アバウト映画公園

"ほどほどの映画好き"アバウト男が最新作から旧作まで映画の感想をゆるめに書き綴る映画ブログ!たまに気になるドラマやおすすめ映画を紹介!基本大したことは書いてない。

【感想】エクス・マキナ / 高評価!ビジュアルも話も洗練された現代的SFスリラー!!!ネタバレあり?!

f:id:tyler-7:20160614234727j:plain

あらすじ:検索エンジン世界最大手のブルーブック社に勤めるプログラマーのケイレブ(ドーナル・グリーソン)は、ほとんど人前に姿を見せない社長のネイサン(オスカー・アイザック)が所有する山荘に招かれる。人里離れた山間の別荘を訪ねると、女性型ロボットのエヴァ(アリシア・ヴィキャンデル)が姿を現す。そこでケイレブは、エヴァに搭載された世界初の実用レベルとなる人工知能の実験に手を貸すことになるが……。(シネマトゥデイ)

 

製作国:イギリス 上映時間:108分 製作年:2015年

監督・脚本:アレックス・ガーランド

キャスト: ドーナル・グリーソン / アリシア・ヴィキャンデル / オスカー・アイザック / ソノヤ・ミズノ  等

 

※ネタバレしてないように書いたつもりですが、あまり事前に情報入れたくない方は鑑賞後に読むのをオススメします。

 

現代版にアップデートされたSFスリラー!

ダニー・ボイル監督作・ディカプリオ主演の【ザ・ビーチ】の原作者で、【28日後...】【わたしを離さないで】【ジャッジ・ドレッド】のリメイク作などの脚本を手掛けた、アレックス・ガーランドの長編監督デビュー作【エクスマキナ】。

いきなりアカデミー賞視覚効果賞を取ったことでも軽く話題となった本作を早速観て来ました。感想は、

 

面白れ〜!!!かなり刺さりました。

本作はAI (人工知能)を扱った過去のSF作の土台を用いながらも、1つ1つを構成する要素は削ぎ落とされ、見た目はシンプル且つコンパクトに、よりリアル一歩手前の現代版にアップデートされている。
そんな、どんどん性能が上がるのにも関わらず、コンパクトになる機械の進化にも通じるような、新感覚のSFスリラーだった。

f:id:tyler-7:20160614235436j:plain

大手検索エンジンを運営する会社でプログラマーとして働く主人公ケイレブは、滅多にお目にかかれない社長ネイサンの人里離れた別荘に招待される。その別荘兼研究施設でネイサンは密かにAI(人工知能)の開発をしていた。

そこにエヴァという名の美しい女型ロボットがいて、ネイサンはケイレブに、このエヴァ(人工知能)がどれだけの人間性や知性を持っているかチューリング・テスト(会話による反応テスト)を用いて、判断して欲しいと依頼する。。ざっくり言えばこんな話。

 

本作は、映画的にシンプルで既視感があるものだからこそ、観客が自動的に疑いの目を持ち、ミスリードや不穏さを勝手に増幅させる。
人間に似ていて決して人間じゃないモノ:エヴァの『言葉』と、エヴァの生みの親でもあるネイサンが第三者となりテストの様子をモニターで観察している『実験』、その2つの不確かな『見えなさ』を上手く利用し、
男と女の性別や、繰り返されるチューリング・テストなるコミュニケーションによって、徐々に人間とAIの隔たりや、テクノロジーの進化の危惧なんかを炙り出す。果たしてAIに人間的な感情はあるのか? それは果たして感情と呼べるものなのか?

 

要素がシンプルだからこそ、脚本もシンプルで力強い

f:id:tyler-7:20160615002959j:plain

哲学的だったり小難しいセリフも多いけど、やってる事や起こってることは整理されていて、とても分かりやすい。

実際に行われている『チューリング・テスト』を軸として、話の『入口』と『出口』が一貫しいてブレなかったのは観ていて気持ち良かったなと。観た人なら分かるが、それがちゃんと画としてもリンクしている点も気が利いている。

大ドンデン返しー!!!的な作りではないけど、中くらいの真相を畳み掛けるように見せるあたりも上品だし作品の温度とも合っていた。冒頭の端折った見せ方もスマート!脚本家出身の監督だけあって物語で持って行く力があるなと思いました。

 

美しいビジュアルデザイン

f:id:tyler-7:20160616010822j:plain

それでいてアカデミー賞視覚効果賞を取るくらい、ビジュアル面も怠らずシッカリ魅せてくれた。

何と言ってもロボットであるエヴァの身体のCG処理。向こうの背景が透けるメッシュの腹部や手足のCGは普通なら、お金も時間も掛かり嫌がられるところをちゃんと逃げずにやる姿勢が良いなと。

このCGによる透け感はちょっと前に話題になったケミカル・ブラザーズの『Wide Open』って曲のミュージックビデオを彷彿とさせる。

映画全体の要素がシンプルだからこそ、こういうCGのディテールが際立つし、フレッシュなハイテク表現にもちゃんと繋がる。しかもこの見るからにロボットだと分かるエヴァの見た目が話として大事な部分でもあるから、素晴らしい形に落とし込めてるなと。

他にも状況を分かりやすく伝える照明の使い方や、ガラスを隔てた写り込み含めのショットとか、ノルウェーの大自然とモダンで直線的な建造物の対比など諸々が美しい!

