アバウト映画公園

"ほどほどの映画好き"アバウト男が最新作から旧作まで映画の感想をゆるめに書き綴る映画ブログ!たまに気になるドラマやおすすめ映画を紹介!基本大したことは書いてない。

新作映画11月 おすすめ10選 / 洋画多め!『ミュージアム』は小栗旬の代表作となるのか!?

 

どうも、アバウト男です!

今年もあと2ヶ月を切りましたね〜早い!今回も個人的に気になっている&観るつもりの2016年11月公開の新作映画を10本ピックアップしてみました!

10月は8本の新作邦画を観た『邦画月間』でしたが、11月は洋画多めです。

 

作品の並びは公開日順になります。公式サイトのリンクを貼っているで、あらすじ/キャスト/予告編/上映館などはそちらからチェックしてください。※【ミュージアム】の予告に映る犯人の件はネタバレじゃないので安心してください。

 

気になる11月公開の新作映画10選!

 

ソーセージ・パーティー / 公開日11月4日(金)

f:id:tyler-7:20161030234102j:plain

概要:人間に買われることを夢見るスーパーマーケットの食材たちが、自分たちを待ち受ける運命を知ったことで決死の逃走劇を繰り広げるコメディーアニメ。監督を『劇場版 きかんしゃトーマス』シリーズのグレッグ・ティアナンと『マダガスカル3』などのコンラッド・ヴァーノン、音楽を数々のディズニー作品で知られるアラン・メンケンが担当。製作陣にも名を連ねるセス・ローゲンをはじめ、ジョナ・ヒル、ジェームズ・フランコ、エドワード・ノートンらが声優として参加している。(シネマトゥデイ)

f:id:tyler-7:20161030234203j:plain

▶ 人間を悪魔のような存在に見立てた食材目線で描くブラックコメディ・アニメーション!予告を見る限り相当バカですね〜!R15なので下ネタも満載!?ひたすら頭を使わずに楽しめそうな一作。

期待値:★★★★

【追記:感想】

 

 

溺れるナイフ / 公開日11月5日(土)

f:id:tyler-7:20161030234435j:plain

概要:映画化もされた「平凡ポンチ」「ピース オブ ケイク」などのジョージ朝倉の人気コミックを映画化した型破りなラブストーリー。東京から田舎町に引っ越して来た美少女と、個性的な少年の出会いを軸に、10代特有のヒリヒリとした青春の日々を描写する。主演は、小松菜奈と菅田将暉。監督を務めるのは原作の大ファンだという『5つ数えれば君の夢』などの山戸結希。原作が持つ独特の世界観をスクリーンに焼き付けた物語に魅了される。(シネマトゥデイ)

f:id:tyler-7:20161030234603j:plain

▶ ただただその辺に転がってような甘ったるい『学生恋愛映画』には見えない雰囲気を放つのは小松菜奈と菅田将暉だからか?

個人的にはどこか感じる【下妻物語】ぽさで気になってて惹かれているものの、脚本にキム兄の映画【ニセ札】【ワラライフ】の脚本家が参加している危うさもある。面白いのかな?

期待値:★★★

【追記:感想】

 

 

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に / 公開日11月5日(土)

f:id:tyler-7:20161030234822j:plain

概要:『6才のボクが、大人になるまで。』で話題をさらったリチャード・リンクレイターが、監督と脚本を務めた青春ドラマ。野球推薦で大学に入学した主人公がこれからの数年を共にすることになる仲間たちと出会い、授業開始直前に過ごす濃密な時間を映す。出演は、ブレイク・ジェナー、ゾーイ・ドゥイッチ、グレン・パウエルら。主人公たちの青春が共感を呼ぶ。(シネマトゥデイ) 

f:id:tyler-7:20161030234910j:plain

▶ リチャード・リンクレイターの新作という事で俄然気になる青春映画!大人になりたいような・なりたいくないような、大学に入学する3日前の浮き足立った物語!これ野球好きの人ならよりハマるんだろうな〜。

期待値:★★★

 

 

