読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アバウト映画公園

"ほどほどの映画好き"アバウト男が最新作から旧作まで映画の感想をゆるめに書き綴る映画ブログ!たまに気になるドラマやおすすめ映画を紹介!

【感想】天空の蜂 / モックンが引き締める!「邦画でもやったろー!」な気合いは伝わって来る一作!

邦画 【タ行】 邦画 評価:★★★

f:id:tyler-7:20160408031136j:plain

あらすじ:1995年夏、愛知県の錦重工業小牧工場から防衛庁へ納品する最新の設備を搭載したヘリコプターが、正体不明の人物によって奪われてしまう。やがて遠隔操作されたヘリは稼働中の高速増殖炉の上空でホバリングを開始し、テロリストが日本全国の原発停止を求める犯行声明を出す。さらに、ヘリ内に子供がいることがわかり……。(シネマトゥデイ)

 

製作国:日本 上映時間:138分 製作年:2015年

監督:堤幸彦 原作:東野圭吾 脚本:楠野一郎

キャスト:江口洋介本木雅弘仲間由紀恵綾野剛國村隼柄本明石橋蓮司佐藤二朗向井理光石研竹中直人 / やべきょうすけ / 手塚とおる / 永瀬匡 / 松島花 / 落合モトキ / 石橋けい

 

モックンの力でそれなりな作品に!

東野圭吾が1995年に発表した傑作小説を、堤幸彦監督が映画化した【天空の蜂】。堤監督作なのでそこまで期待してなかったんだけど、公開当時の巷の評判がそんなに悪くなかったのを思い出しレンタルにて鑑賞。

 
日本屈指の巨大ヘリがテロリストに遠隔操作で乗っ取られ、要求を飲まなければ原発にヘリを墜落させると脅されるサスペンス。
確かに「これは、どうなるんだ?!」的な引っ張りの連続で、それなりに楽しめました!犯人は誰だ?動機は?というような真相解明よりも、どっちかと言うと「どうする...?」「こうする!!」のハラハラ展開で持ってくタイプの作品。
 

f:id:tyler-7:20160408031747j:plain

現代の原発問題に掛けて20年前に出版された原作を引っ張り出し「邦画でもやったろー!」的な気合いはひしひしと伝わる。冷めかねない小ネタやダサい演出を挟み込む近年の堤幸彦節もかなり抑えめ。

やっぱり震災以降、原発の危険性を身近に感じたからこそ上手く活きた原作だし、このタイミングで実写化する意義もあると思う。

 
キャストで言うとモックン(本木雅弘)の存在が良かった!何か一物抱えてたようなミステリアスさと表情の鋭さ、いるだけで画面や作品全体が引き締まるというか。彼がいなかったらもう観ていられなかった。
汗臭い綾野剛の使い方も自然で、役の当て方としてはGOOD!でしたね。
 
それと対照的に、撮り順を上手く掴めてないように見えてしまう江口洋介の感情チグハグな熱血演技は、モックンと相対する存在としてなんだろうけど、それにしてももう少しシリアスに演じて欲しかった。江口さんやり過ぎで若干松岡修造とダブるよ〜。
その江口さんに加えて、ごくせんやTRICK以外にも普通のOLも演じられます!と言わんばかりの取って付けたような仲間由紀恵の出演とが、完全にモックンと綾野剛の好演を相殺していました、ある意味バランスを取っている…
 

f:id:tyler-7:20160408031804j:plain

未曾有の大惨事になり兼ねない事態が起きてるのに、世間的なパニックや危機感が弱めな点、乗っとられるヘリにヘリの開発責任者の子供がたまたま乗り合わせてしまう現実味の無さ、そもそも乗っ取られるセキュリティの甘さ、ちょっと飛躍しすぎな真犯人の動機、綾野剛の警官ぶっ刺しといて、何でそこは自分の指切り落とすんだよ?みたいな気になる点は多々あるんだけど、ここ最近の堤さんの作品では時間のわりにさらっと観れました。
イニシエーション・ラブ】より全然面白いよ。ピークは冒頭のタイトルが出るところかなかな、あそこはここ最近のタイトル出しの中でも痺れましたね!
 
 

まとめ

良かった点

  • 長いわりにはさらっと観れた
  • 作品を引き締めるモックンの存在
  • タイトル出しのかっこよさ

悪かった点

  • 江口洋介の一人テンションが浮いている熱血演技
  • ノイズとなる気になる点多々

評価:★★★  普通に楽しめました。【言の葉の庭】の時も良かったけど秦基博が歌う主題歌『Q&A』が映画の熱にハマってて良かったですね!

[ 予告編 ]

 

関連&オススメ作品!

イニシエーション・ラブ
堤幸彦監督の1つ前の作品。この作品も小説の映画化、かなりコテコテな堤幸彦演出がキツい一作。

f:id:tyler-7:20151225043014j:plain

 

溺れる魚

堤幸彦にまだ【ケイゾク】や【池袋ウエストゲートパーク】の頃のセンスが保たれた2001年の映画。キャストが椎名桔平窪塚洋介仲間由紀恵/IZAM/渡辺謙と熱い。もう忘れちゃったから改めて観直したい。堤幸彦監督作の映画の中ではかなり好印象。

f:id:tyler-7:20160408035516j:plain

 

g@me.

東野圭吾原作&仲間由紀恵で思い出したラブ・サスペンス、もう一人の主演は藤木直人狂言誘拐から恋に落ちる。そういえばこの作品にもIZAM出てたな。期待しなければそれなりに楽しめる。

f:id:tyler-7:20160408035542j:plain

 

【アバウト映画公園のアーカイブ】はこちらから↓

にほんブログ村 映画ブログへ