読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アバウト映画公園

"ほどほどの映画好き"アバウト男が最新作から旧作まで映画の感想をゆるめに書き綴る映画ブログ!たまに気になるドラマやおすすめ映画を紹介!基本大したことは書いてない。

【感想】10 クローバーフィールド・レーン / ネタバレ気味の宣伝だからって諦めるな!観れば楽しめる密室スリラー!

f:id:tyler-7:20160624003134j:plain

あらすじ:ミシェル(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)は目覚めると、自分が見ず知らずの2人の男性とシェルター内にいることに気付く。その日を境に、彼女を助けたと主張するハワード(ジョン・グッドマン)とエメット(ジョン・ギャラガー・Jr)との奇妙な共同生活がスタートする。ミシェルは、外は危険だという彼らの言葉を信じるべきかどうか悩んでいた。(シネマトゥデイ)

 

製作国:アメリカ 上映時間:104分 製作年:2016年

監督:ダン・トラクテンバーグ

キャスト: メアリー・エリザベス・ウィンステッド / ジョン・グッドマン / ジョン・ギャラガー・Jr  等

 

実のところ密室スリラー!

【スター・ウォーズ/フォースの覚醒】を成功に導いたJ・J・エイブラムス製作、マット・リーヴスが監督した【クローバーフィールド/HAKAISHA】の一応続編という形で発表された【10 クローバーフィールドレーン】を観て来ました。

【クローバーフィールド/HAKAISHA】は突如大都会に怪獣が現れ、逃げ惑う人のビデオカメラ視点:POV手法を用いて魅せた意欲作だ。

今作も引き続きJ・J・エイブラムス製作で、監督はこれが長編デビューとなるダン・トラクテンバーグにバトンタッチ。すでに宣伝の仕方がが良くないと各所で声が上がってますが… 本作の感想は、

 

まぁまぁまぁまぁまぁ、うん、そんな感じでしょう!!

予告を見る限りだいたいこんな感じなんだろうなと思ってたので、それなりにハズレなく楽しめました。

f:id:tyler-7:20160624004319j:plain

メイン3人で繰り広げる『何かから避難した』シェルターでのやり取りはさながら密室スリラー。もはや逃げ込んだのか閉じ込められてるのかも分からない、確実に何かが起こっている外の状況。
シェルターの持ち主ハワードは、単に助けてくれた親切で良い人なのか?それとも… シェルター内での生活に不穏さが立ち込め次第に疑心暗鬼に。
ここのシェルターパートは映画【ミスト】ぽいなと思った。外は危なそうでどれだけ危険なのかは分からないけど、ここに留まるのもどうなんだ!?的なやりとりと決断、そこにサスペンスなタッチが乗っかって来る。

 

ちゃんとある新鮮味&キャスト

予告である程度話が分かっていても、観た人にしか味わえない新鮮味はちゃんとあるから楽しめるよ。

セリフなしでスマートに展開するオープニングでの事故シーン。そこでの爆音からすぐ無音の繰り返しが、突如事故に遭った時に頭の理解が追いついてない瞬間的でスローな『無』の感じと、ドッジボールで顔面に食らった時のような、ツーンとする痛みを上手く表現していた。

他にもシェルター内の嫌にデカい扉の音や、状況に反してやけに明るめの音楽、それに銃声と敢えて音を強調する事で、常に恐怖が持続し、それが心休まる時が無く気の抜けなさに繋がっている。音は映画館ならではの良さですね。

 

それとハワードが隠し持ってた『ある危険なもの』の存在など「お、なかなか良いじゃん!」と少々タルさもあるけど、モンスターパニックの前にちゃんとスリラーを楽しめる内容になっていた。ここが楽しめなかったら致命的だけど。

f:id:tyler-7:20160624004532j:plain

ジョン・グッドマン演じる元海軍おじさんのハワードが取る態度の『飴と鞭』的な静と動の振り幅の効いた演技は存在感大でした。

主人公ミシェルを演じたメアリー・エリザベス・ウィンステッドの強さを秘めた主役然とした佇まいも良い!

この人【遊星からの物体X ファーストコンタクト】でも怪物と対峙してたり、他にも【ファイナル・デッドコースター】の主役だったりと、「ハァッ!」とする顔がやたら映えるホラー映画にはうってつけのキャスティングだ。あと終始白いタンクトップからのブラチラはズルい。。

 

肝心のモンスターパニックの方は?!

