャスト:デヴォン・サワ / アリ・ラーター / カー・スミス / クリステン・クローク / ダニエル・ローバック / アマンダ・デトマー / トニー・トッド / ショーン・ウィリアム・スコット / チャド・E・ドネッラ 等

f:id:tyler-7:20151121160549j:plain

 

死神との闘いのはじまり

この記念すべき1作目は、飛行機に乗るのがホント怖くなるトラウマ映画。冒頭の掴みのショック展開だけでも入りとしては秀逸。

2作目を観た流れで今この作品を改めて観ると、死神の存在や死のルールに気付いて死神に真っ向勝負を挑んだ青年の勇姿を写した映画だなと。

ホラーというより同級生や先生を死から救おうと唯一の理解者と共に奮闘する、シリーズの中でも一番ストーリー重視な作品だなと感じた。なので特有の意地悪なジリジリ感は意外と少なくて、死のスピードが容赦ない!

2作目は唯一の生き残りの理解者だった子が参戦するので、より遡って観たことでこの根本の1作目が非常に熱かった。終わり方も最高ですね!

再鑑賞評価:★★★  初見時評価:★★★★

 

 

ファイナル・デッドコースター【3作目】 

f:id:tyler-7:20151121160757j:plain

あらすじ:ウェンディ(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)は、高校の卒業イベントでアミューズメント・パークを訪れた。ジェットコースターに乗り込んだ彼女は、乗っているジェットコースターが事故でクラッシュする予知夢を見てパニックになる。隣に座っていた友人のケヴィン(ライアン・メリマン)とともに乗車を拒否した後、実際に事故が起きて乗客全員が死亡した。(シネマトゥデイ)

 

製作国:アメリカ 上映時間:93分 製作年:2006年

監督:ジェームス・ウォン

キャスト:メアリー・エリザベス・ウィンステッド / ライアン・メリマン / クリス・レムシュ / アレックス・ジョンソン / サム・イーストン / アマンダ・クルー / テキサス・バトル / シャーラン・シモンズクリスタル・ロウ 等

f:id:tyler-7:20151121161125j:plain

 

完全にトーンダウン... でも名シーンも

物語の登場人物を完全にリセットして、再度1作目のジェームズ・ウォンが監督を務めたシリーズ3作品目。

このシリーズの売りとなる冒頭の『運命的な事故による大殺戮ショー』が相当しょっぱくて、設定としては面白そうだけど、ジェットコースターで数人の死を魅力的に見せるのは無理があるかな…と完全なるチョイスミス?

もはやこの作品自体が【SAW】シリーズばりにどう殺すかのみが楽しくなり、そこに観客の作品に対してのマンネリ感と刺激慣れで、なんだかもの凄くイマイチな印象。。それなりにテレビ放送としてエグいシーンを流してたけど物足りたい。 

ただ2つの日焼けマシーンから2つの棺桶への場面切り替えは最高!!!そこはこのシリーズの中でもかなりの名シーンではないだろうか。

再鑑賞評価:★★  初見時評価:★★★

 

 

 

ファイナル・デッドサーキット 3D【4作目】 

f:id:tyler-7:20151121161940j:plain

あらすじ:ガールフレンドのロリ(シャンテル・ヴァンサンテン)ら友人たちと訪れていたサーキット場で、レースカーがクラッシュして炎上し、会場が惨劇の舞台になるという予知夢を見たニック(ボビー・カンポ)。周りにいた数名とともにサーキットを離れ、難を逃れたニックたちだったが、死の運命を免れることはできず……。(シネマトゥデイ)

 

製作国:アメリカ 上映時間:84分 製作年:2009年

監督:デヴィッド・R・エリス

キャスト:ボビー・カンポ / シャンテル・ヴァンサンテン / ヘイリー・ウェブ / ニック・ザーノ / ミケルティ・ウィリアムソン / クリスタ・アレン 等

f:id:tyler-7:20151121162607j:plain

 

オープニングはGOOD! 3D効果なし

良作だった2作目の監督が担当した4作目を3Dじゃないテレビ版で再見。2だか4だか3だかよく分からん。

今回もなかなかグロシーンがカットされていたのでその点はダメでした。『死のピラゴラスイッチ』的なじわじわなやり取りも若干マンネリというよりむしろ投げやりというかやっつけで残念。監督が3Dの方に頭が行き過ぎているのか、その辺りがかなり疎かでしたね。

