読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アバウト映画公園

"ほどほどの映画好き"アバウト男が最新作から旧作まで映画の感想をゆるめに書き綴る映画ブログ!たまに気になるドラマやおすすめ映画を紹介!基本大したことは書いてない。

キングコング 髑髏島の巨神【映画感想/評価】舐めてたら食らった!絶妙に欲してた一作!

映画『キングコング 髑髏島の巨神』ネタバレ感想・評価

f:id:tyler-7:20170330013033j:plain

あらすじ:コンラッド(トム・ヒドルストン)率いる調査遠征隊が、未知の生物を探すべく、神話上の存在とされてきた謎の島に潜入する。しかし、その島は人間が足を踏み入れるべきではない“髑髏島”だった。島には骸骨が散乱しており、さらに岩壁には巨大な手の形をした血の跡を目撃する。そして彼らの前に、神なる存在であるキングコングが出現。人間は、凶暴なキングコングに立ち向かうすべがなく……。(シネマトゥデイ)

製作国:アメリカ 上映時間:118分 製作年:2017年

監督:ジョーダン・ヴォート=ロバーツ

キャスト:トム・ヒドルストン / サミュエル・L・ジャクソン / ジョン・グッドマン / ブリー・ラーソン / ジン・ティエン / ジョン・C・ライリー / トビー・ケベル / ジョン・オーティス / コーリー・ホーキンズ / ジェイソン・ミッチェル / シェー・ウィガム / トーマス・マン / ユージン・コルデロ / MIYAVI 等

映画館:「キングコング 髑髏島の巨神」の映画館(上映館)を検索 - 映画.com

 

 

どうも、アバウト男です!

今回扱う映画は、誰もが存在自体は知っているであろう『キングコング』のリブート作品【キングコング 髑髏島の巨神】です。実は一度もまともに『キングコング』関連の作品を観たことが無いんですよね…

キングコングって『都会の真ん中にどデカいゴリラなのか猿なのかが現れて街はパニック、そこに1人の美女が現れてコングと意思を通わせ、最終的になだめて終わる』みたいな作品イメージを勝手に持ってて、今まで全く興味を惹かれる事なく生きて来たんだけど、そんなキングコング童貞の僕が今回は面白そうな設定や予告に惹かれて観て来ました。

 

 

舐めててゴメン、キングコング!

結末の具体的ネタバレは避けますが展開等少しだけ踏み込んでします。

感想は、

めちゃんこ面白かったよ!!!

キングコングになんの思入れもなく期待もしていなかっただけに、どデカい一発をもらっちゃいました!キングコングが持つポテンシャルをを見せつけられたと言うか、素直に最高っす!

f:id:tyler-7:20170401140404j:plain

巨大生物に人間たちが襲われるモンスターパニック作品【スターシップ・トゥルーパーズ】や【ジュラシック・パーク】の初見時と似たような興奮と目が醒めるようなインパクト!今の映像技術だからこそできる、濃厚でコテコテで増し増しでシャンクな内容にお腹いっぱい。

この作品を例えるなら【ラ・ラ・ランド】が元々『ミュージカル』映画に興味が無かった客層を呼び込み、大いに楽しませた作品だったように、本作は『キングコング』を舐めてたり興味が無かった人を大いに楽しませるエンタメ性抜群の一本!没入できるので現実逃避に最適ですよ。

 

 

そそる状況設定

今回惹かれたのは、もちろんメインはキングコングなんだけど、キングコングの他にも色々な巨大生物が出て来る点だ。博士・軍の兵士などプロフェッショナルな人間達で結成された調査団が降り立った未開の地は、様々な巨大生物が住む島だった。

f:id:tyler-7:20170401140506j:plain

デカいトカゲ/デカい蜘蛛/デカい水牛?やキングコングの骨など、人間との大きさの対比で単純にワクワクさせられっぱなし。

しかもそのシチュエーションが都会に繰り出さず『ジャングル』オンリーってのもイイじゃないですか!ジャングルが舞台の過去の【ジュラシック・パーク】や【プレデター】の良作や戦争映画を連想させるので、ある程度『面白さの想像』が付きやすく、この絶妙に興味をそそる間口を広げた設定は上手いなと。

巨大蜘蛛のくだりとか楽しかったな〜!竹林の竹と蜘蛛の足の太さや色が絶妙に同じで、あの戦いはマジで怖い。ぎょっとさせる突き刺さった光景とかな。蜘蛛を出すなら腹から無数の赤ちゃん蜘蛛が湧いて出て来るくらいまでやって欲しかったな。

他にも欲を言えば、出てくる巨大生物が少ない!あの島で生息しているであろう色々な種類の動物や昆虫をもっと観たいし、それに翻弄される人間とのカオスな光景が観たかった!

