読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アバウト映画公園

"ほどほどの映画好き"アバウト男が最新作から旧作まで映画の感想をゆるめに書き綴る映画ブログ!たまに気になるドラマやおすすめ映画を紹介!

アウトロー【ネタバレ/映画感想】自由な男ジャック・リーチャーの魅力が詰まった1作目!続編公開記念!

洋画 【ア行】 洋画 評価:★★★★

f:id:tyler-7:20161111021611j:plain

あらすじ:真昼のピッツバーグ郊外で無差別に6発の銃弾が撃ち込まれ、5名が命を落とすという事件が発生。警察は事件発生後1時間という早さで、元軍人で腕利きスナイパーだったジェームズ(ジョセフ・シコラ)を容疑者として拘束する。だが彼は容疑を全面否認し、かつて軍の内部で一目置かれていたジャック(トム・クルーズ)への連絡を求める。(シネマトゥデイ)

 

製作国:アメリカ 上映時間:130分 製作年:2012年

監督:クリストファー・マッカリー 原作:リー・チャイルド

キャスト:トム・クルーズ / ロザムンド・パイク / リチャード・ジェンキンス / デヴィッド・オイェロウォ / ヴェルナー・ヘルツォーク / ジェイ・コートニー / ロバート・デュヴァル / ジョセフ・シコラ / アレクシア・ファスト / マイケル・レイモンド=ジェームズ / クリステン・ダルトン / ディラン・カスマン 等

 

ジャックリーチャー現る!

どうもアバウト男です。

トム・クルーズ主演【アウトロー】の続編【ジャック・リーチャー  NEVER GO BACK】が公開されるということで、復習として久しぶりに前作の【アウトロー】を鑑賞しました。

てか続編のタイトルの件だけど、もう【アウトロー2】でイイじゃん?! とは思いましたが【アウトロー】の原題が【ジャック・リーチャー】だったんだね。本作のネタバレ込みの感想は、

 

2度目の方がより面白かった!

世間的な評価はそこまで高くないけど個人的にはかなり好感を持っている作品で、改めてトム・クルーズ演じるジャック・リーチャーのキャラ、謎解きとハードボイルドアクションを掛け合わせた作風に、時たま笑いを誘うオフビートさが心地いい良作だなと!

f:id:tyler-7:20161111023552j:plain

というかこれだけ再鑑賞で楽しめたのは、だいぶ話の内容を忘れていたのが大きい。それもそのはず、本作はあまりフレッシュな描写は無いし、どこかで見たような展開で構成されてるように見える。言っちゃえば地味…

なんだけど、思い出すように細かなところを観て行くと、1つ1つに無駄のない削ぎ落とされた映画だなと気付き、それが観終わった後の満足感に繋がる。

決して長く続かない瞬発的な面白さが、主役のジャック・リーチャーのパッと現れてパッと去って行く姿にもどこか通じる。「そう言えばあんな人いたよね」みたいな。

 

謎解きとハードなアクション! 

まず事件の真相を追うサスペンスとハードボイルドなアクションが、互いに引き立て合うイイ絡み方をしている作風がイイ!

リーアム・ニーソンの【96時間】やウォン・ビンの【アジョシ】などに代表されるような『舐めてた相手が実はめちゃくちゃ強い男だった』映画と同じ括りにされそうだけど、

本作、リーチャーは弁護士のヘレンと共に、5人の命を奪った無差別狙撃事件の真犯人とその黒幕を暴くため、無能な警察に変わり足を使って地道な捜査をして行く。

f:id:tyler-7:20161111023710j:plain

捜査が進展し犯人グループに目を付けられてから、リーチャーの真の姿がお目見えする!

バーでチンピラが絡んで来るシーンでは、一見強そうに見えないリーチャーを完全に舐めきった姿勢で喧嘩を売って来るので、そいつらがサクッとやられる様は素直にスカッとする。

他にも、エンジン音と運転している表情・多角的なアングルで魅せるストイックなカーチェイスシーンや、クライマックスの夜の採掘場に乗り込んで行ってのバトルも見応えがある!

 

『謎解き&ハードなアクション』で言うとロバート・ダウニーJr.主演の【シャーロック・ホームズ】シリーズがあるけど、あっちのとって付けたようなアクションよりは、ジャックの『リアルに人知れず身を潜めている街の仕置き人』テイストが良くて、個人的には【アウトロー】の方が断然好きですね!あの無駄な動きのないファイティングスタイルは何て言うんだろ?

 

ツンデレ男とオフビート感!

