読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アバウト映画公園

"ほどほどの映画好き"アバウト男が最新作から旧作まで映画の感想をゆるめに書き綴る映画ブログ!たまに気になるドラマやおすすめ映画を紹介!基本大したことは書いてない。

【感想】レヴェナント:蘇えりし者 / 大自然の気迫がダイレクトに伝わる魂のこもった一作!!!

f:id:tyler-7:20160429003929j:plain

あらすじ:アメリカ西部の原野、ハンターのヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)は狩猟の最中に熊の襲撃を受けて瀕死の重傷を負うが、同行していた仲間のジョン・フィッツジェラルドトム・ハーディ)に置き去りにされてしまう。かろうじて死のふちから生還したグラスは、自分を見捨てたフィッツジェラルドにリベンジを果たすべく、大自然の猛威に立ち向かいながらおよそ300キロに及ぶ過酷な道のりを突き進んでいく。(シネマトゥデイ)

 

製作国:アメリカ 上映時間:157分 製作年:2015年

監督・脚本・製作:アレハンドロ・G・イリャニトゥ

キャスト:レオナルド・ディカプリオトム・ハーディ / ドーナル・グリーソン / ウィル・ポールター / フォレスト・グッドラック / デュアン・ハワード / ポール・アンダーソン / クリストッフェル・ヨーネル / ジョシュア・バージ / ルーカス・ハース / ブレンダン・フレッチャー / アーサー・レッドクラウド / グレイス・ドーヴ 等 

 

空気を収めた臨時感のある画に圧倒される!

2015年アバウト映画公園ベストの7位に入れた【バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)】のアレハンドロ・G・イリャニトゥ監督最新作【レヴェナント:蘇えりし者】を観てきました。主演はレオナルド・ディカプリオ
本作で第88回アカデミー賞主演男優賞・監督賞・撮影賞の三冠を取ったという事で俄然期待値の上がる作品ではあるんだけど、感想は、
 
ふぅ… 圧倒された〜!!

他で見ることの出来ない「これは!」と見入ってしまう画が観れただけでも価値があり満足してしまう事があるけど、【レヴェナント】もそれで溢れていた。 

f:id:tyler-7:20160429004522j:plain

何処からともなく飛んで来る矢、獰猛な熊:グリズリー、息を飲む果てしない大自然、血生臭い命のやり取り、諸々がそこにあるかの様な臨場感と自然光を活かした澄んだ空気をそのままパッキングしたような画は圧巻。
息子を殺された父親の復讐劇というシンプルなストーリーを、ここまでの作品に昇華させた『映像の力』を改めて感じる一作。【バードマン】から引き続きイリャニトゥと撮影監督のルベツキのタッグに怖いもん無しか。
 
息子を殺され激烈な復讐心を糧に『生』を決して諦めない男:グラスを演じたディカプリオの作品作りのために全てを受け入れたかの様な迫真の演技と体現、これは主演男優賞も納得!
 
復讐よりもどっちかと言うと極寒の地でのサバイバル要素の方が多く、動物の掻っ捌いた腹に手を入れて温めるってのは聞いたことあるけど、まさかガッツリ行くとはフレッシュでしたね、アレはリアルなのかな? あ、スター・ウォーズでもやってたか。何気バイソンの生肉食いも凄かったけどね、急性腸炎で最近苦しんだ分、より「うわぁ…」と観てしまった。そこら中から過酷な撮影が見て伺える。
 

f:id:tyler-7:20160429004713j:plain 

グラスの傷の癒える経過と300キロに及ぶ旅路を考えたら仕方ないけど、途中若干間延びしちゃった以外はトム・ハーディの悪役然とした下衆キャラ、熊にヤられた傷のリアルさやグラスの膿んだ唇、イラっとしてしまった一見良い人そうなんだけど自らは手を汚さない隊長の落とし前的な末路、ラスト長回しで見せられる雪を赤く染める一連の死闘など、シンプルながらもグッと来るポイントが多かった。

 
【バードマン】の反動から雄大な土地を舞台とした言わば『撮ったもん勝ち』映画。その振り幅もそうだけど、ちゃんと今回も熱い作品を作りまとめ上げたイリャニトゥ凄いよ。この映画に携わった人達の気迫が感じられる魂のこもった作品でした!
 
 

まとめ

良かった点
  • イリャニトゥとルベツキのコンビが魅せた大自然で起こる映像の強さ
  • ディカプリオの全てを受け入れたような迫真の演技
  • シンプルながらも見応えがあり、ラストの終わり方まで安定してる
  • グリズリー襲われる描写は必見
悪かった点
  • 途中、長い旅路と色々な自然の画を見せたかったのか若干の間延び感
評価:★★★★★  最高!フォーー! 視覚を楽しませてくれる映像の凄い映画に弱いですね。
決して小難しい作品じゃなく【バードマン】より安心して身と目を任せられる作品です。オススメはIMAXですね。3DじゃないIMAXって事で入る時に戸惑ったんだけど、あの大画面の迫力は良いですよ!家のテレビじゃ勿体なさ過ぎるよ。
[ 予告編 ] 

 
 

関連&オススメ作品!

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
イリャニトゥ監督とルベツキがタッグを組んだ一個前の作品。全編1発撮りっぽく見せる手法が、話の内容とリンクして新鮮で見応えあり!

f:id:tyler-7:20160429005333j:plain

 
ゴールデンカムイ ※漫画
本作の先住民とは違うけど、アイヌの子との旅、大自然、動物を狩って命を美味しくいただくっていうところだと、最近読んで面白かった漫画【ゴールデンカムイ】にも通じる。見事マンガ大賞2016の大賞に輝いた作品。もちろん獰猛な熊も出てくるよ。

f:id:tyler-7:20160429005601j:plain

 

インポッシブル

【レヴェナント】みたいなサバイバル映画ってあんまり観てなくて、自然の映像が凄い作品で思い出したのが、『津波』の猛威を描いたこれ【インポッシブル】かな。福島の記憶をまだ新しく、津波後のサバイバル描写も良くできている。

f:id:tyler-7:20160429005629j:plain

 

【アバウト映画公園:企画モノ&アーカイブ】