読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アバウト映画公園

"ほどほどの映画好き"アバウト男が最新作から旧作まで映画の感想をゆるめに書き綴る映画ブログ!たまに気になるドラマやおすすめ映画を紹介!

山田孝之のカンヌ映画祭【ドラマ感想】山田孝之が東宝を恐喝?!ファンにも手を出す禁断の第4話!

ドラマ

山田孝之主演の深夜ドラマ『山田孝之のカンヌ映画祭』第4話感想/ネタバレあり

f:id:tyler-7:20170131024738j:plain

テレビ東京 / 毎週金曜 / 2016年1月6日(金) 深夜0時52分〜 30分ドラマ

主演:山田孝之 監督:山下敦弘 / 松江哲明

あらすじ:2016年の夏、今まで俳優として意外にも大きな賞を取ったことない山田孝之が『カンヌ国際映画祭』の『賞』が欲しいということで、山下敦弘監督を呼びつけ『賞を取るための映画』を山下監督に撮ってもらいたいと話を持ちかけたところからこの物語は始まる。

山田が持ち込んだ『題材』を山下監督が映画化し『カンヌの1番のやつ』を取りに行く!

 

 

どうも、アバウト男です!

山田孝之主演のフェイクドキュメンタリードラマ【山田孝之のカンヌ映画祭】こと通称【山カン】の第4話!

森で撮影したパイロットフィルムを携え、資金を出してもらえるスポンサーを探しに3人はまず東宝へと営業を掛けることになる…

今回もドラマの売りである『ディス』ポイント(D)『舐め』ポイント(N)を絡めせながら、ネタバレ込みで書いていこうかなと思います。今回はかなり笑える回でした!

 

第1話

www.aboutman7.com

 

第2話

www.aboutman7.com

 

第3話

www.aboutman7.com

 

 

第4話の感想 

 

脚本の代わにポスターを作ってくる (N)

2016年には【アイアムアヒーロー】【シン・ゴジラ】【怒り】【君の名は。】【何者】などを当てた東宝へ、過去に何作も東宝作品に出演している山田孝之(今回はプロデューサー)は、主演の芦田愛菜と山下監督を連れ、カンヌのパルムドールを取るための映画制作の『プレゼン』をしに担当の山内さんに会う。

山田は最初に、自分は主演しないことと現状脚本は無いこと伝え、微妙なパイロットフィルムをとりあえず山内さんに観てもらうことに。

観終わりポカンとする山内さん。そのポカン具合は想定の範囲だったのか、山田が説得材料として持ってきたのは、

まさかのポスター

いやいや、早い!パイロットフィルムの段階でポスター作るのはさすがに早い。ドヤ顔で出したけども!ある意味、通常の映画製作の型にハマりたく無いとは言ってたけど、こういう事な!?意気揚々と脚本よりポスターを先に作って持って来られてもな空気感。

てか第3話で見せたパイロットフィルム撮影時に、ちゃんとフォトグラファーを入れてスチール(写真)撮影していたとは、仕事が早いw

うつ伏せになった芦田愛菜の顔のアップが使われたポスターは、それなりに様にはなっていたけど。

 

東宝はカンヌのイメージがない (D)

ポスターを見せる前にさらっと山田が「東宝ってあまりカンヌのイメージがないですよね」とさらっとディスる。なんか分かるけど言うな!

それに対し山内さんは「東宝はどうしてもエンタメ路線なので...」と返すと「みんなにとっての挑戦となる」と山田がたたみかける。

良い感じに言ったな!

「そうですね、確かにウィンウィンですね!」とはならないだろ… 東宝からしてみたらリスクしかない。東宝と山下監督の組み合わせも過去に無いんじゃないかな?

 

制作費1億円を要求 (N)

ポスターを見せ、早速今回必要としている制作費の話に。そこで山田が提示した制作費は

1億円!

いやいや、これと言った餌がスカスカなのにさすがに無理だろ〜!山内さんだけじゃなく、今回も全く何も聞いてなかった山下監督さえ狐につままれたような顔をしてるじゃないか。

山下監督がビックリするくらいだから、恐らく山下監督が撮っている映画よりもだいぶ予算的には多いのかな。

現状脚本が無い未知数の作品に即決でお金を出す担当者はまずいないだろう。そんな状況になっても山田は「東宝的に…1億ってそんな大きくはないですよね?」と言って見せる。押し切るつもりか!?「え、逆に何ですんなりOKしてくれないん?」みたいな顔になってるぞ山田!

 

張り詰めそうな空気を察したのか、山下監督が「この日(パイロットフィルム撮影日)雨降ってたけど、大変な撮影頑張ったもんね?!」と芦田愛菜に言いつつ、フォローになってないフォローを入れたのには思わず笑ってしまった。なんだそれ!

ここで空気を読んだのか芦田愛菜が「1億円よろしくお願いします!」と頭を下げる。なんだこの茶番!芦田愛菜のキャラや立ち位置がここぞのタイミングで効いてくる。

 

反則的な『リスト』を持ち出す (N)

それでも首を縦に振ってくれない(当たり前なんだけど)山内さんに対して山田はある『切り札』を持って来ていた。

それは山田が過去に東宝の作品に出演した映画をピックアップしたリストで、リストにはそれぞれの作品の興行収入が書かれていた。

どっから入手したか分からないその表によると、全部の作品の興行収入を出した額は、

500億円!!!

これはこれで凄い額なんだけど、もちろん山田一人の成果じゃないし、これを武器に「俺を使って500億円稼いだのに、その100分の1も払ってくれないんすか?」感をジリジリ出すなや!やらしい!

