アバウト映画公園

"ほどほどの映画好き"アバウト男が最新作から旧作まで映画の感想をゆるめに書き綴る映画ブログ!たまに気になるドラマやおすすめ映画を紹介!基本大したことは書いてない。

【映画感想】ハドソン川の奇跡 / 静かなる感動!プロフェッショナルな男が手繰り寄せたNYの奇跡!!!

f:id:tyler-7:20160829020830j:plain

あらすじ:2009年1月15日、真冬のニューヨークで、安全第一がモットーのベテラン操縦士サレンバーガー(サリー)機長(トム・ハンクス)は、いつものように操縦席へ向かう。飛行機は無事に離陸したものの、マンハッタンの上空わずか850メートルという低空地点で急にエンジンが停止してしまう。このまま墜落すれば、乗客はおろか、ニューヨーク市民にも甚大な被害が及ぶ状況で彼が下した決断は、ハドソン川への着水だった。(シネマトゥデイ)

 

製作国:アメリカ 上映時間:96分 製作年:2016年

監督:クリント・イーストウッド

キャスト: トム・ハンクス / アーロン・エッカート / ローラ・リニー / ジェフ・コーバー / オータム・リーサー / サム・ハンティントン / クリス・バウアー / ジェリー・フェレーラ / ホルト・マッキャラニー / マックス・アドラー / ヴァレリー・マハフェイ 等

 

プロフェッショナルな男が手繰り寄せた奇跡

クリント・イーストウッド監督・トム・ハンクス主演で、前作の【アメリカン・スナイパー】に引き続き実話ベースの最新作映画【ハドソン川の奇跡】。と言うかクリント・イーストウッドの新作なら観に行くだろ!と言う事で観てきました。

ネタバレどうこうの映画じゃないと思うけど、それなりに内容に踏み込んでいます。感想は、

 

変な言い方だけど、面白かった!静かに感動し、要所要所で涙してしまった。

鳥の大群が突っ込んで来たことにより航空機の全エンジンが停止。近くの空港に引き返さず、咄嗟の判断で航空機をハドソン川に不時着水させ乗客155人全員を救った機長の実話ベースの話。
全員が無事助かったものの、彼の『ハドソン川への不時着の判断』は果たして正しかったのか?審議の目が向けられる。

f:id:tyler-7:20160925102541j:plain

印象として立派な『お仕事映画』でした!機長のサリーの長年積み重ねた経験と実績・それによる直感と判断、いつ何時だって冷静に対応し、責任持って最後の最後までやるべき事を全うする。当人には当たり前の事なんだろうけど、周りから見たらそのプロフェッショナルな姿勢に唸らされる。どんな状況であれ周りに対する気配りも大きい。

彼の誠実な行動の中でも、真冬のNYの川に着水してからは全てをコントロール出来るわけもなく、海上警備隊の船や救援隊による、機外に出た乗客の救助などタイミングによる、文字通り『奇跡』の側面もまた大きい。少しでも遅れていたらどうなっていたかは分からない。

f:id:tyler-7:20160925102504j:plain

 

スマートで観やすい大人な映画

『至極の世界仰天ニュース』って言っちゃうとイーストウッド監督に失礼だけど、本作はそれくらい小難しくなくて観やすかった。サリーのPTSD気味の悪夢や「もしかしたら、こうなっていたかもしれない」悲惨な幻影を交えつつ、必要最低限に抑えたタイトな96分、不時着までの状況を視点を変えつつ紐解き、観客が共にサリーの判断を検証しその証人となる。

f:id:tyler-7:20160925102304j:plain

あのサリーが窓越しに見た飛行機がビルに突っ込む幻影は、もし管制官の指示に従って近くの空港に引き返していたら辿る飛行機の運命であって、「自分の判断は正しかった」と思い込みたいサリーの気持ちの表れなのかなと。

カタルシスや感動をシッカリと押さえた、スマートで大人な映画でした。

 

もうね、個人的には「みんな助かったんならずべこべ言うなや〜!」となる、サリーや副操縦士のジェフに対して執拗に疑いの目を向けるNTSB(国家運輸安全委員会)の追求が苛立たしく。

彼らには彼らの仕事があるんだろうけど、あのシミュレーションのズサンさはねぇだろうと。シミュレーションマシンの中で、実飛行の経験もなさそうなシュミレーターが、なんの責任も実感も・死の重さも感じないヌルい環境下での検証って。。それをドヤ顔で見せつけたNTSBの審議官。

