読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アバウト映画公園

"ほどほどの映画好き"アバウト男が最新作から旧作まで映画の感想をゆるめに書き綴る映画ブログ!たまに気になるドラマやおすすめ映画を紹介!

【感想】ヒメアノ〜ル / ヤバい!『森田』が解き放つ、日常に侵食する止めようのない恐怖!!!

邦画 【ハ行】 2016:劇場鑑賞 邦画 評価:★★★★★

f:id:tyler-7:20160529141154j:plain

あらすじ:普通の生活に焦燥感を抱くビル清掃会社のパートタイマー岡田(濱田岳)は、同僚からカフェの店員ユカ(佐津川愛美)との恋の橋渡し役を頼まれる。彼女が働くカフェへと足を運んだ岡田は、高校時代の同級生・森田(森田剛)と再会。ユカから森田につけ狙われ、ストーキングに悩まされていると相談された岡田は、森田がかつていじめられていたことを思い出し、不安になるが……。(シネマトゥデイ)

 

製作国:日本 上映時間:99分 製作年:2016年

監督・脚本:吉田恵輔 原作:古谷実

キャスト:森田剛 / 佐津川愛美 / ムロツヨシ / 駒木根隆介 / 山田真歩 / 大竹まこと / 濱田岳 等

 

陽なラブコメに陰のサイコスリラーが侵食する!

古谷実の同名コミックを、吉田恵輔監督が実写化。原作を知らずに予告を観た瞬間に「あ、これ好きなやつだ」と早速慢喫で原作を読むくらい楽しみにしていた【ヒメアノール】を鑑賞。ちなみに全6巻の原作漫画は面白かったです!ネタバレ無しの感想は、

 

ヤバかったですね!面白かった。

先輩の片想い成就の手伝いやら、思いもよらぬ自身の恋愛やら、平凡な日常に立った淡いさざ波をオフビートにホッコリ見せる『陽』な前半と、

人知れずドス黒い悪意が暴走し、無慈悲に人を殺しまくる森田(森田剛)が解き放たれた『陰』の後半との、対比やギャップが印象的な作品。

本人の意思とは関係なく、日常に侵食して来る止めようのない圧倒的な恐怖を描いている。

f:id:tyler-7:20160529142801j:plain

前半の濱田岳・ムロツヨシ・佐津川愛美の3人のやり取りは、露骨にコミカル且つ甘酸っい演出の甲斐あって普通に笑えて面白かった!完全にラブコメチック。

中でも濱田岳の目線の動きが良かった!リアクションのたびにどこか焦点の合わない漂う目線が、今まで何にも打ち込んで来なかった、現実を見ずに避けてきた彼の人柄をさり気なく表していた。ボソッとひと言発する間とかも【アイアムアヒーロー】の大泉洋ばりに上手い。

 

普通過ぎる見た目からちょっと懸念していたユカを演じた佐津川愛美も、次第に魅力的に見えて来る塩梅や、ちゃんと濡場もこなしてくれたので結果オーライかな。彼女の意外なエロさが『女性経験少ない男あるある』をまた引き立てる。

それと『上から目線ブス』日本代表みたいなユカの友達のアイちゃんイイキャラしてたな。この女優さん最近『ロンハー』のぽっちゃり芸人枠で出てる『のぶえちゃん』こと信江勇ですね。ムカつかせ加減が絶妙! 

 

 

解き放たれた『森田』が怖い!

ラブコメからサイコスリラーに移行した後半からは、ジャニーズ・V6の枠を土に埋めた俳優:森田剛の独壇場でした!

肥大していく殺意に振り回されるシリアルキラーを変にデフォルメせずに淡々と演じる。時折見せるゾッとする恍惚な表情が胸を刺す。

このサイコな森田正一というキャラに森田剛を当てる事で森田』という存在を際立たせたのは上手い。名前が同じなだけに妙な実在感が生まれる。最近だと【海街diary】の広瀬すずの使い方みたいな。岡田の「同じ名字!?」のくだりはここにもわざと掛かてるんじゃないかな?と思ったり。

それに加えて森田剛は、過去にドラマ【ランチの女王】での突如現れる『周りに知られたくない厄介な知り合い』役で異質な存在感を放ったナイスな功績があるので、それ込みで吉田監督は起用してると思うし、狙いが凄くハマってたな!

f:id:tyler-7:20160529152908j:plain

 

他の良かった点としては、

タイトルバックの出方がカッコ良かったな!「タイトルが出る前はようは前フリでこっからが本チャンだから!分かったな?」と言わんばかりの出方と、今後の質感を表すザラついたフォント。

それと今まで観た吉田監督作からは想像だにしたい、生(性)と死の瞬間をシンクロさせる意地悪な見せ方や、【アイアムアヒーロー】でも感じたメイクやCGの発達によるワンシーンで見せる生々しいエグい描写なんかも凄く良かった。

その中でも、棒で女がシバかれてる最中にジーパン越しかな? 尿がぷしゃっと漏れ出た瞬間に「うあぁ...」と心の中で声が出ちゃう程、新鮮で嫌なシーンだったな。あそこが観れただけでもこの映画凄いなと。。こういうフレッシュなシーンを観に来てんだよ。

 

ラブコメな日常にキリキリと浸食するサイコスリラー的恐怖。完全に闇に覆われたかと思った後のダメ押しなラストシーンで、なんとも気持ちのイイ居心地の悪さと後味の悪さを残してくれました。

原作から端折る部分は端折って、分かりやすい落とし方にしたのは正解だったんじゃないかな。実写化としても成功の部類の快作だと思います!

 

まとめ

良かった点

  • 2つの異なるジャンルの移行とギャップ
  • 俳優:森田剛の力まない演技と濱田岳の目線
  • イカしたタイトルバックの出方
  • 生々しいエグい描写を淡々と描く

悪かった点

  • 途中パチンコ帰りに不良に絡まれるくだりが中途半端
  • 説明し過ぎなラストカット ( その前のシーンでさらっと見切れてたからそれで十分だと思う )

評価:★★★★★  最高!フォーー!

好きなテイストってのもあるけど、本作はそこら辺に転がっている漫画の実写化じゃないですね。吉田監督がちゃんと考えて作っている感じが伝わって来るし、こういうエグい引き出しも持ってるんだと、吉田監督の次作が楽しみになりました!

[ 予告編 ]

www.youtube.com

[ 映画館を探す ] 「ヒメアノ~ル」の映画館(上映館)を検索 - 映画.com

 

追記:原作との比較&おすすめサイコパス映画!

 

関連&オススメ作品!

隣人13号

どうしてもこの作品は連想してしまう。もう一人の人格が覚醒し、いじめてたヤツに復讐しようと暴走する井上三太原作コミックの実写化。中村獅童の表情と森田剛の表情が完全に重なるシーンがあったな。ふと見た瞬間のヤバい顔はもはやオマージュ。

f:id:tyler-7:20160516030318j:plain

 

ばしゃ馬さんとビッグマウス

放って置けない女ナンバー1な馬淵さんが最高な一作!気まずさが冴え渡る、かなり好きな吉田恵輔監督作。

f:id:tyler-7:20160529225657j:plain

 

ランチの女王 ※ドラマ

2002年放送の月9ドラマ。竹内結子、妻夫木聡、 江口洋介、山下智久、山田孝之、堤真一 、伊東美咲と今考えるとかなり豪華なキャスト陣。ここに急に参戦してくる危ないヤツを森田剛が演じた。この時のショートの竹内結子が最高に良い女だったな〜!好きなドラマの1つ。

f:id:tyler-7:20160529230450j:plain

にほんブログ村 映画ブログへ