 

適材適所なキャストが活きる

主要な登場人物は4人だけど、適材適所の配役でそれぞが好演を見せる。

ケイレブ/ドーナル・グリーソン

f:id:tyler-7:20160616005205j:plain

主人公のケイレブを演じたドーナル・グリーソンの見た目の、優等生ぽい/誠実そう/正義感を内に秘めてそう/奥手そう/1人モヤモヤしそう/感情に流されそう/ナイーブそう などの雰囲気が見事役とマッチしていました。観客が入り込みやすい橋渡し的なキャラでもある。

 

ネイサン/オスカー・アイザック

f:id:tyler-7:20160616005037j:plain

シコシコとAI開発に勤しむ社長のネイサンもとにかく胡散臭くて良かったな〜。類稀なる頭脳を持ち捉えどころのない若手カリスマIT社長感が上手く出てた。

やたら身体を鍛えたり酒を飲みまくるのも、内面の葛藤や弱さの表れなのか?『自然を独り占めしたかのような姿 = 神になった気でいる』ような見え方もまた面白い。

やっぱりどこぞの科学者よりも、Googleみたいな大手検索エンジンを仕切り運営し、莫大な情報収集と解析・プログラミングのできるヤツの方が、より高度な人工知能を生み出すってのも今の時代なら納得しやすい。あの骨組みとか皮膚のシリコンとかはどこから調達してんの?あれもお前が作ってんの?とか細かい部分で気にはなったりしたけど。

 

エヴァ/アリシア・ヴィキャンデル

f:id:tyler-7:20160616005512j:plain

役所としては1番難しいそうなエヴァを見事演じきったアリシア・ヴィキャンデルも、人間的な部分とロボットのさじ加減が絶妙でしたね。アリシアの若干いなたい顔がまた絶妙に人間味を引き立ててました。

服を着に奥へ行くくだりの使い方とかもその後の展開に効いてて上手かったなぁ。

 

キョウコ/ソノヤ・ミズノ

f:id:tyler-7:20160615004635j:plain

そして料理を作ったりネイサンの身の回りのお世話をするキョウコも喋れない設定ながらも、日本人として独特な存在感を放っていた。

口数少なく身の回りの世話をする=外国人が思う日本人女性像?がちょっと差別的なキャラ配置にも見えだけど、それを生み出したネイサンの人間性をさり気なく表してるのかな?とも思える。

上の写真を観てお気付きだろうか...? さっきCGの透け感の例で挙げたミュージックビデオに出ているダンサーこそ、キョウコを演じたソノヤ・ミズノである。この事実をgock221Bさんの記事で知った時には正直驚いた!今後も他の作品で観たい人ですね。

 

好きなところ&ラストの展開

好きなところで言うと、

「なぬっ!!?」と男はみなグッと来たであろうネイサンの『セクサロイド』発言。そこは今の時代避けては通れない道なのかなと。ちゃんと物語の後押しにもなっている。

それとネイサンのアンドロイド開発の実験の記録を見せてくれたのも良かった!あのシーンのおぞましさと言うか、人間を超える存在を1から生み出そうとしてる『タブー感』を演出する上で効果的なシーンだった。映画【スプライス】を思い出したり。

それと人によっては説明臭いと感じる人もいるかも知れないが、音楽の使い方が明確&的確でその辺りも抜かりなくてなんか嬉しかった。

 

決定的な答えを出し、感情移入の置き所によってハッピーエンドにもバッドエンドとも捉えられるラストの展開含め、色々と語りたくなる美しい作品でした!

童貞をロボットで喪失する『セクサロイド時代』いや『セクス・マキナ』時代の到来も、本作を観るとそう遠くない未来なのかもと複雑な気持ちになりました。

 

まとめ

良かった点

  • 今までのAIを扱った作品も踏襲しつつ、現代的にアップデートされている点
  • 物語もビジュアルも洗練されている
  • 適材適所で活きるキャステング
  • 色々と語りたくなったり、アンドロイドを扱ってる過去の作品を観直したくなる

悪かった点

  • あれはどうなってんの?と気になる細部

評価:★★★★★  最高!フォーー!

今年のSF作がどれだけあるのかは分からないけど、今年【オデッセイ】と本作はマストでしょう!内容は全然違うけどね。勢いのあるキャストが魅せてくれます!【ヒメアノ〜ル】よりかは万人にオススメしやすい作品です。

アレックス・ガーランド監督もナタリー・ポートマンが出演する次作が決まっているみたいで、デヴィッド・エアーみたいに要チェックな監督になって行くのかな?

[ 予告編 ]

[ 映画館を探す ] 「エクス・マキナ」の映画館(上映館)を検索 - 映画.com

 

関連&オススメ作品!

A.I.

タイトルがモロだな。。ジュード・ロウが男型セクソロイドを演じる。元々キューブリックが監督するはずだったらしい。

f:id:tyler-7:20160616011626j:plain

 

アンドリューNDR114

思わず感情移入してしまう好きな一作。ロビン・ウィリアムズが人間に憧れるアンドロイドを演じる。この頃に比べたら相当スタイリッシュになったなぁ。。

f:id:tyler-7:20160616011655j:plain

 

ターミネーター2

テクノロジー発達の脅威をベースにしたSFの傑作!ちなみにこの作品もアカデミー賞視覚効果賞を受賞している。その点でも【エクス・マキナ】に通じるかな。

f:id:tyler-7:20160616011735j:plain

 

スプライス

人間じゃないモノを生み出してしまいそれに感情移入してしまう、タブーに踏み込んだ『キメーーー!』SFホラー。本作のエヴァよりもこの作品のドレンちゃんの方が変な魅力がある。

おまけ:たまたま見かけたエクス・マキナを感じる記事。

にほんブログ村 映画ブログへ