シェルターから出なきゃ物語が始まらないので言っちゃうけど、シェルターを出て外で起きる『クローバーフィールド』展開は安定してるというか、こっちの方が新鮮味に欠けてでどうかと思う。

侵略して来たソレの造形がかなりシモっぽく変態的なのもよく分からんし、怖いのかグロいのか中途半端で、狙ったわりにはスベり気味。
外パートのルックはスピルバーグ監督の【宇宙戦争】ぽいから、せめてここで無理やりPOVな手法をどうにか入れ込んで見せてくれれば【クローバーフィールド】との分かりやすい共通点があって納得もできたのに。

 

見せ過ぎ&ネタバレ問題の件

観た人からはポスターがもはやネタバレという声が多かったり、ちょっと追加されてる新しい方の予告が確かに見せ過ぎだったりするけど、この宣伝も分からんでもないかなと思ったり。

今回みたいに事前に予告やポスターでかなり匂わせた上で本作を味わうか、情報があまり開示されず【クローバーフィールド】の続編として本作を味わうかを比べたら、内容が内容なだけにきっと後者の方が期待値が上げられてる分ギャップに肩透かしを食らう人が多かったと思う。

憤慨する人も多いし、低評価の口コミも多かっただろうなと。昔よりも今の方が評価サイトで露骨に作品の良し悪しが目に見えて、判断されがちな時代だからこそ、それを一番に避けたのかなと。

f:id:tyler-7:20160624004602j:plain

言っちゃえば『ギャップによるもの凄い肩透かし』よりも『見せちゃうことでギャップを埋めるヘタクソな宣伝』の方を取って、低評価の度合いを抑えたように思えた。実質、予告やポスターで匂うくらいには面白いって声は聞くし、それでも行きたい人が行くくらいの熱はあると思う。現にそれ込みで観に行って楽しんで来たしね!

作品の内容はさすがに変えられないから苦渋の宣伝かなと。それもそうだけどポスターの写真は噓ついてるからね、こんなシーンはありません!それはぜひ本編を観て確認して欲しい。

 

この作品を観ると明らかに『次作』作る気満々だなってのが伝わって来るので、観ておいて良かったかな。続編というよりかは3部作前提リブートの1作目って形に近い、75点満点中65点って感じの作品でした!

 

まとめ

良かった点

  • メインとなる密室スリラーが意外と楽しめる
  • キャストの好演と音演出
  • 次回作への期待感

悪かった点

  • 期待していたクローバーフィールド感は薄い
  • 外に出てから思ったよりアガらない
  • 確かに見せ過ぎな宣伝

評価:★★★  普通に楽しめました。

【クローバーフィールド】との共通点は何だろう?『得体の知れないソレに夜襲われる』ってくらいかな〜。

一応追加されてない劇場で流れてるオーソドックスな方の予告は貼っておきます。

[ 予告編 ]

[ 映画館を探す ] 「10 クローバーフィールド・レーン」の映画館(上映館)を検索 - 映画.com

 

関連&オススメ作品!

クローバーフィールド/HAKAISHA

これを機に観直したいよね!クローバーフィールドってどんなんだっけ?と振り返りたくなる本作でした。

f:id:tyler-7:20160624021143j:plain

 

ミスト

伝説と化した『ラスト』が印象的な作品。人間が極限状態に陥った時の行動を観ることができる。モノクロ版は残念ながら観れてない。

f:id:tyler-7:20160624021207j:plain

 

宇宙戦争

これも宇宙人襲来モノの良作。ダコタ・ファニングがまだ完全に可愛い頃!成長してからは安達祐実のようになってしまったのが切ない。

f:id:tyler-7:20160624021229j:plain

 

遊星からの物体X ファーストコンタクト

【遊星からの物体X】のわりと真っ当に作られた前日譚。売りとなる『人体変形』の描写の自由度とクオリティは格段に上がるも、CGに質感が露骨過ぎるので生っぽさが少なく、ちょっと印象に残りにくい。

f:id:tyler-7:20160624021304j:plain

 

にほんブログ村 映画ブログへ  1クリックが励みになります

記事が良かったらブックマークやシェアしてもらえると嬉しいです!