多分自分だったら「ふざけんなっ!」と感情的に声を荒げてしまいそうだけど、サリーとジェフは、冷静に1つ1つ意見や当時の状況を語る。ここも含めて大人な対応でり、仕事の延長上であり、プロフェッショナルなんだろうな。ホント見習わないといけないですね。

 

トム・ハンクスのさり気ない名演

f:id:tyler-7:20160925102349j:plain

それと何と言っても、サリーを演じたトム・ハンクスの説得力。彼の着水時の眼差しが忘れられない。神に祈ったり一か八かなんて顔は見せず、前を見据える覚悟の目。そこだけで彼の姿勢や人柄を物語る。

それに病院で乗客155人が全員無事だと聞かされた時の、喜びと安堵が混ざったあのぎこちない反応と表情。それでいて緊張の糸をまだそこで解かない繊細なニュアンス。

「155人…?」と反復するように漏らす声とかトム・ハンクス上手いなあと。今までは安心して観れる俳優くらいのイメージしかなかったけど、彼のフィルモグラフィーを遡りたくなりました。観てない作品もそれなりに多いし。

 

ジェフを演じたアーロン・エッカート

てか忘れてないよ!アーロン・エッカート!ジェフがボソッと呟くフォローの言葉が的確で、観客の言いたい事や想いを代弁するような存在でもあった彼は、作品としても実際の事故にしても重要な人物でしたね。

サリーがもてはやされる中それをひがむ様子も微塵もなく、審議後のサリーからの感謝の言葉もサラっと受け止める粋なオヤジ。その廊下のシーンで、サリーを持ち上げるインパクトが強すぎて、誰も向けることが無かったジェフの功績を、サリーはちゃんと噛み締めていて言葉として出した瞬間、なんかホッとしましたね。

f:id:tyler-7:20160829024039j:plain

序盤の、『不時着』すると決めたサリーのジャッジの早さとか、後の取り調べで「酒は飲んでたか?」と質問されるシーンで、意味深に「なんか酒が好きそうだな…」と思わせるジェフを映したり、イーストウッド監督の意地悪な見せ方もあるんだど、そこは

疑ってごめん!

と観終わってから思い返しました。ロバート・ゼメキス監督作【フライト】の件もあったしね、それを観たことで変なミスリードにもなってて。

 

とは言え、誰もが胸を打たれる映画なんじゃないでしょうか!前作の【アメリカン・スナイパー】の終わり方はずしんと来る余韻が衝撃的だったけど、『奇跡』を再確認し偉業の大きさを実感させる、本作の終わり方もまた素晴らしかったですね。

 

まとめ

良かった点

  • 仕事に対するプロフェッショナルな姿勢を堪能できる
  • イーストウッド監督による、作風に合わせた無駄のない見せ方と観やすさ
  • 経験を積んだトム・ハンクスの名演
  • アーロン・エッカートのナイスサポート

悪かった点

  • これと言って特にないかな

評価:★★★★  結構良かったぜ!

これだけコンスタントに良作を連発してしまうイーストウッドって人は凄いですね。彼の作品はこれからも観て行きたい!撮り続けてください!

[ 予告編 ]

[ 映画館を探す ] 「ハドソン川の奇跡」の映画館(上映館)を検索 - 映画.com

 

関連&オススメ作品!

アメリカン・スナイパー

どっちかというと本作より前作の【アメリカン・スナイパー】の方が個人的には好きなは。

f:id:tyler-7:20160925112552j:plain

 

フライト

デンゼル・ワシントン主演・ロバート・ゼメキス監督作。かなり本作に題材は近いかな。この作品を劇場で観た時の不完全燃焼感をイーストウッド監督が晴らしてくれました。

f:id:tyler-7:20160925112627j:plain

 

キャプテン・フィリップス

トム・ハンクスが演じた役柄としてはこの作品にも近い物がありました。こっちは海賊にジャックされる船の船長役。トム・ハンクスは人の良さと責任感が似合う俳優ですね!

f:id:tyler-7:20160925112646j:plain

 

11ミニッツ

9.11のテロ以降、航空機が低空を飛ぶ恐怖はこのベテラン監督作でも観られた。

f:id:tyler-7:20160925114404j:plain

 

にほんブログ村 映画ブログへ  1日1クリックお願いします!