読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アバウト映画公園

"ほどほどの映画好き"アバウト男が最新作から旧作まで映画の感想をゆるめに書き綴る映画ブログ!たまに気になるドラマやおすすめ映画を紹介!

山田孝之のカンヌ映画祭【ドラマ感想】芦田愛菜は死んでない!山下監督の涙&ドヤ顔の第5話!

ドラマ

山田孝之主演の深夜ドラマ『山田孝之のカンヌ映画祭』第5話感想/ネタバレあり

f:id:tyler-7:20170204185418j:plain

テレビ東京 / 毎週金曜 / 2016年1月6日(金) 深夜0時52分〜 30分ドラマ

主演:山田孝之 監督:山下敦弘 / 松江哲明

あらすじ:2016年の夏、今まで俳優として意外にも大きな賞を取ったことない山田孝之が『カンヌ国際映画祭』の『賞』が欲しいということで、山下敦弘監督を呼びつけ『賞を取るための映画』を山下監督に撮ってもらいたいと話を持ちかけたところからこの物語は始まる。

山田が持ち込んだ『題材』を山下監督が映画化し『カンヌの1番のやつ』を取りに行く!

 

 

どうも、アバウト男です!

山田孝之主演のフェイクドキュメンタリードラマ【山田孝之のカンヌ映画祭】こと通称【山カン】の第5話!

カンヌのパルムドールを取りに行く映画の脚本に手が付かない山田。一丁前に現地の空気を感じれば書けると突発的な「カンヌ行きません?」の提案に仕方なく乗ることなった山下監督。芦田愛菜不在の2人のカンヌ下見の旅(観光)が始まる。

今回もドラマの売りである『ディス』ポイント(D)『舐め』ポイント(N)を絡めせながら、ネタバレ込みで書いていこうかなと思います。

 

第1話

www.aboutman7.com

 

第2話

www.aboutman7.com

 

第3話

www.aboutman7.com

 

第4話

www.aboutman7.com

 

第5話の感想

今回は総評は、
芦田愛菜がいなことで、このドラマ特有の山田孝之と山下監督のヘンテコな関係がより濃厚に打ち出されてて、面白かった!

 

ズルしようと提案する山田 (N)

「カンヌ行きません?」と突発的な山田の提案に、芦田愛菜は「プールとかラジオ体操とか夏期講習があるから… ラジオ体操とか友達と皆勤賞狙ってて、行かないとハンコももらえなし...」と行きたいけど行けない旨を伝えると、グイグイな山田は「ラジオ体操のハンコは、最悪ハンコ屋に行ったら作れるし」と発言し、無理矢理でも愛菜ちゃんを連れて行こうとする。

あの〜、そういう事じゃないから!

「勉強は教えられないけど、ラジオ体操なら教えられるし」と山田の的外れな発言に困惑する愛菜ちゃん。慌てた山下監督は立ち上がって「(彼女は)ズルとかしたくない人だから」と愛菜ちゃんをフォローする。

この山下監督の『イカれた山田の魔の手から芦田愛菜を守る保護者代理』みたいな立ち位置がなんとも微笑ましくて可愛い。

その手前のシーンで子供に絵本を買ってあげる良きパパぶりを見せた山田孝之、

お前、どした!?

と思わせる強引ぶりでした。

 

カンヌ到着の流れからオープニング

結局ラジオ体操や夏期講習に忙しい愛菜ちゃんを置いて、山田と山下監督はカンヌに上陸。ちなみに旅費はパトロンの稲垣さん(第4話登場)が出してくれた資金から払われていらしいけど、行きの飛行機の座席がやけにランク高そうだったけど…

で、上陸した2人が遠くからカンヌの通りを歩いて来て、

オープニングスタート!

ここは第5話なりのアレンジが効いていて良かたですね。いつもなら山田孝之が一人でカンヌの街を歩くってオープニングなんだけど、今回はすぐにオープニングに行かずに溜めて、ここで使って来るかと。

【北区赤羽】の時も確か、山下監督と一緒に歩く回が1話だけあったような気がしたけど、そのオマージュっぽさを感じた。

 

芦田愛菜の写真が遺影っぽい (N)

現地フランスのコーディネーターの荒木さんと合流し、さっそくカンヌ映画祭の会場を案内してもらう2人。そこにはレッドカーペットが常設してあって、興奮気味の山田と山下監督はその場で擬似インタビュー遊びをしだす。

その時に気づいたら山田がピースして万遍の笑みを浮かべてる愛菜ちゃん写真が、

なんか遺影ぽく見えちゃってる!

f:id:tyler-7:20170204190211j:plain

『愛菜ちゃんもこの地に一緒に降り立っている』って気持ちで写真を持ってるんだろうけど、山田の持ち方もそうだし写真自体の雰囲気も相まって『元気に生きていた頃の姿』みたく見えちゃってる。芦田愛菜は死んでないよ!