この作品の売りはなんと言っても、ジャック・リーチャーという愛すべきキャラでしょうね!強いのは言わずもがな、頭脳明晰で状況分析に長け、狙撃の腕もピカイチ。経歴も色々ヤバくて基本『身一つ』あればなんの問題もない、そして携帯も持っていない自由を愛する男。

リーチャーと共に行動する女性や観ている観客然り、自然と惚れさせるツンデレ感も堪らん!『突き放しておいて、結果協力するスタンス』という、なんとも王道なツンデレを嫌みなく振る舞う。

自分の気が向けば協力し、とことん己の力を発揮し問題解決に勤しむナイスガイ!流れ者(アウトロー)でありトラブルシューターですね。

 

基本戦う前に「後悔するからやめとけ」と一応気を遣ってみせる辺りも優しいし、「救急車の中を見たいか?」などの脅し文句もバリエーションがあって、この男をもっと見ていたくなると思わせる絶妙な塩梅をトム・クルーズがコントロールし演じている。

ヒロインとベタなラブシーンが無いとか、小汚い革ジャンルックで服を一着しか持ってないとか、そういうちょっとしたディテールもツボで。

f:id:tyler-7:20161111025556j:plain

もう1つこの作品の好きなポイントが、そんなリーチャーのキャラが活きるような、クスッとさせるオフビートなノリだ。

敵にハメられ警察にも追われるジャックがバス停の一般人に紛れるシーンで、隣のオジサンが気前良く帽子を貸してくれるシーンや、マシンガンを持った敵がうろつく採掘場での決戦シーンで助っ人から渡される武器が銃ではなくナイフ1本だけ、この時の「おいおい、マジか」みたいなリアクションとかトム・クルーズならでは。

その後ナイフを落しちゃって、しょうがなく落ちてる石で相手を殴りだしたり、いたって本人は真面目なんだけど、笑えてしまうおかしさがある。

 

力強い助っ人:元海兵のキャッシュ

f:id:tyler-7:20161111030736j:plain

もう一人魅力的なキャラを忘れちゃいけない!と言うか完全に忘れてたんだけど… この作品の面白さを後半グッと引き上げるのが、ロバート・デュヴァル演じるキャッシュおじいちゃん。

リーチャーが捜査中に訪れた射撃場で知り合う、射撃場のオーナーで元海兵隊員。まさか終盤でジャックの助っ人として良いコンビネーションを見せる展開になるとは。このベテランじいさんカッケーのよ!

見るからに現役感は無いけど、銃声に耳を澄ませて長年培った経験と感覚を頼りに狙撃するスタイルがカッコ良く、やる時はやる男。

歳のせいか銃声に耳を澄ませ相手の位置を割り出すのに時間がかかり過ぎて、その間敵に狙われまくってるリーチャーが「早く撃て!」と焦るシーンも笑える。

f:id:tyler-7:20161111031416j:plain

あと、これは2度の鑑賞で思った事なんだけど、キャッシュの表情筋の動かし方や雰囲気がビートたけしにしか見えないのよね。2人のやり取りを観てるとビートたけしとトム・クルーズが共演し、共に戦っているように見えて変な高揚感もあったり。ただこんなチャーミングなキャラが続編で出ないのは残念過ぎる。

 

意外と豪華なメンツ!

一見地味な作品ながらも他のメンツも良くて。まず本作の監督は【ミッション:インポッシブル/ローグ・ネーション】の監督や【ユージュアル・サスペクツ】【オール・ユー・ニード・イズ・キル】の脚本を務めたクリストファー・マッカリー!

【ミッション:インポッシブル/ローグ・ネーション】が傑作だったので、引き続き6作目も監督予定。そっちを取ったのか続編の【ジャック・リーチャー NEVER GO BACK】の監督は別の人がやってます。これはマジに残念。

f:id:tyler-7:20161111032931j:plain

一緒に捜査をする弁護士ヘレンを演じたのは、後に【ゴーンガール】で名演見せるロザムンド・パイク。本作持ち前の巨乳を惜しみなく強調してくれます。2世弁護士感がなんか似合ってるのよね。

あと敵役を演じたジェイ・コートニーは【スーサイド・スクワッド】のブーメラン男だったり、今振り返ると意外にも濃厚な組み合わせだっんだなと。

命が脆くも奪われる容赦ない残酷さをちゃんと見せてくれたり、夜のショットを魅力的に見せたり、一切ダレる事なくサクッと楽しめる一本です!

 

まとめ

評価:★★★★  結構良かったぜ!

トム・クルーズが演じる【ミッション:インポッシブル】シリーズのイーサン・ハントとはまた違った良さがあるハマリ役ですね。まだ観てない人に是非ともオススメの一作です!

[ 予告編 ]

にほんブログ村 映画ブログへ

 

関連&オススメ作品!

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK

トム以外監督も出演陣も新しいメンツ、キャッシュみたいなナイスなキャラはいるのか?美女との普通の映画になってそうな予感が…

f:id:tyler-7:20161111033900j:plain

 

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネーション

誘拐犯

誘拐犯 DTSスペシャル・エディション [DVD]

誘拐犯 DTSスペシャル・エディション [DVD]