アバウト映画公園

"ほどほどの映画好き"アバウト男が最新作から旧作まで映画の感想をゆるめに書き綴る映画ブログ!たまに気になるドラマやおすすめ映画を紹介!基本大したことは書いてない。

バーニングオーシャン【ネタバレ映画感想】圧倒的地獄!社会人はマストで観るべきパニック映画!

映画『バーニングオーシャン』ネタバレ感想・評価

f:id:tyler-7:20170422124137j:plain

あらすじ:メキシコ湾沖80キロメートルにある石油掘削施設「ディープウォーター・ホライゾン」で、海底油田からの逆流によって上昇した天然ガスへの引火が原因で大爆発が発生。現場で働いていた作業員126人が施設内で足止めを食らう。事故により多数の行方不明者と負傷者を出す大惨事となり……。(シネマトゥデイ)

 

製作国:アメリカ 上映時間:106分 製作年:2016

監督:ピーター・バーグ

キャスト:マーク・ウォールバーグ / カート・ラッセル / ジョン・マルコヴィッチ / ジーナ・ロドリゲス / ディラン・オブライエン / ケイト・ハドソン等

上映館:「バーニング・オーシャン」の映画館(上映館)を検索 - 映画.com

 

 

どうも、アバウト男です!

今回扱うのは、アメリカ史上最大の石油事故と言われている2010年に起きた『メキシコ湾原油流出事故』を現場にいた作業員の証言を元に実写化された【バーニング・オーシャン】です。

監督は【バトルシップ】【ローン・サバイバー】など、良作が続いて乗ってる感のあるピーター・バーグ。他にも監督作【ハンコック】はかなりイマイチだったけど、ジェイミー・フォックス主演の【キングダム/見えざる敵】や、脚本を手がけたアメコミ映画【ルーザーズ】とか個人的に好きだったりと、信用している監督さんの1人です。

 

社会人はこれを観て気を引き締めるべき!

本作は、BP社の石油掘削施設『ディープウォーター・ホライゾン』で実際に起きた大事故の話。石油掘削をする際に必須な確認作業を怠り、懸念が残るまま無理やり作業に入ったことで、海底から石油を含んだ大量の泥水と天然ガスが吹き出し、沖から遠く離れた施設が爆発事故に見舞われる。

実話なのでネタバレどうこうも無いと思いますが、今回も中身には踏み込んでおります。

 

率直な感想は、

正直食らいましたね!めちゃくちゃ良かった!これはピーター・バーグ監督最高傑作じゃないですか!?

というよりもこの映画、一番に思ったの事故が起こった日付もあるんだろうけど、新生活を迎えた4月ってのもあり「とりあえず社会人は全員チェックするべき作品だ!!!」ってことですね。

コスト削減によりやるべきチェックを怠る不手際、上からの圧力になかなか逆らえない下請け・問題の黙認・過信・気の緩み・流れや周りに身を任せたりと、仕事の流れの中で様々なことが積み重なった結果11人の死者を出した大惨事へと発展する。

f:id:tyler-7:20170422150747j:plain

仕事をする上で自分の『役割の重要性と責任』を再認識させられる映画でした。新社会人に限らず、それなりに経験を積んだ人にも、これを観て気を引き締めて欲しいですね。

「ちょっとくらい異常があってもいつもの機械の不調で、まぁ大事にはならんだろう」なんて、そういう『希望的観測はしない』ってセリフは紙に大きく書いて壁に貼っておくべきですね。仕事をする以上は問題から目を背けずに、常に最悪の事態を想定して動くことが大事ですね。

 

ディザスターパニックとしても秀逸!

いち早く逃げ出したい大惨事にも限らず、仲間を救おうと奮闘したり、最後まで自分のやるべき仕事を全うしようとする『お仕事映画』の側面もありつつ、大まかに言えば『ディザスターパニック映画』の要素の方が強い。というか『対自然』です!海での石油採掘作業による泥水の逆流!

