アバウト映画公園

"ほどほどの映画好き"アバウト男が最新作から旧作まで映画の感想をゆるめに書き綴る映画ブログ!たまに気になるドラマやおすすめ映画を紹介!基本大したことは書いてない。

無限の住人【映画感想/評価】キムタクは頑張ってるけど退屈!斬られた数だけあくびが出た!

映画『無限の住人』感想・評価

f:id:tyler-7:20170430115205j:plain

あらすじ:100人斬りの異名を持つ万次(木村拓哉)は、わなによって妹を失い、謎の老人に永遠の命を与えられる。死ぬことのできない無限の体となった今、斬られた傷は自然に治るが、剣術の腕は落ちていた。ある日、孤独な万次の前にあだ討ちを頼みたいという少女・浅野凛(杉咲花)が現れる。彼女の願いを聞き入れた万次は、凛と共に剣客集団・逸刀流の首領である天津影久(福士蒼汰)の命を狙う。(シネマトゥデイ)

 

製作国:日本 上映時間:141分 製作年:2017

監督:三池崇史 脚本:大石哲也

キャスト:木村拓哉 / 杉咲花 / 福士蒼汰 / 市原隼人 / 戸田恵梨香 / 北村一輝 / 栗山千明 / 満島真之介 / 金子賢 / 山本陽子 / 市川海老蔵 / 田中泯 / 山崎努等

上映館:「無限の住人」の映画館(上映館)を検索 - 映画.com

 

 

どうも、アバウト男です!

今回扱う映画は、沙村広明原作の人気漫画をキムタク主演で三池崇史監督が実写化した【無限の住人】です。漫画は好きなんだけどこの作品は未読で、この作品のために予習しようかと思ったんだけど、読んでみたものの画があまり受け付けなくて結局挫折。

監督の三池さん作品はここ最近めっきり良い印象は無いんだけど、同じ時代劇タッチの【十三人の刺客】の功績と、初のキムタクとのタッグ、それに去年【湯を沸かすほどの熱い愛】で泣きに泣かされた杉咲花との共演もあり、多少期待値の上がった状態で観てきました。

今回もラストのネタバレはしてませんが、内容に軽く踏み込んでいます。

 

面白い場面が1つも無かった

率直な感想は、

かなりつまらなかったですね...

個人的には全然グッと来なかったな。実は3時間半くらいある内容をバトルシーンとタルい会話のシーンだけを残して2時間20分に収めたような内容で、ひたすら退屈の中観続けるしかない過酷な映画でした。

恐らくキムタク演じる万次が斬られた数と同じ数だけあくびしていたと思います。

f:id:tyler-7:20170430133123j:plain

これで感想は言い切っちゃった感もあるな。1つ1つ細かく書いていくのは面倒なので【デスノート Light up the NEW world】の時と同じくイマイチだった点を羅列して行こうかなと思います。

  • 冒頭からクライマックスと似たような殺陣を見せちゃい過ぎ
  • 見せるのにしてもカメラがグラグラで迫力・凄みに欠ける
  • 室内での会話のシーン・万次の傷治り・夜のバトルシーンなど、基本画が暗過ぎて何が起こっているのかイマイチ見えにくい
  • 間を異常に取る会話のシーンがタルい
  • バトルシーンと会話シーンの繰り返しでダレる
  • 万次が能力がある前提で戦ってたり、そこまで強く無い
  • 登場人物が多くて、時間の都合か一人一人の扱いが雑
  • 戸田恵梨香演じる乙橘の感情の変化が早すぎて笑う
  • 途中仲間になるかと思っていたグループの裏切りが早過ぎ
  • 万次の刀が次から次えと出てくる説明が特にないので、原作未読者には終盤まで「?」だった/あれも自然治癒能力と同じ類のものなのかな?
  • 結局のところ300人 VS 1人ではない
  • 敵役の福士蒼汰演じる天津の肩透かしな小物感
  • 事前の積み重ねがないので、杉咲花が泣こうが喚こうが全然グッと来ない

