アバウト映画公園

"ほどほどの映画好き"アバウト男が最新作から旧作まで映画の感想をゆるめに書き綴る映画ブログ!たまに気になるドラマやおすすめ映画を紹介!基本大したことは書いてない。

【感想】ハイ・ライズ / 呆然とする難解さ!?悪夢のようなセレブたちの破滅と乱痴気&トムヒの裸体!!

f:id:tyler-7:20160802020752j:plain

あらすじ:著名な建築家ロイヤル(ジェレミー・アイアンズ)が設計を手掛けた高層マンション群、ハイ・ライズがロンドン近郊に完成。豪華な内装が施され、スーパー、プール、学校、レストラン、医療施設なども完備したそのマンションに、医師のラング(トム・ヒドルストン)が入居してくる。毎晩のように隣人たちの開くパーティーに参加するうちに、彼は低層階と高層階の住民の間で階級をめぐるあつれきが起きているのを知る。ある日、停電を機にハイ・ライズの内部はすさまじい混乱に見舞われ……。(シネマトゥデイ)

 

製作国:イギリス 上映時間:112分 製作年:2015年

監督:ベン・ウィートリー 脚本:エイミー・ジャンプ

キャスト: トム・ヒドルストンルーク・エヴァンスジェレミー・アイアンズシエナ・ミラー / エリザベス・モス / ジェームズ・ピュアフォイ / キーリー・ホーズ / ピーター・フェルディナンド / シエナギルロイ / リース・シェアスミス / エンゾ・シレンティ / オーガスタス・プリュー / ダン・スキナー / ステイシー・マーティン / トニー・ウェイ / レイラ・ミマック 等

 

悪夢のようなセレブたちの破滅と乱痴気!

特に予告編以外は前情報を入れずトム・ヒドルストンことトムヒ主演ということと、何となくの設定だけで観に乗りこんだ【ハイライズ】。アートワークのカッコ良さも相まって個人的に今月のイチオシ映画として期待していた作品ですが。観た感想は、

 

無念!ただただ呆然として終わっちゃいました… つか分かんねーよ!!!

もはや『破茶滅茶』過ぎて思考なんか付いて行かなくて、理解の及ばないセレブたちの『狂ってく』様を見せ付けられ、ただただ見守ることしか出来なかった。ここ最近観た映画でここまで呆然とするしかなかった映画は他に無い。ネタバレどうこうももはや無いですね。

f:id:tyler-7:20160807225558j:plain

スーパーマーケットからジムにプール、マッサージやスカッシュコートまで付いた至れり尽くせりな、歪な外観のタワーマンションの中層に引越して来た、トムヒ演じる医師のラング。

上層階にはよりセレブが、下層階には家族連れのそれなりなセレブが多く住み、フレンドリーな雰囲気に反して『階級』がガッツリ根ざすセレブマンション。

ラングが越した事に関係あるのか?たまたまタイミングなのか、停電を機に徐々にマンションの秩序が揺らぎだし破滅へと向かう。

 

マンションはセレブの墓場?黄泉の世界?

f:id:tyler-7:20160807230722j:plain

タワーマンションはさながら『一国』や法の及ばない『村』のよう。今まで保たれてた『階級』の均衡が崩れ、死人が出ても誰もマンションから出て行かず、その破滅をただただ受け入れ・狂い・暴動を起こし・酒池肉林に興じる。スーパーの食料も底を尽き、牢獄のようなディストピアと化す。

元々狭いコミュニティであるから不倫なんて当たり前、上層階は乱行ルームとなり、誰が誰の妻で夫なのかも分からなくなるくらいの酒池肉林具合はなかなかヤバい。こういう時は暴力と性欲が如実に顔を出すんだなと。

f:id:tyler-7:20160807234538j:plain

何でみんなこれだけのことがあって出て行かないんだろう?と思うと、個人的には【GANTZ】のマンションの一室ばりな、腐ったセレブたちの成仏できない魂が行き着く『黄泉の世界=タワー』なのかな?と。

コンクリのマンションの外観が墓標のようにも見えるし、現実味のない空間での暮らしは形をなぞるだけで味気なく、呪縛霊ようにその場所にヒエラルキーと共に囚われている。

本作『お金』が出て来ないのはセレブ故にお金から解放された人々、だがセレブたちが人一倍抱える欲望やナルシス精神・優越感・エゴ・虚栄心・嫉妬など思念が蠢き、現世と同じように仕事にも出ればパーティーも楽しみ、気に入らないヤツは蹴落とし、欲望のままに振る舞った結果『黄泉の世界』でさえ破滅させていく。

ペントハウス(最上階)で暮らすタワーの設計者ロイヤルは真っ白な服をまとい神のような存在であるけど、ここでの神なんて渦巻く思念の前では通用せず引きづり下ろされる。 『欲望がもたらす破滅』の話なのかな。

 

良かったところ!

