読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アバウト映画公園

"ほどほどの映画好き"アバウト男が最新作から旧作まで映画の感想をゆるめに書き綴る映画ブログ!たまに気になるドラマやおすすめ映画を紹介!

この世界の片隅に【映画感想/評価】泣けなかった!でもそれが良い!喜怒哀楽豊かな人間ドラマ!

邦画 【カ行】 2016:劇場鑑賞 邦画 評価:★★★★

f:id:tyler-7:20161120004801j:plain

あらすじ:1944年広島。18歳のすずは、顔も見たことのない若者と結婚し、生まれ育った江波から20キロメートル離れた呉へとやって来る。それまで得意な絵を描いてばかりだった彼女は、一転して一家を支える主婦に。創意工夫を凝らしながら食糧難を乗り越え、毎日の食卓を作り出す。やがて戦争は激しくなり、日本海軍の要となっている呉はアメリカ軍によるすさまじい空襲にさらされ、数多くの軍艦が燃え上がり、町並みも破壊されていく。そんな状況でも懸命に生きていくすずだったが、ついに1945年8月を迎える。(シネマトゥデイ)

 

製作国:日本 上映時間:126分 製作年:2016年

監督・脚本:片渕須直 原作:こうの史代

キャスト(声の出演):のん / 細谷佳正 / 稲葉菜月 / 尾身美詞 / 小野大輔 / 潘めぐみ / 岩井七世 / 牛山茂 / 新谷真弓 / 小山剛志 / 津田真澄 / 京田尚子 / 佐々木望 / 塩田朋子 / 瀬田ひろ美 / たちばなことね / 世弥きくよ / 澁谷天外 等

上映館「この世界の片隅に」の映画館(上映館)を検索 - 映画.com

 

喜怒哀楽豊かな温かい人間ドラマ!

上映館の少なさをモノともしない好評に次ぐ好評の声。気付いたら「え、俺以外みんな観に行っちゃってる?」と、ぽつんと取り残された感のある話題の戦争映画【この世界の片隅に】を観て来ました!ネタバレなしの感想は、

 

これは観て良かった!!!

本作を『戦争映画』という括りにしちゃって良いのか分からないけど、観る前の漠然とした印象としては『戦争の怖さ』と『悲しみから来る感動』を優しい画のタッチで見せられる現代版【火垂るの墓】的な作品かな?と思ってたんだけど、 

実際には戦時下の広島・呉を舞台に、そこで生きる人々の『庶民の暮らし』を描いた温かい映画だった。

f:id:tyler-7:20161120012835j:plain

『戦争』という題材を扱うと、どこか暗くて笑顔なんてあまり無いイメージがあるんだけど、この作品は随所に笑えるシーンがありホッコリとさせられる。もちろん戦時下の映画だけあって、後半にかけて空爆のシーンや悲しい出来事があるんだけど、全体的にトーンとしては明るい。

当時の慎ましくも何気ない『生活』を淡々と紡ぎつつ、そこで暮らす人たちの『喜怒哀楽』が豊かに描かれ、どことなく人の温もりが伝わって来る。画のタッチ含めアニメだからこそスーッと入ってくる親近感と安心感というか。

徴兵に食料難・空襲や大切な人の死。苦しくてもずっと暗く落ち込んでる訳じゃなく、美味しいご飯に喜んだり、ドジな出来事に笑ったり、一喜一憂しながら生きている。当たり前の事なんだけど妙に新鮮で。

f:id:tyler-7:20161120023109j:plain

過酷な環境下、無いなら無いなりに色々と工夫し・人と人とが支え合い、1日1日を積み重ね生きている。そんな姿に、

その時代を生きた人の『たくましさ』を感じました。

「生きる事が戦い」という言葉も印象深く、こうして強く生きた人達のおかげで、僕らが今こうして生きているだなってのを実感した作品でもあった。

 

『すず=のん』の化学反応が素晴らしい!

