アバウト映画公園

"ほどほどの映画好き"アバウト男が最新作から旧作まで映画の感想をゆるめに書き綴る映画ブログ!たまに気になるドラマやおすすめ映画を紹介!基本大したことは書いてない。

【企画】2016年上半期『良かった』新作映画トップ10選!!!+個人的ツボ3選!&実は観ていたあの映画!

f:id:tyler-7:20160703145101j:plain

 

どうも、アバウト男です!

2016年上半期に公開された新作映画の鑑賞本数は、

35本

たくさん観ている人からしたら少ないけど、去年に比べれば良いペースでそれなりに趣味:映画鑑賞と言える本数かな。

年末にまとめるベストは今年観た新作&旧作込みのランキングになってくるので、今回はまた違った、特に順位を付けず2016年上半期に観た新作映画のみに絞って『良かった』映画トップ10作品を選びました!

 

良かった10作品はこちら! ※観た順に

オデッセイ

f:id:tyler-7:20160703151051j:plain

舞台・話の内容・キャラクター・キャスト陣・ユーモア・展開のワクワク度・胸アツ・音楽・映像美など、バランス良くどれを取っても高水準な作品!マット・デイモンのフィルモグラフィーの中でも一番好きかも。

 

ルーム

f:id:tyler-7:20160703151143j:plain

起こってることは悲惨なんだけど映像が綺麗で、撮り方により人との距離感や心情を表すのが上手いなと。 環境が変わる事でぐんぐんと吸収し成長する子供と、現実に直面する大人との対比が切なくも感動を誘う。

  

スポットライト 世紀のスクープ

f:id:tyler-7:20160703151247j:plain

実話ベースの社会派モノ。派手さは無いが誰も手出しできなかった『神父による子供への性的イタズラ』というドス黒い闇に、真摯に向き合って悪戦苦闘した新聞記者達の姿に痺れた!

 

リップヴァンウィンクルの花嫁

f:id:tyler-7:20160703151357j:plain

これは結構ダークホース的な作品でした!前情報をあまり入れなかったのもあり、思ってた以上に面白く、転がっていく展開にどっぷりライドしてました。黒木華の揺れるか弱さと綾野剛の捉えどころ無さの相性が抜群!Coccoの好演も印象深いです。

 

レヴェナント:蘇えりし者

f:id:tyler-7:20160703151554j:plain

広大な大自然と鬼気迫る人間の生命力を力強く切り取り『生きる』という事をダイレクトに見せ付けられた一作。画の良さに息を飲む。本作でアカデミー賞主演男優賞を取ったディカプリオの役者魂にも注目。

 

ズートピア

f:id:tyler-7:20160703151650j:plain

何ですかね〜、教材として採用して良いレベルに文句なしに良い映画でしょう!魅力的な動物世界のフィルターを通し、世にまだまだ溢れる人種差別や偏見などの問題に改めて気付かせてくれる。ジュディが可愛い過ぎる!

 

海よりもまだ深く

f:id:tyler-7:20160703151742j:plain

日本特有の何気無さや心情の機微を切り取り、共感・グッと来させる監督として、もはや右に出る者はいなそうな是枝監督作。素直に笑えて間口広めな方向に振ってくれたので、観ていて心地良かった。そして泣いた。

 

ヒメアノ〜ル

f:id:tyler-7:20160703151838j:plain

古谷実の人気漫画の実写化。作品の構成&改変と狙ったキャスティングによる化学反応がめちゃくちゃ良い形でアウトプットされた『ヤバい』邦画。バイオレンス度も高く満足!

 

FAKE

f:id:tyler-7:20160703151928j:plain

これもダークホースっちゃダークホース!題材の半笑い感を吹き飛ばす、割りと真摯に『佐村河内守とその妻』そして『日本のメディア』に向き合った作品。それでいてユーモアを含む温かみがある。タイトルのFAKEが示す白黒付かなさがまた味わい深い!

 

エクス・マキナ

f:id:tyler-7:20160703152024j:plain

余計なものを削ぎ落とし、少ない要素で機能を遺憾なく発揮した現代版SFスリラー。画作り然りストーリー然り作品全体のフォルムの美しさが個人的に凄く刺さりました!

 

以上の10作品です!

内訳は洋画6本・邦画4本。アカデミー賞ノミネート作品級に面白かった邦画が4本もあるなんて嬉しいな。特に邦画が豊作だなと感じた2016年上半期。下半期の邦画はどうなんだろ?

ここ最近新作ばかりで旧作が観れてなかったので、下半期はバランス良く観れるとイイな。

 

上半期『観なかったことを後悔した』作品

  • インサイダーズ/内部者たち
  • マジカル・ガール
  • 太陽
  • ロブスター
  • テラフォーマーズ (ある意味) 

 

+個人的ツボ作品 3選!

特に次点ではないけど、なかなかこの手の10選で入らなそうな個人的ツボで愛おしい作品を3つ選びました! 

エージェント・ウルトラ

f:id:tyler-7:20160703152958j:plain

大作や重厚な作品の合間に、これくらいローカルでコンパクトでジャンクな作品を気分転換として挟みたくてなる。ダラッとしたネルシャツに彼女のフィービーのイイ女っぷり、全体的なアメリカン中2感など諸々好きですね!

 

ヘイトフル・エイト

f:id:tyler-7:20160703153322j:plain

これは素直に面白かったんで好きな人は多いと思うけど、この世界観にタランティーノ印な会話のやり取りにぶち撒ける血飛沫!THEミステリーでは無いんだけど「おうおう、こりゃどうなるんよー?!」な展開の吸引力とムサい緊張感がGOOD!

 

COP CAR コップ・カー

f:id:tyler-7:20160703153441j:plain

ジャンルは何だろう?ハードボイルド・コメディ?主演のケヴィン・ベーコンのお茶目具合が最高!悪徳警官と無邪気なガキ達のなかなか噛み合わないチグハグさや、スタンドバイミー的な要素と、サクッと観るには持って来いの良作だと思います!

 

実は観ていて感想を書いてない映画

マネー・ショート 華麗なる大逆転

f:id:tyler-7:20160705031557j:plain

実は観てます。ただ飯食って酒飲んでから行ったので前半わりと気持ちよく寝ちゃって、観た本数としてカウントしてないです。中盤で完全に目が覚めそれなりに楽しんだんだけど、専門的な知識や用語がいまいち良く分からなかったので、ガッツリと消化不良。レンタルで出ても観直さないかなw

 

下半期もよろしくお願いします!

にほんブログ村 映画ブログへ  1日1クリックお願いします!