中盤から話の筋がイマイチ分からなくなって呆然と観てたので、これから良かったところと悪かったところを挙げて行く!それでしか語れない。

 

まず何と言ってもトムヒの裸体とファックシーンでしょうね!意外にも満員で客層がどことなくマダムが多く、みんな彼目当てでしょう。

やっぱりカッコいいし雰囲気があるから画が持つのよね。アクの強いメンツの中でも霞まない存在としてナイスキャスティングだと思います!

f:id:tyler-7:20160807235029j:plain

それとセット美術と映像の良さ!狭いけどミッドセンチュリーな部屋の内装に、合わせ鏡のエレベーター、最上階にはガーデニングばっちりな庭に駐車場にはクラシックカーなど、全体的にキューブリック作品のような無機質で直線多めのセットが印象的で、モンタージュを合間合間に差し込むカッコいいミュージックビデオのような映像がそれにマッチしていた。

他にはSoftbakの白戸家のお父さんに似た白い犬や、わりとさらっとグロテスクなシーンが出たり、スーパーのレジの無愛想で可愛い子が【ニンフォマニアック】のステイシー・マーティーちゃんだったり、その辺は良かったかな。

 

悪かったところ!

中盤から物語の『話』の部分がよく分からず、今これは何が起こってん?どうなってん?終着点はどこ?と『?』が浮かびっぱなしだったのは、自分の理解能力が乏しいのもあるが、それにしても難解すぎる見せ方と話はどうなんだろ?

正直これがこのまま続くなら劇場出ようかな...って頭を過るくらい、よく分からなかった。人生初の途中退場!?を遂行するとことでした。

f:id:tyler-7:20160807230341j:plain

他には、登場人物が多い!多いこと自体には全然問題なくて、後半から主役のトムヒ以上に色んな人たちが画面を占めて行くんだけど、そうならそれでもうちょっと序盤で個々を描いて欲しかったな。

イマイチこいつが何の人か分からないまま、ごちゃごちゃし出しとっ散らかって行く。女性の顔もどことなく似てたり、出てくる名前が覚えにくかったり、その辺りがどんどん分からなくなるでも一因かなと。

限定された閉鎖空間に富裕層貧困層が暮らす【スノーピアサー】を思い出したり、セレブ版【スノーピアサー】ですね!違うか?!

f:id:tyler-7:20160808010426j:plain

あとは至れり尽くせりって設定のマンションの設備や内容がそこまで魅力的じゃないのが残念。スーパーの品揃えなんて明かに乏しいし、ダストシュートが狭くて大きいゴミ袋NGってそりゃねえだろ。とは言え全体的な話の『?』感がそんな細かいポイントを凌駕しちゃうんで、別に良いんだけども。

 

内容的には非現実的で『こういう未来もきっとあった』と昔の人が考えた悪夢のようなSF作品でした。セレブのそれっぽいディストピアを呆然と堪能したい人は是非!2〜3回繰り返し観ても分からない気がする。

 

まとめ

良かった点

悪かった点

  • 中盤から『?』満載でとっ散らかった難解映画にシフトしていく
  • 整理しきれない登場人物

評価:★★  うーん、イマイチ... つまらないとまでは言わないけど、予告編ほどキャッチーな作品ではないです。カッコいい映像やトムヒファンにはオススメ出来るかな。

起承転結がシッカリある作品が好きな人にはオススメしませんが、観た後あーでもないこーでもない話せると作品だとは思います。

[ 予告編 ]

[ 映画館を探す ] 「ハイ・ライズ」の映画館(上映館)を検索 - 映画.com

 

アートワークの良さ!

作品の出来をカバーするように、ポスターのアートワークがかなりカッコいいので何いくつかご紹介。日本版じゃなく海外版ですがアートワークでいうと今年ナンバーワンです!

f:id:tyler-7:20160808014034j:plain

f:id:tyler-7:20160808014103j:plain

f:id:tyler-7:20160808014120j:plain

f:id:tyler-7:20160808014135j:plain

f:id:tyler-7:20160808014150j:plain

f:id:tyler-7:20160808014050j:plain

f:id:tyler-7:20160808020846j:plain

f:id:tyler-7:20160808014203j:plain

 

関連&オススメ作品!

キル・リスト

ベン・ウォートリー監督の過去作。評判は良くないけど観てみたい。

f:id:tyler-7:20160808015237j:plain

 

スノーピアサー

ポン・ジュノ監督のSF作品。こっちの方がちゃんとエンタメしてて話も全然分かりやすい。

f:id:tyler-7:20160808015321j:plain

 

にほんブログ村 映画ブログへ  1日1クリックお願いします!