読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アバウト映画公園

"ほどほどの映画好き"アバウト男が最新作から旧作まで映画の感想をゆるめに書き綴る映画ブログ!たまに気になるドラマやおすすめ映画を紹介!基本大したことは書いてない。

【ドラマ感想】逃げ恥 / 神回だった第6話!童貞コメディを経て男になる平匡!ネタバレあり

f:id:tyler-7:20161117012547j:plain

 

どうも、アバウト男です!
TBSで火曜 22:00〜放送の【逃げるは恥だが役に立つ】通称【逃げ恥】の第6話!またまた視聴率を更新したみたいですね!今回もネタバレありの感想になります。 

▼おさらい用に今までの感想を

率直に第6話の感想を、 

最高じゃないかっ!!!!!

 

第4話の『みくりからの逆告白』や、第5話の『心からのハグ』も良かったけど、今回の第6話のソレは「あっ」と思わず声が出る展開!

全体的に笑いの要素も高く、興奮していつもより感想が若干長めになっております。

 

童貞コメディとして秀逸!

みくりの叔母の百合ちゃんから一泊二日の新婚旅行?を半ば押し付けられる形でプレゼントされ、ありがたく旅館に泊まることになったみくり(ガッキー)と平匡(星野源)。

今回は女性との旅行&同じベッドで寝たこととない童貞平匡の、一泊二日の旅を無事乗り切れるかどうかの、どたばたミッションとなっていた。

いつも言っている『スパイもの要素』が今回は『童貞コメディ』として昇華されていた。

f:id:tyler-7:20161117013746j:plain

そこにスパイスと効いて来るのが、平匡の同僚の日野からプレゼントとして受け取っていた『とぐろターボ』というまむしドリンク3本セット。飲めばアレがギンギンになる代物だ。いや〜平匡はにはどう見ても荷が重い!ここがコンドームだとベタだし、隠しにくい絶妙な大きさが良いのよね。次第にドリンクの箱が時限爆弾みたいに見えて来る。

 

部屋に着いてからプレゼントの中身が『とぐろターボ』だと気付いた平匡は、みくりに見られないように『とぐろターボ』を隠すのにワタワタする。

秀逸だったのは『とぐろターボ』をヘッドスライディングする要領で、棚の下にサッと投げ入れる隠すシーン。そこでスライディングする場所がに段差があって、段差でガクンとなりつつも、平匡の投げ入れる後ろ姿に思わず爆笑してしまった!星野源は【モテキ】の森山未來ばりに、意外と身体的ポテンシャルも秘めてますね。

その後、予告でも出てた前方に落とした『とぐろターボ』に飛びついて隠す「見ちゃダメ!」のシーンもあったりで、前半で大いに笑わせてもらった。今回は笑いの要素申し分ない!

f:id:tyler-7:20161117012727j:plain

 

みくりの『疲れた…』発言と涙

そんな一人でバタバタして、無事一泊二日の新婚旅行を乗り切れそうで若干満足気の平匡に対し、みくりの心は徐々に離れて行った。

今までの契約結婚やハグの提案然り、諸々の行動において全てみくり発信で、奥手な平匡はいつも受け身な姿勢。しかも近付こうとすると牽制され、夜中に一緒に寝ているベットから平匡に抜けられ、万が一の勝負下着でさえ不発に終わる。

f:id:tyler-7:20161117013936j:plain

「一人で何やってんだろ…」と鏡に向かってふと我に返るみくりのがとうとう放つ一言が、

疲れた…

あ〜、平匡やっちまったな、おい!女性から発せられる「疲れた」のセリフはヤバい!そこにプラスしてガッキーの『あの死んだ目の表情』。何だろう女性の浮かないというよりも、そこに心が無い、抜け殻のようなあの表情。ガッキー上手いな!何度かこういう経験あるのか?!見るからに『あの表情』と伝わるニュアンス。

そこにダメ押しの流れる一筋の涙。もうここまで来てしまったらお終いだ。分かる!経験上分かるっ!『あの表情=終わり』なのだ。

 

 

 

ラストの大逆転劇!

帰りの電車、進行方向に向かって2人並んで座るも2人のテンションはどこか差がある。

平匡は色々あったなと物思いに耽りつつ「あと一駅で、またみくりさんと雇用主と従業員の関係になってしまうのか…」名残惜しそうに。

方やみくりは悟ったように「あと一駅で、雇用主と従業員の関係に戻り、何も期待せず生活していこう」と決意する。

一見似ているようで思うところは若干違っている2人の気持ちが、ラストの一言で見事に重なる。

このまま永遠に着かなければ良いのに。

ただ、この心の中の声は相手には聞こえない。そして駅に着く。2人のこの関係もただこ雇用主と従業員に戻る。いや、みくりの様子からしたらこの関係も終わりだろう…

そんな事を思ってた矢先、みくりが電車から降りるため立ち上がろうとした瞬間、

 

平匡がみくりの手を取り、そのままキス!!!

そして間髪入れずエンディングの恋ダンス…  フォーーー!なんだよそれ!おい!なんだよ!軽くパニックっ!見ている人全員が息を呑み固まったであろうラストの展開!

f:id:tyler-7:20161117014137j:plain

平匡ーーーー!

