読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アバウト映画公園

"ほどほどの映画好き"アバウト男が最新作から旧作まで映画の感想をゆるめに書き綴る映画ブログ!たまに気になるドラマやおすすめ映画を紹介!基本大したことは書いてない。

新作映画12月 おすすめ10選 / 最恐!盲目老人ホラー上陸!そしてついにローグワン!

 

どうも、アバウト男です!

とうとう今年もあと約1ヶ月!マジかぁ… しかもすでに年明けのように寒い。ハイ、今回も個人的に気になっている&観るつもりの新作映画2016年『12月公開分』を10作品ピックアップしてみました!

 

作品の並びは公開日順になります。公式サイトのリンクを貼っているで、あらすじ/キャスト/予告編/上映館などはそちらからチェックしてくださいな。

 

気になる12月公開の新作映画10選!

 

ブレア・ウィッチ / 公開日 12月1日(木)

f:id:tyler-7:20161126021021j:plain

概要:製作費6万ドルという低予算作品ながら、世界中で記録的な大ヒットとなったホラー映画「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」の17年ぶりとなる続編。大学生のヘザー、ジョシュ、マイクが、森に生息するという伝説の魔女「ブレア・ウィッチ」をテーマにしたドキュメンタリー映画製作のため、ブラック・ヒルズの森に分け入った。しかし3人はそのまま消息を絶ち、森に消えた。あの事件から20年後、ヘザーの弟ジェームズが姉らしき人物の映った映像をYouTube見つける。そして、ジェームズは仲間とともに、森の中へ足を踏み入れる。監督は「サプライズ」「ザ・ゲスト」などのホラー作品を手がけ、ハリウッド版「デスノート」の監督も務めるアダム・ウィンガード。(映画.com)

f:id:tyler-7:20161126021622j:plain

▶ あのPOVの手法を世に広めるキッカケとなったホラー映画【ブレア・ウィッチ・プロジェクト】の続編が登場!監督は何と【サプライズ】【ザ・ゲスト】で勢いのあるホラー映画監督アダム・ウィンガード。この時代に敢えて正統派の続編をやるくらいだから、面白くなきゃダメよね!とは言え期待値を上げ過ぎると痛い目に遭いそうな匂いも… とりあえず一作目を観直さなくちゃ。

期待値:★★★

【感想:追記】

 

 

アズミ・ハルコは行方不明 / 公開日 12月3日(土)

f:id:tyler-7:20161126021634j:plain

概要:2013年に発表された山内マリコの長編小説「アズミ・ハルコは行方不明」を蒼井優主演により映画化。日本中どこにでもありそうな、郊外のある街。この街から独身OLの安曇春子(アズミハルコ)が突然姿を消した。街じゅうに貼られたハルコの行方不明ポスターとともに、彼女のポスターをモチーフにしたグラフィティアートが拡散されていく。ネットでは、男だけを無差別に襲う女子高生ギャング団とハルコポスターのグラフィティアートとの関係性が噂されはじめて……。失踪前と失踪後、ふたつの時間軸を交錯させながら、現代女子の生きざまを描き出す。安曇春子役の蒼井は、「百万円と苦虫女」(08)以来の映画単独主演。監督は「アフロ田中」でデビュー以降、「ワンダフルワールドエンド」「私たちのハァハァ」などを手がけている松居大悟。(映画.com)

f:id:tyler-7:20161126021657j:plain

▶ 山下敦弘監督作【オーバーフェンス】で圧倒的な演技を見せた蒼井優主演映画。これは単にストーリーが面白そうで気になっています!監督の松井大悟監督作は観たことないぁ。

期待値:★★★

【追記:感想】

 

 

