アバウト映画公園

"ほどほどの映画好き"アバウト男が最新作から旧作まで映画の感想をゆるめに書き綴る映画ブログ!たまに気になるドラマやおすすめ映画を紹介!基本大したことは書いてない。

【感想】ピンクとグレー / 納得の『62分後の衝撃』!!! …なんだけどこれって中盤で完結してね?!

f:id:tyler-7:20160118003234j:plain

あらすじ:知名度のほとんどない俳優・河田大貴(菅田将暉)は、少年時代から友情を深めてきた人気俳優、白木蓮吾(中島裕翔)が急死したことで一躍世間の注目の的に。白木はなぜこの世を去ったのか。自ら命を絶ったのか他殺なのか。混沌とした状況の中、河田は……。(シネマトゥデイ)

 

製作国:日本 上映時間:119分 製作年:2015年

監督:行定勲 原作:加藤シゲアキ

キャスト:中島裕翔 / 菅田将暉夏帆 / 岸井ゆきの / 柳楽優弥 等

 

これって70分で完結してる?!

原作:NEWSの加藤シゲアキ、監督:行定勲、『62分後の衝撃』、菅田将暉夏帆が出演、のキーワードといくつかの好評をチラホラと聞き観に行った【ピンクとグレー】。やっぱり邦画にはどこかしらに淡い期待を抱いてて去年の【ソロモンの偽証】のリベンジも兼ねて鑑賞。今年初邦画の感想は、

 

面白い!!! とは行かなかった…

大枠は話は、幼馴染のリバ(河田大貴)とゴッチ(白木蓮吾)はある日街中でスカウトされ芸能界入りする。ゴッチだけがあれよあれよと売れて行き瞬く間にスターになり、そして自殺した… 

f:id:tyler-7:20160123105840j:plain

ネタバレの無いように感想を言うとザックリになってしまうけど、1つの推しであろう中盤の『衝撃』の部分は、割と素直に驚かされたし面白いなと思った。この手の仕掛けはたまに見かけるけど、そこにワンスパイス加えられてる感じ。

ここは加藤シゲアキくんの映画好きが伺える。仕掛けの部分だけを取り出せば【ピエロがお前を嘲笑う】のラストよりは驚きました。

 

なんですが、この映画はその仕掛けが発動した時点から+8分くらいの約70分くらいで実は完結してるというか、その後の展開は別に必要無いかなと。

後半からは「んん… 果たしてこの話はどこに向かってるのかな…?」な彷徨い感と淡白さで『仕掛け』の余力でダラダラとゴールへ向かい、菅田将暉の演技で加速するのか?!と思いきや、力尽きちゃいました。

しかもそのラストのゴールが『不確かなもの』として締めくくられる終わり方を見ると、行定監督自体が彷徨って上手く乗りこなせてないような、見るからに原作どうこうよりも行定さんの力不足に感じちゃいました。

 

なんか全体的にスッキリしない

菅田将暉夏帆ちゃんの演技は安定して良かったです。特に制服の夏帆ちゃん可愛い!ドラマ【みんな!エスパーだよ!】の出演以降、振り切りぶりが良い形で出てる気がしますね。

映画初出演で主演の中島くんも難しい役だけど頑張ってました。ただ【君が生きた証】をその前に観たのもあって歌のシーンはクソダサかった。知らなかったんだけど彼はHey! Say! JUMPのメンバーなんですね。 

f:id:tyler-7:20160123105949j:plain

 

本作、全体的にあんまり上手くないなと思いました。前半繰り広げられる表層的でベタな青春描写や、途中出てくる安っぽいミュージックビデオなどのちょっとしたディテールの甘さ含め、今回『仕掛け』のために「敢えて甘めにやっている」って逃げられる部分もあるけど。

そこが逃げられても、『仕掛け』以降の話の彷徨い感や、ラストの不確かな真相とそこまでの行き当たりバッタリな話運び、後半の夏帆のやり過ぎキャラ演出に、柳楽優弥の説得力の無さなんかを見ると、とても敢えてとは言えない。

行定監督が観に来るであろうジャニーズ好きな若い子向けにレベルを落としてるのかな?とか、それともこのレベルで充分だろうと怠けてるのか? または『見せる/見せない』『やらせる/やらせない』のセレクトとジャッジのセンスが偏ってんのか?とか、 観てて終始ノイズが多くてスッキリとしなかったです。

 

あと余談というか、後半唐突に入る一見さんお断りの部屋、あぁいう部屋は実際にあるんでしょうね。あそこのシーン以外は観客も思い描ける程度の芸能界なんだけど、あそこだけ妙に浮きだってて異質でそれ故リアル。きっと加藤シゲアキくんか行定勲監督のどっちかが好きで通ってるんじゃないかなと思ってます。

 

まとめ

良かった点

  • 推しの『62後の仕掛け』は驚いた
  • 菅田将暉の安定感と夏帆の可愛さとファックシーン
悪かった点
  • 前半のあか抜けなさ過ぎるベタな青春描写 ( ここは敢えてっぽいけど )
  • 『仕掛け』以降の話の彷徨い感と淡白さ
  • ノイズ多めで全体的にすっきりしない

評価:★★  うーん、イマイチ...

ちょっと期待したよりは下回っちゃいましたね。【ソロモンの偽証】のリベンジは出来ませんでした。【パレード】もパッとしなかったし、尚かつ本作もそんな感じだったので、行定監督だからってもう惹かれなくなりました。

こんなこと言ったら元も子もないけど、62分後の仕掛け+8分の70分くらいで劇場を出た方がまだ作品としての評価が良いような気がする。

[ 予告編 ] 映画『ピンクとグレー』予告編 - YouTube

[ 映画館を探す ]「ピンクとグレー」の映画館(上映館)を検索 - 映画.com

 

関連&オススメ作品! 

【パレード】

行定監督でミステリーっぽいと言えばこの作品を思い出す。キャストは豪華だけどパッとしなかったな。

f:id:tyler-7:20160123112604j:plain

 

【GO】

行定監督で好きな作品、脚本はクドカンだったのか。絶頂期の窪塚洋介が納められている!

f:id:tyler-7:20160123112622j:plain

 

ロックンロールミシン

この作品も行定監督作の中では好き。今では見る事の出来ない女優:りょうが凄く魅力的に映る。夏にふと観なくなる。

f:id:tyler-7:20150731020355j:plain

 

【ピエロがお前を嘲笑う】

ここ最近の『仕掛け』推しだった意欲作。ハードルを自ら上げることで客はそれなりに呼び込めるけど、満足させるのはやっぱ難しいよな。

f:id:tyler-7:20160123112933j:plain

 

 

【アバウト映画公園のアーカイブ】はこちらから↓

にほんブログ村 映画ブログへ