その中でも美容院で起きる2児のママのくだりの『ざまぁ感』は良かったけどそれくらいかな。壊れたエスカレーターなんかも絶妙なチョイスではあるけど、流れの中のオマケ的な見せ方なのでもったいない。

 

オープニングと終わりで見れる過去作の様々な痛い死に方をレントゲン風に見せるとこは素直にカッコ良かったですね!またあの悪夢の時間が始まるんだなとアゲさせてくれる。

あとは3D用の演出だなって部分もあるので、そこは完全にテレビ向きでは無いです。やっぱりこういうのは劇場で3Dで観るのが最善ですね。

再鑑賞評価:★★  初見時評価:★★★

 

 

ファイナル・デッドブリッジ【5作目】 

f:id:tyler-7:20151121165323j:plain

あらすじ:巨大つり橋の崩落事故を予知したサム(ニコラス・ダゴスト)。予知は現実となり、橋が崩壊して上司や同僚たちが命を落としていくが、サムによって8人が難から逃れる。しかし、彼らは犠牲になった人の葬儀で会った男から「死神は決してだまされない」と宣告され、死の恐怖におびえることに……。(シネマトゥデイ)

 

製作国:アメリカ 上映時間:92分 製作年:2011年

監督:スティーヴン・クエイル

キャスト:ニコラス・ダゴスト / エマ・ベル / マイルズ・フィッシャー / アーレン・エスカーペタ / トニー・トッドン 等 

f:id:tyler-7:20151121165937j:plain

  

マンネリ打破!ルール破り!完結!?

ペラペラだったり3作目・4作目から軽く盛り返した5作目。監督をジェームス・ウォンとデヴィッド・R・エリスが交互に担当してたんだけど、本作はこのマンネリ感を打破するべく後に近年のディザスタームービーの良作【イントゥ・ザ・ストーム】を撮るスティーヴン・クエイルが務めた。

冒頭の橋での大事故のシーンは久々にド派手だったし、死のピラゴラスイッチのジワジワ感も良かった。このシリーズ歯医者、日焼けサロン、美容院と来て今回はレーシックって良い場所チョイスするよな〜、日常的に事故が起こらんでもないところが恐怖をさらに膨らます。そこに前作のレントゲンに引き続き、ガラスを活かしたカッコいいオープニング映像も好感が持てる、求めているところを分かっているなと。

なんだけど、1作目のドラマ重視に今回は寄せて来ているんだけど、死神無視で仲間同士に敵意が向いちゃう展開は普通になっちゃうから、あんまり好きじゃなかったな。

 

3年に一度新作が作られるルールがこの作品で破られちゃったのは実質、GOOD!な終盤の展開も含めて『完結』した?ってことで、敢えてルールを破ったのかな。ここで一先ずケリをつけたと言うか。

振り返るとこのシリーズは連続で観るもんじゃないですね。『死のピラゴラスイッチ』シーンの有り難みとかどんどん無くなっていくので、作られたスパンを考えると3年に1度のお楽しみペースがいいなと思いました。

再鑑賞評価:★★★ 初見時評価:★★★

 

何も考えずに観れて、ちょっとした刺激が欲しいなって人には最適なシリーズだと思います。【クライモリ】シリーズも好きだけど、それよりはこっちの方が好きかな。

実際に起こったらめちゃくちゃ嫌だけど。。ありがとうファイナル・デスティネーション!

 

関連&オススメ作品!

セルラー

2作目と4作目を撮ったデヴィッド・R・エリス監督作。まだ【キャプテン・アメリカ】で有名になる前のクリス・エヴァンスが活躍する誘拐モノの良作です。

セルラー [DVD]

セルラー [DVD]

 

ドラゴンボール EVOLUTION

1作目と3作目を撮ったジェームス・ウォン監督作。ってかこの人が監督だったってことを完全に忘れてました。観てないけどオススメはしません。3作目の【ファイナル・デッドコースター】を撮った次作がこのドラゴンボールの実写で、これ以降は映画撮ってないみたいです。。怖い。

ドラゴンボール EVOLUTION (特別編) [DVD]

ドラゴンボール EVOLUTION (特別編) [DVD]

 

イントゥ・ザ・ストーム

5作目のスティーヴン・クエイル監督作。【ツイスター】を軽く越えていった竜巻映画。まだ観てない方、観る価値ありますよ!

イントゥ・ザ・ストーム [Blu-ray]

イントゥ・ザ・ストーム [Blu-ray]

 

にほんブログ村 映画ブログへ