ひかりをあててしぼる / 公開日 12月3日(土)

f:id:tyler-7:20161126021708j:plain

概要:2006年に東京で実際に起きた新宿・渋谷エリートバラバラ殺人事件をモチーフに、ある秘密を抱えた夫婦の愛憎を描いた人間ドラマ。2011年に上演された同名舞台を、演出を手がけた坂牧良太が自らメガホンをとって映像化した。平凡な会社員・谷中浩平は、友人の巧と参加した合コンで知り合った美女・智美と恋に落ち、結婚する。2人は幸せな夫婦生活をスタートさせるが、虚栄心の強い智美は浩平を振り回すようになっていく。子どもを授かったものの自由を奪われたくないからと堕胎し、他人が羨む生活をするために高級マンションでの暮らしを望む智美。そんな彼女に嫌われたくない一心で必死に理想の夫を目指す浩平だったが、ついに不満を爆発させ、智美に暴力を振るうようになってしまう。そのことを知った巧は智美を助けようとするが……。浩平役を「リリィ・シュシュのすべて」の忍成修吾、智美役を「渇き。」の派谷恵美がそれぞれ演じる。(映画.com)

f:id:tyler-7:20161126021733j:plain

▶ 実際にあった陰惨な事件をモチーフにした作品。なかなか扱ってる題材がエグそうで、気になっております。今年の『エグめ良作映画』に並べるか!?主演が脇役としては安定感のある忍成慎吾なので何とも言えないが…

期待値:★★★

 

 

海賊とよばれた男 / 公開日12月10日(土)

f:id:tyler-7:20161126021749j:plain

概要:2013年度本屋大賞第1位を獲得した百田尚樹の同名ベストセラー小説を、同じく百田原作の「永遠の0」を大ヒットさせた岡田准一主演×山崎貴監督のタッグで映画化。出光興産創業者の出光佐三氏をモデルにしたといわれる主人公・国岡鐵造を岡田が演じ、吉岡秀隆、染谷将太、綾瀬はるか、堤真一ら豪華キャストが共演する。主要燃料が石炭だった当時から、石油の将来性を見抜いていた国岡鐡造は、北九州の門司で石油業に乗り出すが、国内の販売業者や欧米の石油メジャーなど、様々な壁が立ちふさがる。それでもあきらめない鐡造は、型破りな発想と行動で自らの進む道を切り開いていく。やがて石油メジャーに敵視された鐡造は、石油輸入ルートを封じられてしまうが、唯一保有する巨大タンカー「日承丸」を秘密裏にイランに派遣するという大胆な行動に出る。それは当時のイランを牛耳るイギリスを敵に回す行為だったが……。(映画.com)

f:id:tyler-7:20161126021950j:plain

▶ 出ました!原作:百田尚樹・監督:山崎貴・主演:岡田准一の【永遠の0】の「大ヒット狙ってます!」タッグが再び。【永遠の0】は全然乗れなくて、ガックリしたんだけど。原作がめっちゃ売れてる作品なので多少気になっている。あの予告編の感動げな壮大な音楽にすでに辟易してるが… 岡田くんの演技に期待!

期待値:★★

 

 

ドント・ブリーズ / 公開日 12月16日(金)

f:id:tyler-7:20161126022003j:plain

概要:サム・ライミ製作、リメイク版「死霊のはらわた」のフェデ・アルバレス監督による、全米でスマッシュヒットを記録したショッキングスリラー。強盗を企てた若者3人が、裕福な盲目の老人の家に押し入ったことから、思いがけない恐怖に陥る様を描く。親元を離れ、街から逃げ出すための資金が必要なロッキーは、恋人のマニーと友人のアレックスとともに、地下に大金を隠し持っていると噂される盲目の老人の家に強盗に入る。しかし、その老人は目が見えないかわりに、どんな音も聴き逃さない超人的な聴覚をもち、さらには想像を絶する異常な本性を隠し持つ人物だった。暗闇に包まれた家の中で追い詰められたロッキーたちは、地下室にたどり着くが、そこで恐るべき光景を目の当たりにする。(映画.com)

f:id:tyler-7:20161126022022j:plain

▶ 海外での大ヒットホラーがついに上陸!【ブレア・ウィッチ】もタイミング悪いな…絶対比較されるじゃんか〜。盲目の老人宅に泥棒に入った若者たちが次々と殺される事に… 映画館で流れる予告を観た観客の息を飲む反応に、これは期待して良いでしょう!だってコピーが『20年に一本の恐怖の作品』よ!?

