アバウト映画公園

"ほどほどの映画好き"アバウト男が最新作から旧作まで映画の感想をゆるめに書き綴る映画ブログ!たまに気になるドラマやおすすめ映画を紹介!基本大したことは書いてない。

【感想】シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ / カオスなバトルと思いのほかドロつくヒーロー劇!!!

f:id:tyler-7:20160506005459j:plain

あらすじ:アベンジャーズのリーダーとなった、キャプテン・アメリカクリス・エヴァンス)。しかし、彼らが世界各地で繰り広げた戦いが甚大な被害を及ぼしたことが問題になる。さらに、それを回避するためにアベンジャーズは国際的政府組織の管理下に置かれ、活動を制限されることに。アイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)はこの処置に賛成するが、自発的に平和を守るべきだと考えるキャプテン・アメリカはそんな彼に反発。二人のにらみ合いが激化していく中、世界を震撼させるテロ事件が起きてしまう。(シネマトゥデイ)

 

製作国:アメリカ 上映時間:148分 製作年:2016年

監督:アンソニー・ルッソ / ジョー・ルッソ

キャスト:ロバート・ダウニー・Jrクリス・エヴァンススカーレット・ヨハンソン / ジェレミー・レナー / セバスチャン・スタン / アンソニー・マッキードン・チードルポール・ベタニーエリザベス・オルセンチャドウィック・ボーズマンポール・ラッド  

 

スカッとしないドロドロ・ヒーロー劇!

アベンジャーズのリーダー:キャップことキャプテン・アメリカの新作【シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ】を観てきました。前作の【キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー】が面白く、引き続き本作もルッソ兄弟が監督という事で楽しみにしてました。
この作品からMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)はフェーズ3:第3シーズンに突入。観た感想は、
 

面白かった!!

けど随分辛気臭かったな…

なんだろう、この胸の内に出来たシコリをそのまま残して帰って行かれたようなスカッとしないヒーロー映画は… なんか思ってたより暗ぇ。諸々のバトルシーンに見入ったのもあるけど、その暗めの内容とIMAXとが相まってどっと疲れちゃいました。。

f:id:tyler-7:20160506010846j:plain 

キャップがウィンター・ソルジャーに振り回される前作と似たような内容にアベンジャーズを巻き込んで仲違い&対立させ+α(新キャラ登場)したみたいな、ド派手なアクションやコミカルなキャラのアントマンスパイダーマンの存在でだいぶ中和されてるけど、中身は私怨も含まれる結構ローテンションでドロドロとした内容。
 
ロキの次に手のかかる問題児:ウィンターソルジャーの洗脳問題と、犠牲者を出してしまうヒーローチーム『アベンジャーズ』のあり方問題とがごっちゃにされ、ポンポンと場所を移動し目まぐるしく展開、感情移入の拠り所は見つからないまま、ただただ事の顛末を見守る。
キャップの『洗脳された親友を助けたい立場』と『ヒーローチームの一員でありリーダーとしての立場』の狭間を今回は敵に上手く突かれたといった感じ。
パワー型よりも頭脳派でよくあるパターンではあるが、今回のテーマとヴィラン(悪役)の発端がちゃんとリンクしてたのは良かった。
 
 

カオスなバトルは見応えアリ!!

f:id:tyler-7:20160506011140j:plain

新キャラのブラックパンサーと新スパイダーマンのスマートな登場に、しれっと参加するアントマン&ここで見せちゃって良いの?的な必殺技、一度は見てみたかった分裂した超人チーム 対 超人チームが対峙するカオスなマジバトルにはアガりました!目が追いつかん!
タイマンよりチームってところがミソで、それぞれのチームでのコンビネーションや、飛ぶヤツなら飛ぶヤツといった同じ系統同士の戦いはこの作品の醍醐味ですね。
 
本作、ヒーローが敵と戦うことで図らずも出てしまう犠牲者や、ヒーローが正義を振りかざす自警団であるのか政府の元に置かれるオフィシャルな機関であるべきなのか、市民は彼らをどういう存在と捉えているかなど、普段のヒーローものから一歩踏み込み、尚且つこれだけのメンツとストーリーをまとめ上げ、ネクストステージの起点となりそうなキッカケと新キャラ参戦含めこの先の展開の膨らみも詰め込んだという事で、作品としてはよく出来てると思う。
 
その反面、次作のアベンジャーズの新作【インフィニティー・ウォー】の盛り上げ要素として一旦落とす必要があるのが本作で露骨に透けて見えちゃってるのと、今までのMCU作品にあったシリアスでも最後にはスカッとする終わりが本作には無く、ラストの締めまで煮え切らないまま終わってしまったのもちょっと残念。
キャップの新作というよりかは次のアベンジャーズへのブリッジとしての作品【アベンジャーズ2.5】的なのノリの方が近い。
 
あとこの作品を観終わって個人的には、出来としては劣るけど一致団結して戦った【アベンジャーズAOU】の方がアガったし、【ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー】【アントマン】恐らく【デッドプール】もそうであろう、明るくて楽しくてスカッとする作品の方が好きなんだなと実感。
 
もうすでに余白が無さそうなブラックパンサーは本作でお腹いっぱいになっちゃったけど、【COP CAR コップ・カー】のジョン・ワッツ監督のによる新スパイダーマンスパイダーマン/ホームカミング】は本作を観てさらに楽しみになった!お茶目でおしゃべりで良いヤツそうなキャラ。俳優の見た目も今まで一番シックリ来たし、ジョン・ワッツのコミカルさと凄くマッチしそうだなと。トニー・スタークとのやり取りもまた観たいな。
キャラでいうとフォルコンがちょっと洗練されて頼れるキャラになってたのも良かったかな。

 

まとめ 

良かった点

  • 見たかった超人チーム VS 超人チームのカオスなマジバトル
  • 新参者のスマートな参加、特に魅力的な新スパイダーマン
  • ヒーローのあり方に一歩踏み込んだテーマ

悪かった点

  • 思ったよりドロドロした内容に、ラストまでスカッとしない
  • いつの間にか洗脳が解け、途中のウィンター・ソルジャーのケロッと感が少々鼻につく
  • 少し前半がタルい、端折って120分に出来そう

評価:★★★★  結構良かったぜ!やっぱり作品の規模としてはアベンジャーズと変わりないのでド派手で濃厚、今後のシリーズのためにも必見な作品ですね。

 

余談だけど、もしハルクとソーがいたならどっちに付くだろう?って考えたら、ハルクは博士同士アイアンマン側なのかな。愛しのブラック・ウィドウもいるし、特に自分でコントロールし切れないキャラなので管理下に置かれるのも納得しそう。ソーは元々縛られたく無さそうな男なのと、アベンジャーズでキャップと良いコンビネーションも見せてたのでキャップ側かなと。

なんてのを後になって妄想したりしました。アベンジャーズ新作で合流するであろう2人、その前にソーの新作があるので、今回の件はどうなるやら…

[ 予告編 ] 

[ 映画館を探す ]  「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」の映画館(上映館)を検索 - 映画.com

 

関連&オススメ作品!

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン

アイアンマン3

アントマン

 

デッドプール

MCUシリーズではないけど、マーベルのニューヒーロー!【グリーン・ランタン】で一度失敗しているライアン・レイノルズ主演。早く見たい!

f:id:tyler-7:20160506014412j:plain

 

 

【アバウト映画公園:企画モノ&アーカイブ】