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK / 公開日11月11日(金)

f:id:tyler-7:20161030235539j:plain

概要:リー・チャイルドの小説を実写化したアクション『アウトロー』の続編。かつてアメリカ軍の優秀な秘密捜査官だったが、今は放浪生活を送る男ジャック・リーチャーが、巨大な陰謀に挑む。監督は、『ラスト サムライ』などのエドワード・ズウィック。前作に引き続いてトム・クルーズが主演を務め、『アベンジャーズ』シリーズなどのコビー・スマルダーズやテレビドラマ「プリズン・ブレイク」シリーズなどのロバート・ネッパーらが脇を固める。ド派手な見せ場の数々や、トムのアクションも痛快。(シネマトゥデイ) 

f:id:tyler-7:20161030235633j:plain

▶ あの一見地味ながらも面白かった【アウトロー】の続編!ジャック・リーチャーが帰って来たぞ!

なんだけどまさかの監督交代!1作目のクリストファー・マッカリーの降板はホントに残念。これは観ると思うけど、あんまり期待しないでおこう。

期待値:★★★

【追記:感想】

 

 

ミュージアム / 公開日11月12日(土)

f:id:tyler-7:20161031000252j:plain

概要:「ヤングマガジン」連載の巴亮介のサイコスリラー漫画を実写映画化。現場に謎めいたメモを残し雨の日にだけ残忍な猟奇殺人を繰り返すカエル男と、妻子をカエル男に狙われた刑事の攻防をスリリングに描き出す。原作の持つ迫りくるような恐怖と絶望感を表現するのは、『ハゲタカ』や『るろうに剣心』シリーズなどの大友啓史。犯人を追ううちに極限状態に追い込まれていく主人公を、『信長協奏曲』シリーズなどの小栗旬が熱演する。(シネマトゥデイ) 

f:id:tyler-7:20161031000400j:plain

▶ 和製『セブン』を意識した同名漫画の実写化。監督は【るろうに剣心】の大友啓史だけあってそれなりに面白いんじゃないかな。ただ1つ前の【秘密 THE TOP SECRET】がコケてるので何とも言えないか。

今まで代表作が浮かびにくい小栗旬の代表作となるのか!?試写を観た人た人の反応は良いみたいなので、グロ描写含め期待したい!

あとワンオクが歌う主題歌『Taking Off』がすでに最高にカッコイイ!

期待値:★★★★

【追記:感想】

 

 

ガール・オン・ザ・トレイン / 公開日11月18日(金)

f:id:tyler-7:20161031000746j:plain

概要:ポーラ・ホーキンズの小説を基にしたミステリー。通勤電車の窓から人妻の不倫現場を目撃したのを機に、殺人事件に巻き込まれる女性の姿を追う。メガホンを取るのは、『ジェームス・ブラウン ~最高の魂を持つ男~』などのテイト・テイラー。『プラダを着た悪魔』などのエミリー・ブラント、『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』などのレベッカ・ファーガソンらが集結する。待ち受ける衝撃のラストに息をのむ。(シネマトゥデイ) 

f:id:tyler-7:20161031000843j:plain

▶ 俺らのエミリー・ブラント姉さん主演のミステリー映画!不倫現場の目撃を機に殺人事件に巻き込まれるってストーリーを聞くだけだとパンチは弱そう。ここ最近だとシャーリーズ・セロン主演作【ダーク・プレイス】枠か!?

期待値:★★★

【追記:感想】

 

 

世界の果てまでヒャッハー! / 公開日11月19日(土)

f:id:tyler-7:20161031001125j:plain

概要:ブラジルの高級リゾート地にバカンスにやってきた男たちが大騒動を繰り広げるアドベンチャーコメディー。ジャングルの秘境ツアーに繰り出した一行の珍道中が描かれる。脚本やプロデューサーもこなしてきたニコラ・ブナムと、主演も務めるフィリップ・ラショーがメガホンを取り、『コルシカン・ファイル』などのクリスチャン・クラヴィエらが出演。おバカな男たちが巻き込まれるハプニングの数々に笑いが止まらない。(シネマトゥデイ) 

f:id:tyler-7:20161031001226j:plain

▶ 予告を観る感じでは【ハングオーバー】的な雰囲気のあるPOV型コメディ!意外と『POV型コメディ』あるようで無かった。これは何とも興味深い!タイトルの『ヒャハー』が表すようにハチャメチャ感に期待!