期待値:★★★★★

【追記:感想】

www.aboutman7.com

 

ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー / 公開日 12月16日(金)

f:id:tyler-7:20161126022033j:plain

概要:「スター・ウォーズ」シリーズの「エピソード3 シスの復讐」と「エピソード4 新たなる希望」をつなぐ、これまで語られることのなかった物語を映画化。「エピソード4 新たなる希望」でレイア姫がR2-D2に託した帝国軍の最終兵器「デス・スター」の設計図は、いかにして反乱軍の手にもたらされたのかを明らかにする物語となり、一匹狼のヒロイン、ジン・アーソが、反乱軍の仲間とともに、帝国軍からデス・スターの設計図を奪う決死のミッションに挑む姿が描かれる。主人公ジン・アーソ役は「博士と彼女のセオリー」でアカデミー主演女優賞にノミネートされたフェリシティ・ジョーンズ。監督はハリウッド版「GODZILLA」のギャレス・エドワーズ。(映画.com)

f:id:tyler-7:20161126022052j:plain

▶ 12月の大本命!【スター・ウォーズ】のスピンオフ!エピソード4の前日譚。去年【エピソード7 / フォースの覚醒】の公開を機に、全く手を付けてなかった【スター・ウォーズ】にハマったニワカですが、その分熱はまだまだ冷めてない!監督はなんとハリウッド版ゴジラの監督を手がけたギャレス・エドワーズ。

撮り直すくらいハマってなかなったらしいけど、ようやく完成したという事でどんな出来なのか楽しみ!ダース・ベイダーも出るぜ!

期待値:★★★★★

【追記:感想】

www.aboutman7.com

 

 

エルストリー1976 新たなる希望が生まれた街 / 公開日 12月17日(土)

f:id:tyler-7:20161126022104j:plain

概要:1977年公開の「スター・ウォーズ」第1作に、マスクやヘルメットを被って出演した俳優たちに焦点を当てたドキュメンタリー。76年夏、イギリスのエルストリースタジオで、ある映画が製作されていた。多くの俳優たちが奇抜なコスチュームやヘッドギアを着込み、映画の内容もよくわからないまま撮影にのぞんでいたが、その作品は後に映画史に燦然と輝くSF映画となり、世界中のカルチャーに多大な影響を与える1本となっていく。本作を手がけたジョン・スピラ監督は、「スター・ウォーズ」第1作にマスクを被って出演した俳優たちを探すうちに、彼らが作り上げた不思議なコミュニティにたどり着く。モス・アイズリーの酒場でハン・ソロに返り討ちにされたグリード役のポール・ブレイク、サンドトルーパーを演じたアンソニー・フォレスト、ストームトルーパーやXウイングパイロットを演じたローリー・グード、そしてダース・ベイダー役のデビッド・プラウズといった俳優たちが登場。(映画.com) 

f:id:tyler-7:20161126022129j:plain

▶ 【ローグ・ワン】公開のタイミングで一作目の【スター・ウォーズ 新たなる希望】にマスクを付けて出ていた役者さんにインタビューをしたドキュメンタリー作品。これもこれで当時の秘話が色々聞けるんだろうな。

期待値:★★★

 

 