山下監督も「数字を出すのは…アレじゃない...?」と山内さんに同情するような発言。もはや『プレゼン』ではなく『恐喝』ですねこれは。山内さんもタジダジ。

今回、山田孝之はだいぶ強気で『すっとんきょう』なプロデューサーぶりを遺憾なく発揮してましたね!山田じゃなかったらぶっ飛ばされてもおかしくない。結局『即決』できないということで、東宝を諦め後にする。

フェイクドキュメンタリーだとしてもヒヤヒヤするわ!

f:id:tyler-7:20170131033504j:plain

↑山内さんめっちゃ良い人そう

 

ファンに手を出す山田孝之 (N)

東宝の次に向かったのは、山田孝之がメインキャラクターを務めている『プレステ』のCM担当の的場さん。彼にはあっさり断られてしまい、次に向かったのは六本木のとあるガールズバー。そのガールズバーを経営している会社経営者の稲垣さんという人に会うと言うのだが、

この稲垣さん特に山田の知り合いでは無く、

単なる大の山田孝之ファンだった…

山田は自分のTwitterのフォロワーから、自分の激烈なファンで尚且つお金の羽振りの稲垣さんに、映画の制作費を出してもらおうという魂胆だった。何ちゅう荒技だよ!

対面に「本物の山田孝之だ...」と興奮する稲垣さん。めっちゃ素人っぽい反応。

山下監督が映画製作に関わったことのない一般の人にお金を出してもらう事を心配するも、山田のドンドン話を進める。

高揚感と、憧れの存在山田孝之を目の前にした稲垣さんは断れるはずもなく、山田のサインと写真撮影でとりあえず2000万円を出す約束を交わす。なんだこれ.... でも金持ってたらファンが憧れの存在の作品に関われるのは、嬉しいだろうなとと思うも、この展開は読めなかったw

ここでようやく『フェイクドキュメンタリー』の持ち味がふと顔を出す。稲垣さんはマジにいる人なのか?ドラマが仕込んだ人なのか絶妙に分からない。Twitterのアカウントを見ると一応ちゃんと存在してるけど。

稲垣さんのアカウント:XYZ_inagaki 

稲垣さんが後輩の実業家にも声をかけて、残りの8000万を調達することに。 

f:id:tyler-7:20170131042351j:plain

ここで第4話終了!

 

 

制作費『1億円』は高いのか?

さっき言っていた制作費『1億円』と聞いて一瞬「高いな!」と観ながら思ったんだけど、よくよく考えてみたら制作費の基準とか相場を知らなくて、ちょっとざっくりですけどネットで調べてみました。

邦画の制作費に関しては【愛のむきだし】【冷たい熱帯魚】などの園子温監督と、映画評論家の町山智浩さんがTwitterでつぶやいてましたね。

 

園子温監督のつぶやき

中国の新人監督の第一作目の製作費が平気で10億以上だったりして、俳優のギャラが平気で何億だったりして、映画はじめて25年以上やってる俺は、製作費3000万とか5000万の平均的日本映画を今もこなしております。

日本で10億の製作費は巨大大作のレベル。それで上と下2作を作る勢い。。。一方。。アメリカ、中国なら10億なんてかなりの低予算映画。。学園モノすら撮れないお安い価格設定。。。。

町山さんのつぶやき

「デッドプール」はハリウッド映画としては低予算で製作費約60億円(超大作の4分の1)。つまり10分間6億円かかってる。邦画の大手(東宝)会社の通常作品の製作費は5億円以下。年に2本くらいの超大作でも10億円以下。

「マッドマックス怒りのデスロード」の3分あたりの製作費は約4億円。邦画の平均的製作費は一本当たり3.5億円。マッドマックス3分作れない。

これを読んでも園さんが言う5000万と町山さんの3.5億円に差があってイマイチ分からない。配給会社によってもまちまちでピンキリなんだろうけど。とは言え、皮肉った言い方をしてる園さんの5000万はきっと低予算の中に入るんだろうな。

ざっくりと平均すると邦画の制作費は約『2億円』くらいなのかな。

ネットでは【シン・ゴジラ】の制作費は13〜15億円だと予想されてるみたい。ここ最近の東宝にしてはお金をかなりかけてる企画でしょうね。あのメンツからしても。

確かに東宝にとっては1億円はそこまで高いって感じでもないのかな。

でもそう簡単には出ねーだろ!

 

ちなみに洋画だけど、低予算で当たった【ブレア・ウィッチ・プロジェクト】は制作費約600万で興行収入は約255億。【パラノーマル・アクティビティ】は製作費135万で興行収入は約137億。

ギャレス・エドワーズ監督作【モンンスターズ 地球外生命体】の制作費は約1200万。この作品が認められ【GODZILLA/ゴジラ】の監督に大抜擢され、後に【ローグワン スター・ウォーズ・ストリーリー】を撮ることになるんだから凄い。 それにアカデミー賞で最多14部門ノミネートしている【ラ・ラ・ランド】で大注目の監督:デイミアン・チャゼルのヒット作【セッション】の制作費は約3億4800万だと言われている。

外国は夢あるな〜!

予算が無くてもアイデアや設定の良さ、純粋に話の面白さ、工夫の次第でヒット作は産める。頑張れ山田孝之・芦田愛菜・山下監督!

 

 

第5話:カンヌを下見する

稲垣さんに出資の約束を取り付けた山田は、映画のシナリオを作成するために、カンヌに下見に行きたいと言い出す。

突っ込んでくれと言わんばかりの『謎のカンヌ下見』。でも土地の空気を感じイメージを持って作るのは大事ですね。愛菜ちゃんは夏期講習があるらしく同行を断念。山田と山下監督とでカンヌをぶらり!

www.youtube.com

公式サイト

www.tv-tokyo.co.jp