この作品の最大の魅力は主人公の女性『すず』だ。チョット抜けてて天然で、ほんわかした雰囲気を振りまく頑張り屋。18歳で好きでもない男の元に嫁ぎ主婦となり、夫の家族と同居し、義姉の取っ付きにくさにもめげる事なく、マイペース且つ健気に呉での生活に馴染んでいく。

アニメではあるんだけど、彼女を姿をドキュメタリックに追うように作品が寄り添い、彼女を取り巻く人達から、当時の状況・暮らし・過酷さが浮かび上がってくる。

f:id:tyler-7:20161120023157j:plain

そこにこれ以上ないくらいハマりを見せるのが、声を当てるのんちゃん(ex能年玲奈)。声優としては自然体過ぎてかなり辿々しいんだけど、その辿々しさが逆にすずの人間味を引き立て、体温を感じる魅力的なキャラクターになっていた。

すずという女性にのんちゃんを当ててくる人選はマジで凄いなと。事実上芸能界から干されている女優を使うのもなかなかの事だし、この誰もが認めるドハマりっぷり!彼女じゃなきゃここまでの作品になってないでしょう。

 

教材のようでもあり、エンタメでもある作品のテイスト

現在と当時の結婚観や暮らしのギャップ・物の価値なんかに改めて驚かされたり、絵を描くのが好きなすずのキャラを活かした大胆なアニメーション表現や、座敷わらしの恩返し的なファンタジー演出なんかが場面場面でスパイスとして効いていて、終始飽きずに世界観に入っていられた。

それに優しくてきめ細かい画のタッチも良い!戦艦が漂う海が見える高台からの光景や、家と自然豊かな周りの風景。風呂や土間なんかの生活感ある描写も、もっとじっくりと細部まで見たくなる。

f:id:tyler-7:20161120024315j:plain

ホッコリする場面がある一方で、悲惨なシーンもなかなか容赦ない。市街地に何発もの爆弾を落とされるシーン、降りそそぐ砲弾の破片、火災を誘発する攻撃(焼夷弾)に、不発弾の爆発など。爆撃や警報の音をちょっと強調しているのか、普段の日常を浸食する『戦争』描写はやはり怖かった。

 

前半はテンポの早さに多少戸惑ったけど、その『あれよあれよ』な展開の早さが、すずが体感する『あれよあれよ』の状況の変化にも通じるので、これはこれでありかな。一回観ただけだと内容の把握するのでわりと精一杯なので、観れば観るほど味が出そうなスルメ作品ですね。

一本の作品として教材のようでもあり、エンタメでもあるバランスが絶妙でした。

 

泣けなかった。でもそれが良い

観ている間、劇場から所々すすり泣く声が聞こえて来たんだけど、

僕は泣けなかった。

f:id:tyler-7:20161120033117j:plain

別に『泣ける映画=良い映画』って訳じゃないし、泣かなかったから感情が揺さぶられなかった訳でもない。ただテンションとしては、戦争を体験したおじいちゃん・おばあちゃんから当時の話を聞かされても、別に涙を流したりしないのと似たような感覚に近い。

徹底した原作追求、資料調査、ヒアリングを積み重ねた片渕監督の、当時の人々の暮らしや生き様を『今に蘇らせ真摯に伝える』ような、監督と作品との距離感が心地よく『感動の押し付け』がない分、

観るというよりも戦争の経験したお年寄りの話を隣りで聴いているような感覚に、その分他の『感動作』とはちょっと違う形の心の揺り動かしを感じた。観終わった直後「ありがとう」と感謝の念さえ湧く不思議な作品でした。

 

まとめ

評価:★★★★  結構良かったぜ!

これは立ち見続出も納得ですね!観客を同情の目線にするんじゃなくて、温かく見守るような目線に持って行くような優しい作品でした!

こういう映画は好き嫌い関係なく、とりあえず観に行くのがオススメです。これだけ人が入っているなら上映館増えないのかな?

あとこの作品を行くか迷っていた時にプッシュしてくれた映画ブログ仲間のMachinakaさんに感謝です!

[ 予告編 ]

 にほんブログ村 映画ブログへ 

 

関連&オススメ作品!

火垂るの墓

火垂るの墓 [DVD]

火垂るの墓 [DVD]

 

野火