期待値:★★★★

 

 

胸騒ぎのシチリア / 公開日11月19日(土)

f:id:tyler-7:20161031002012j:plain

概要:『ミラノ、愛に生きる』などのルカ・グァダニーノが放つヒューマンドラマ。イタリアのシチリア、パンテッレリーア島で恋人と過ごす女性ロック歌手に元パートナーが訪ねてきたことから、その胸中や人間関係に思わぬ変化が生じる。『フィクサー』などのティルダ・スウィントン、『シンドラーのリスト』などのレイフ・ファインズ、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』などのダコタ・ジョンソンらが結集。誘惑と理性の境をめぐる物語に、引き込まれる。(シネマトゥデイ) 

f:id:tyler-7:20161031002117j:plain

▶ これは完全にティルダ・スウィントン目当てで気になっている。カップルにカップルが合流して、イタリアのシチリアで繰り広げられるどギツい大人の4角関係。ロッテントマトのトマトメーターは90%・オーディエンスは60%とそれなりにはイイんだろうな!

期待値:★★★

 

 

エヴォリューション / 公開日11月26日(土)

f:id:tyler-7:20161031002647j:plain

概要:第63回サンセバスチャン国際映画祭の審査員特別賞、最優秀撮影賞受賞など、各国の映画祭で高い評価を獲得した異色のドラマ。少年と女性しか住んでいない島を舞台に、そこに隠されている秘密を知る10歳の少年の姿を追う。メガホンを取るのは、『ミミ』『エコール』などのルシール・アザリロヴィック。『エール!』などのロクサーヌ・デュラン、『マリー・アントワネットに別れをつげて』などのジュリー=マリー・パルマンティエらが出演。全体を貫く不穏なムードと美しい映像に引き込まれる。(シネマトゥデイ)  

f:id:tyler-7:20161031002804j:plain

▶ これは【無垢の祈り】を観に行った時に流れた予告で一目惚れ!ただただ映像美にヤられた。ライティングの色味や構図然り、ワンシーンワンシーンが絵画のよう。

少年と女性だけが暮らす島の秘密とは!?個人的今月イチオシな注目作!

期待値:★★★★★

映画『エヴォリューション』公式サイト

 

 

母の残像 / 公開日11月26日(土)

f:id:tyler-7:20161031003159j:plain

概要:鬼才ラース・フォン・トリアーのおいで、『オスロ、8月31日』などのヨアキム・トリアー監督作。第68回カンヌ国際映画祭を筆頭に各国の映画祭に出品された。亡くなった戦争写真家の回顧展を準備する夫と息子たちが、彼女の未知の一面と死の真相に触れる。『チリ33人 希望の軌跡』などのガブリエル・バーン、『ソーシャル・ネットワーク』などのジェシー・アイゼンバーグらが出演。家族を深く見つめた物語に注目。(シネマトゥデイ)  

f:id:tyler-7:20161031003328j:plain

▶ ラース・フォントリアーのおいが監督なのと、ジェシー・アイゼンバーグ出演の2点だけで、取り敢えず惹かれてる作品。

とは言え、戦争写真家の母が原意不明の交通事故死。その真相に夫と息子が触れた時…?!的な内容として面白そうな予感はする!

期待値:★★★

 

以上この10作品となりました!

【オーバー・フェンス】が良かった、山下敦弘監督の最新作【ぼくのおじさん】も気になってはいたんだど、主演の松田龍平を予告を観るたびに、あんまり好きじゃないなって事に気付いてしまったので多分スルーすると思います。

 

 にほんブログ村 映画ブログへ

過去の新作リスト / 感想追記済み