擬似インタビュー遊びでの山田が山下監督をスルーするくだりも面白かったな!

 

大根監督をディスる山下監督 (D)

タキシード姿に着替えた山田と山下監督は良い感じに海にせり出したテラスで『カンヌの風』を感じ「来年また芦田さん含め3人で来ましょう!」と決意を固め黄昏る。

そこで山下監督はおもむろに「大根監督はカンヌのこと熱海て言ってたけど… 、あの人は感じてなかったんだろうな〜」といきなりディスる。

その後、スコセッシや今村昌平、黒澤明など名だたる監督が感じたであろう『カンヌの風』に当たり、思わず目頭を押さえる山下監督。

珍しく良いシーンだったな。映画監督として今まで数々の作品を世に送り出してきて、観光的な下見とは言え、カンヌの地に降り立つなんて夢にも思っていなかったんだろうな。感慨が溢れて涙を流す山下監督。。

それに反していたってナチュラルな山田は、いつの間にかに例の愛菜ちゃんの写真を腹に入れていた。

f:id:tyler-7:20170204190242j:plain

おい、愛菜ちゃんの写真の扱い!笑

なんとも異様な光景でしたね。保養地として映画祭の時期じゃなくても人気のカンヌに行ってみたくなりました。すごくまったりしていて心地良さそう!

 

カンヌ事務局はカンヌにはない (N)

f:id:tyler-7:20170204185448j:plain

一応カンヌの事務局に撮ったパイロットフィルムを渡す目的もあってカンヌに来たんだけど、実はカンヌ事務局はカンヌにはなくて、パリにある事が判明。カンヌという場所はあくまでも映画祭の会場を借りているだけらしい。

なんとなくそれくらい調べておけや!

なんともザックリな… 結局カンヌを後にし、コーディネーターの荒木さんと共にパリにあるカンヌ事務局に出向く。

そこで奇跡的に出勤中の事務局スタッフと入り口でかち合い、パイロットフィルムとポスターを受け取ってもらう事に成功。テンションの上がった2人は一仕事終えたような満足気な表情。記念写真を撮ってその場を後にした。

そう言えば脚本の件はどうした!?

 

山下監督のドヤ顔 (N)

その後に、フランスの映画事情に詳しい山下監督の友達で『ナント三代映画祭 日本映画担当』小山田さんに会い、彼にもパイロットフィルムを観てもらいアドバイスをもらう事に。

f:id:tyler-7:20170204185505j:plain

映像を見た小山田さんは「(山下さんの今までと)全然違う作風ですよね」と言うと、山下監督は「今までの自分のカラーじゃカンヌに受け入れられないだろうし、今回はカンヌ用に作風をガラッと反転させるレベルで変えるつもり」と説明すると、

小山田さんが「山下さんカンヌに知られてなくはないですよ、山下さんの名前は出てくるし、【もらとりあむタマ子】はフランスで劇場公開しないとダメだ!って(声もある)...」と言われてる時の、

山下監督のドヤ顔!

いやいや、ドヤ過ぎる!って喜び含め見事にドヤ感が溢れ出してる。ここめちゃくちゃ面白かった!笑顔で「作風変えない方が良いのかな?」って、かなり嬉しそう。

カンヌに来て自信に繋がった山下監督と、脚本を全然書こうとしてない満足げなプロデューサーの山田は硬い握手をして第5話終了!

エンディングでは愛菜ちゃんが横浜の事務所で黙々と宿題をしている姿が映り出されていた。そうだよな〜まだ小学生だもんな。

 

改めて、

山田と山下監督の相性の良さを感じる回でした。やっぱり【北区赤羽】の時はどうしても、山田の存在が立って山下監督はサポート役って感じでそれはされで面白かったんだけど。

今回のシリーズは『映画』を扱っているってことで、監督:山下敦弘の存在感や立ち位置が前よりも前に出てて、トータルで見ると凄くバランスがイイ!

そして、そこまで業界にどっぷり浸かってない芦田愛菜(視聴者に近しい立場)を絡めることで、映画業界の内側や製作の流れなどを知れるという事で、見事シリーズ第2弾としてパワーアップしているなと感じました!

 

 

第6話:フランスの映画人と会う

第6話は『カンヌで賞を取るために映画を作る』ということはポリシー的に正しいのか?』『そもそもそんな作品は果たしてカンヌに向いているのか?』とフランスの映画人に会い、確かめる事に。ここで話を聞いてようやく脚本を書き始めるのかな?

公式サイト

www.tv-tokyo.co.jp

山田孝之の東京都北区赤羽の感想

www.aboutman7.com