ヒトラーの忘れもの / 公開日 12月17日(土)

f:id:tyler-7:20161126022143j:plain

概要:終戦直後のデンマークを舞台に、地雷撤去を強制される敗残ドイツ軍の少年兵たちの過酷な運命を、史実に基づいて描いた。第2次世界大戦後、デンマークの海岸沿いに残された無数の地雷を撤去するため、元ナチス・ドイツの少年兵たちが連れて来られる。彼らを指揮するデンマーク人軍曹はナチスに激しい憎しみを抱きながらも、無垢な少年たちが次々と命を落とすのを見て良心の呵責にさいなまれるようになっていく。2015年・第28回東京国際映画祭コンペティション部門に出品され、軍曹役のローラン・モラーと少年兵役のルイス・ホフマンが最優秀男優賞を受賞した(映画祭上映時タイトル「地雷と少年兵」)。(映画.com)

f:id:tyler-7:20161126022204j:plain

▶ 地雷を撤去させられる元ナチスの少年兵たちの物語。自分らが仕掛けた訳じゃないのに、強制的に尻拭いをさせられる。このプロットだけで惹かれるんだけもど、予告を観る限り画の良さが凄く際立つ。都内では今のところ銀座でしか観れないけど、これは観たい!

期待値:★★★★

 

 

聖杯たちの騎士 / 公開日 12月23日(金)

f:id:tyler-7:20161126022219j:plain

概要:「ツリー・オブ・ライフ」「シン・レッド・ライン」の名匠テレンス・マリックが監督・脚本を手がけ、クリスチャン・ベール、ケイト・ブランシェット、ナタリー・ポートマンら豪華実力派キャスト共演で描く恋愛ドラマ。気鋭の脚本家リックは、ハリウッド映画の仕事を引き受けたことをきっかけにセレブな生活を送るようになるが、その一方で心の奥底に怯えや虚しさを抱えていた。進むべき道を見失ったリックは、6人の女たちとの出会いと愛を通して自分の過去と向きあっていく。「ゼロ・グラビティ」「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」「レヴェナント 蘇えりし者」で3年連続アカデミー撮影賞を受賞したエマニュエル・ルベツキが撮影を手がけた。(映画.com)

f:id:tyler-7:20161126022240j:plain

▶ クリスチャン・ベイルが虚無感に苛まれる脚本家を演じる【ツリー・オブ・ライフ】のテレンス・マリック監督作。ケイト・ブランシェットやナタリー・ポートマンなどの豪華共演もさる事ながら、撮影は【バードマン】【レヴェナント】のエマニュエル・ルベツキ。

レビューサイトによると話は難解らしいが、美しい映像を観るだけでも価値があるんじゃないかな!?

期待値:★★★

 

 

ワイルド わたしの中の獣 / 公開日 12月24日(土)

f:id:tyler-7:20161126022253j:plain

概要:オオカミに恋愛感情を抱き、野性化していく女性の倒錯した愛を描いたドイツ映画。職場と自宅を往復する単調な日々を送るアニアの視界に飛び込んできた一匹のオオカミ。自宅マンションの前に広がる森に暮らす「彼」の持つ野性に心を奪われたアニアは、次第にオオカミに執着し、あらゆる手段を尽くし、自宅マンションに連れ込むことに成功する。部屋の中で暴れるオオカミには命の危険を感じながら、オオカミと心を通わせるアニアは、まるで恋人同士のように「彼」と接し、いつしか野性に取り込まれるようになる。人間離れした常軌を逸した行動を取るようになる彼女に、周囲は戸惑いを覚えるようになる。監督・脚本は女優としても活動するニコレッテ・クレビッツ。主人公アニア役を「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」のリリト・シュタンゲンベルクが演じる。(映画.com)

f:id:tyler-7:20161126022320j:plain

▶ 人では無く一匹の狼に恋愛感情を抱く女性の『究極の愛』の物語!【神様メール】の時に『獣姦』という言葉を出したけど、まさかのリアル獣姦が展開されるのか!?

あとオオカミもリアルなのかな?リアルっぽいよな。得体の知れない作品に妙に惹かれている。クリスマスに観る映画としてはどうなんだろ?

期待値:★★★★

 

以上の10作品です!

12月と言えば1年間のベストを出す月ですね。そろそろ考えないとなぁ!どこまで観れるだろ。外に出るのも億劫になる寒い季節になりましたが、12月も興味深い作品が揃ってるので、まだまだ楽しみましょう!

 

にほんブログ村 映画ブログへ

過去の新作リスト/感想追記済み