その水圧により吹き出した泥水により施設がメチャクチャに解体され、天然ガスによる大爆発を引き起こす。

そこまで過去にディザスター映画を観て無いんだけど、ここ最近で言うと、トラウマ級にショッキングな映像が印象的な津波映画【THE WAVE/ザ・ウェイブ】と、過酷な状況から生きて帰ろうとすふ【エベレスト 3D】を掛け合わせたような、あれよあれよと地獄に飲み込まれて行くような感覚と、常にその状況に取り囲まれてる息苦しさを感じました。

f:id:tyler-7:20170422150831j:plain

こっちに考える余地を与えないほど目まぐるしい展開と早めにカットを割る見せ方なんかも上手いけど、今回は『音の使い方』が秀逸でした。音の強弱やこもらせ方で、只ならぬ予感・異常事態・爆発の迫力とその後の頭が真っ白になったような「ほわ〜ん」とした感覚を臨場感タップリに伝えて来る。

長い廊下を写したカットで、泥水で奥からこっちに向かって歪んで変形して来るシーンや、施設全体から泥水が「ブシャー!!!」と溢れる様は思わず「うぁ…」と声を出すと程圧巻でした。

圧縮されて吹き出す泥水の『逃げ道』が施設内って事実だけで怖いですよね。それが海に放出できるんなら良いんだけど、ホースは施設と

 

 

抜かりない演出の数々

監督のピーター・バーグは細かいところで抜かりないなと。例えば、実話ベースの話という事で、事故から生還したマイク本人の証言を声だけで聞かせるオープニングで始まり、一気に冒頭から観客を引き付け、只事じゃなかった事を悟らせる。

他にも、作業員達がディープウォーター・ホライゾンに向かう道中に前振り的な『嫌な予感』描写を過剰に並べたり、ラストで現場責任者のジミーが生存確認のために船員の名前を挙げていくあの下りは、実際事故に遭った人の助け合いの努力を讃えるの同時に、亡くなった人への弔いでもあるんだなと。

f:id:tyler-7:20170422150943j:plain

あと、爆発後に細かいおがくずみたいな塵が人の張り付くチョットした描写も新鮮でリアルだなと思ったり、事故を引き起こした原因でもあり、好かない重要人物ヴィクトルにジョン・マルコヴッチをキャスティングさせたのはさすがで、かなりハマり役でしたね。あぁいう奴に限って…

事故や実話ものに不可欠な、事故から生還しそれぞれが家族と対面するシーンや、エンドロールでは実際の映像と写真をちゃんと入れてくれてたり、エンドロールの音楽も明る過ぎず暗過ぎず絶妙なバランスで、起承転結の時間配分含も良いし、最初から最後まで押さえるポイントをシッカリと押さえてくれた良作でしたね!

観終わった後は間違いなく疲れます!

 

まとめ

評価:★★★★★ 最高!フォーー!

同監督で一番好きな【ローン・サバイバー】よりも良かったっすね!前回の視覚効果で痛覚描写を際立たせていたけど、今回もそれが効いていて。【ローン・サバイバー】に引き続き『監督:ピーター・バーグ ×  主演:マーク・ウォールバーグ ×  実話』の方程式が確率されましたね。

改めてマーク・ウォールバーグは汚れが似合うし、ジミーを演じたカート・ラッセルのその辺にいるオジさん感の出し方も素晴らしい。

間を開けずすぐに公開される、今回と同じ方程式で作られた【パトリオット・デイ】も楽しみです!絶対観る!

[ 予告編 ]

www.youtube.com

 

関連&オススメ作品!

ローン・サバイバー

ローン・サバイバー Blu-ray

ローン・サバイバー Blu-ray

 

 THE WAVE/ザ・ウェイブ

エベレスト3D

パトリオット・デイ

www.patriotsday.jp

今回の感想に入らなかっら一言:

冒頭でマイクの娘が言っていた『下っ端』って言葉が後になって効いてくる!実際死に物狂いでなんとかしようとしてるのは下っ端としわれるような人なんだよ!