 

 

キングコングと人間

キングコング自体がかなり魅力的なのも大きい!単に類人猿ってだけなんだけど、俊敏さと狂暴性が想像以上で、キングコングが暴れるシーンは全て名シーンになり得るほどの迫力と見せ方。『ドラゴンボール』の大猿の実写化と言ってもイイでしょう!尻尾を探したくなる。

序盤の調査団がキングコングの怒りを買い、数機のヘリをオモチャのように破壊されるシーンは堪らんですね!あそこで「ヤバっ...」と心掴みにされました。しかも類人猿なだけに岩や船のスクリューなどを武器として使う知能が高さも、他の動物よりも強い『キング』たる由縁なんだろう。

f:id:tyler-7:20170402160850j:plain

「じゃあキングコングが出てないシーンはつまらないのか?」と聞かれると、そんな事もあまりなく、その辺りは【マイティソー】シリーズのトム・ヒドルストン/【ショートターム】や【ルーム】のブリー・ラーソン/サミュエル・L・ジャクソン/ジョン・C・ライリー/ジョン・グッドマン、そして日本人アーティストのMIYAVIなどの無駄に豪華なキャスティングで、いかにもB級な内容を無理やりA級に引き上げている。

調査団がトムヒ&ブリーラーソン等のキングコング『擁護派』と、サミュエル隊長のキングコング『討伐派』に分かれるんだけど、結果としてみんなキングコングの宿敵である大トカゲに襲われるっていう4角関係で、どうにかストーリーに厚みを保たせてましたね。

人間側の敵役としてのマッド隊長にサミュエル・L・ジャクソンをキャスティングしたのは効いてましたね。完全に厄介者もして作品内を掻き回してくれました!

あと、いつもムスッとした顔の印象があるブリーラーソンが本作でクシャッとした満遍の笑顔を見せてくれるので、その辺りも一見の価値ありですよ。タンクトップ姿も相まって好きなるわ!

 

 

気になった点

諸々最高で楽しかったんだけど、いくつか気になる点はあって。例えば、この作品やたら似たような陽気で良い感じの洋楽が劇伴として多用されるのよね。「こんな過酷な場所でも、おれらは楽しんじゃうぜ?」的な演出なんだけど、なんかあざとくてクドかった。

それとカットが変わると、いちいち何かの寄りから始まるのも監督の癖なのか、気になってしまったし、キングコングの顔と敵視するサミュエル・L・ジャクソンの顔をカットバックさせて、やけに意味深に見せたりするシーンも『巨大な類人猿VSコング似の名優』的なニュアンスで笑わせようとしてるのか、なんか変な演出でしたね。

他には中盤、毒ガスが撒かれトムヒがガスマスクを被ってスモークの中、刀で狂暴な鳥をぶった斬っていくシーンも「こういうのカッコイイだろ!」と単に監督のドヤ具合を見せたいだけに思えてなっていてなんだかなぁと。あれは一応主演のトムヒに華を持たせるシーンなんだろけど。

f:id:tyler-7:20170402161033j:plain

細々と気になる部分や無駄に感じた部分も多かったりはするんだけど、キングコングに人間が蹂躙されたり、巨大生物同士の激しいド派手バトルに、細いことはこの際どうでも良いや!ありがとう!という気持ちにされるので、個人的には大満足。

ハリウッド版【GODZILLA】はなんだか動きが鈍かったし、【シン・ゴジラ】は日本VSゴジラだったし、【トロールハンター】は巨大生物のPOVだったし、【10クローバーフィールドレーン】は……だし、 【ジュラシック・ワールド】の恐竜はあまり新鮮味無かったし、【パシフィックリム】や【トランスフォーマー】は巨大なロボットだし、本作はちょうど「こんなん観たいなぁ」と欲していた部分にスポッとハマるエキサイティングな一作でした!

 

 

まとめ

評価:★★★★★  最高!フォーー!

僕と同じく『キングコング』に今まで特に興味が無かった人にこそ是非観て欲しい一作です!

この作品を機に過去のクラッシクな『キングコング』作品を遡ってみるのも良いじゃないでしょうか?中には「全然過去作の方が面白いわ!」みたいな声もチラホラ聞くので気になっています。観るなら断然映画館ですよこれ!

実にエンドロール後にサプライズがありましたね!もう公式のサイトでも発表されてるみたいですが、上で挙げたあるシリーズと合流し『対決』するみたいですね!マーベル・シネマティック・ユニバースみたいな展開ですね。これはこれで楽しみだけど、機動力だけだと完全にこっちが有利なんじゃないかな!

[ 予告編 ]

www.youtube.com

 

関連&オススメ作品!

ジュラシック・パーク

ジュラシック・パーク [Blu-ray]

ジュラシック・パーク [Blu-ray]

 

キングコング

キング・コング [Blu-ray]

キング・コング [Blu-ray]

 

GODZILLA /ゴジラ

GODZILLA ゴジラ[2014] Blu-ray2枚組

GODZILLA ゴジラ[2014] Blu-ray2枚組