部屋についてる露天風呂で1人のぼせるわ、女性と1つのベッドでどう寝るのが適切かをググり忘れて来た事をベッドの中で後悔するわ、みくりを1人ベッドに残し、耳栓とアイマスクを使って別の場所で寝るわ、みくりに勝負下着を付けさせといてスカすわ、元彼と遭遇したみくりを置いて部屋に先帰るわ、男としてはかなり減点に次ぐ減点をやらかした、プロの独身を自称する童貞の平匡が、

『女性が今求めている事を察し、理想的な形で答える』という、難易度ウルトラCの逆転ホームランを決めるとは!なんぞやっ!

 

勝負の回は金子さん演出 !

前半は思いっきり『童貞コメディ』で笑かし、後半はみくりの心が折れ、2人の関係が崩れる寸前で平匡からの突然のキス・胸キュンで締める展開。

そんなストーリー&脚本を、これでもかという形で映像に落とし込んだのは、なんと個人的に推している金子さん演出だった!これだけ笑えるのは金子さんでしょう!しかも胸キュンまでの流れや見せ方の上手さもあるなんて。

今までの流れで言うと、金子さん1・2話→土井さん3・4話→石井さん5話と来たら、流れ的に今回の6話もまた石井さんがやるところを、敢えての金子さんにした理由は、きっとドラマ全体で『2人がキスする』この第6話を勝負の回ともらえていたんだろうと思う。

金子さんに最初の2話の演出を務めさせたのも、大事な初回とリピートした人を放さない2話目、やっぱり最初が肝心!面白さで食いつかせて口コミで広げる。個人的にも1話目でヤられたし。

今の視聴率の伸び率も出だしがシッカリ面白かったのが。演出家の采配が上手く機能しているなと実感。結果誰もが認める神回となった!

f:id:tyler-7:20161117012532j:plain

しかも今回、特に脚本が良かったですね。

百合ちゃんの仕事終わりの場面で『やってあげた事と同等の見返りを求めてしまうもの』という前フリが後に『みくりの尽くしが一方的』っていう不満に繋がったり、

「このまま永遠に着かなければ良いのに。」と2人の心の声と同じ気持ちを重ねた直後に『唇が重なる=キス』を持って来るベタな流れは、テンション上がるしシンプルに面白い。そこにキスの本質を見た気がした。気持ちが重なってこそのキスだと!ありがとう!

 

2人をフォローするナイスな面々

今回みくりと平匡の2人の関係を応援するかのように色々な人がサポート&フォローする場面がやけに目立った回だった。

まずは前途した『とぐろターボ』を平匡にプレゼントした藤井隆演じる日野。旅行を楽しみにするみくりに可愛い勝負下着を薦めた、真野ちゃん演じる離婚したばかりのやっさん。

それに平匡のライバル風見を遠ざけた、勘違いしっぱしの古田新太演じる沼田。沼田の勘違いが最近平匡の追い風となっている。

f:id:tyler-7:20161117024147j:plain

そしてなんと言っても、ついに完全な味方となった石田ゆり子演じる百合ちゃん!肝心の旅行を2人にプレゼントしただけではなく、自分宛に送られて来た2人のいちゃいちゃ写真を風見に見せつける暴挙という名の会心の一撃を繰り出す!勝手に2人の泊まる部屋をツインからダブルベッドに変更しちゃう辺りもさすが。味方になるとこれほどまでに心強いのか!?

ちなみに『フォローのMVP』は部屋に置いて来てしまった『とぐろターボ』を、みくりに渡さず、さっと平匡まで届けに来てくれた阿佐ヶ谷姉妹似の旅館の仲居さんですね!あの人はデキる!

こうみると2人は周りから愛されるような素敵な夫婦だなと。思わず自分がドラマの中にいたら手を差し伸べたくなる。

f:id:tyler-7:20161117013401j:plain

 

他の良かったところ

この他にも色々とあった良かったところを羅列していきます。

  • ガッキーの今見ても全然イケる制服姿&浴衣姿
  • みくりが冒頭で平匡の下着を干している、2人の距離感が縮まったさりげない場面
  • 『ハグの日』の火曜を楽しみにしているみくりの可愛らしい姿
  • ハグの前借りの前借り
  • 電車での『そうだ 京都、行こう』パロディ
  • 平匡の感謝の気持ちが溢れた『百合先生』発言
  • 『プロの独身』の復活
  • 小柳友演じるみくりのバカっぽい元カレのキャラ

などなど。イマイチ活きてなかった金八オマージュや、露天の湯がドラマ特有の白濁だったのには「むむむ!」となったけど、みくりの勝負下着を直接見せずに、存在だけをショップの紙袋で見せるあたり気が利いてましたね。

ここで学んだのが、女性の勝負下着と対をなすのは男の『とぐろターボ』なんだなと!確かに男の勝負下着ってあまり無いし「やるぞ!」っていう『やる気』の象徴として分かりやすいアイテムでした。

いや〜、今回かなり良かったですね!

 

次回の第7話は、平匡の突然のキスの理由、2度目のキスを待つみくり、風見の逆襲と、またまた面白くなりそうじゃないか!?「ウルセーよ!w」となる、予告のラストで映る平匡の「キスくらいは、したことがあります」のドヤ顔が面白過ぎる。言い方w

[ 第7話予告 ]

追記:第7話感想

今までの感想を遡りたくなったら

 公式ホームページ