などなど、ザックリ挙げてもこれだけ出て来る。この中で一番気になったのは『画の暗さ』ですね。マジかよ!ってくらい暗いシーンが多くて、あれだけ遮光したる真っ暗な劇場のスクリーンで観ても見にくかったですね。

f:id:tyler-7:20170430133140j:plain

あと印象的だったのは、途中で杉咲花演じる凛が復讐相手の天津を見つけて不意打ちする場面。具体的なセリフは忘れちゃったけど、凛が「天津、覚悟!!!」みたいに叫んでから『くない』のような小刀を投げるシーンがあるんだけど、何で攻撃する前に叫んじゃうのよ。。

恐らく叫んでなくても天津は攻撃を回避するんだろうけど、今の時代未だにあんな表現を映画でやってると思うの頭クラクラする、余計にテンションが下がった。

結果的にあれだけ長い上映時間であるにも関わらず、思い返すと薄味なシーンや展開の連続で『面白い!』って場面がなかったな。薄味をいくら食べても味は濃くはならない感覚といつか。

ある意味凄いわ、三池さん【ジョジョ】に忙しくて助監にほとんど任せてなんじゃないかな?

今回は、漫画に出て来る主要なキャラや展開を時間内にただただ出してるだけに見えてしまう『脚本』に難ありですね。どこを削って/どこを見せて/どこをアレンジするか時間配分含めてあまり上手く行って無いなと。

三池さんの悪ノリギャグが少なくて、その点は観やすかったんだけど真面目も真面目でパンチ無いなと。終始展開の垂れ流し状態で、終盤は明らかに話がとっ散らかってました。

 

 

キムタクと良かった点

ストーリーとしては分かりやすかったですね、漫画『るろうに剣心』の志々雄真実の回みたいな感じで。天津率いる『逸刀流』の選ばれし刺客がるろうにで言う『十本刀』みたいな、で天津が志々雄真実みたいな圧倒的強さを誇る存在。

f:id:tyler-7:20170430133104j:plain

SMAP解散騒動の最中に撮影に望んでたであろう肝心のキムタクですが、なかなか役に入り込んでいて好演してたと思います。何も無い普段のシーンはキムタク然としてるんだけど、バトルシーン・殺陣はスイッチが入ったように片目ながら頑張っていました。

なんだけどカメラワークやカット割りがあまり良くなくて殺陣の凄さが伝わりにくかったり、すでに実写【るろうに剣心 京都大火編】で剣心を演じた佐藤健の1人でばったばった大勢の敵を倒していく殺陣シーンを観ているので、正直インパクトに欠けてしまったのはある。

でも、斬りまくった後に人が大勢倒れているシーンは圧巻ですね!あのシーンが見せたいがために大勢の人を用意したみたいなところもあるだろうし、画一つで納得させるパワーがありました。気迫に満ちた表情もカッコ良くて!

あと凛のために買ってきた薬を小屋の入り口で手だけ出して渡そうとするシーンはキムタクっぽいよな〜。あれ間違いなくキムタク演出でしょ!?

 

他には良かったしところと言えば、戸田恵梨香の綺麗な脚と2度目に登場する際の何もしてない髪型がツボでしたね。MIYAVIが務めた主題歌も作品にマッチしてたし、その辺くらいかな。

総合的に見てしまうと漫画実写化の凡作というよりも、結構つまらなかった部類に入る作品だった印象は拭えないですね。原作に思い入れが無いのでこんなもんかという気持ちで劇場を後にしました。

 

まとめ

評価:★★ うーん、イマイチ...

キムタクの力だけではどうにもならなかったですね。あれだけ個性豊かなキャラが出てくるなら原作リベンジしてみようかな。そういう意味では実写化した甲斐もありますね。原作ファンはどう観たんだろ?!評判もそこまで悪く無いみたいだし満足なのかな?

こんな調子だと三池さんの次回作の【ジョジョ】の実写化も結果見えてますね。。予告を観るとスタンドのバトルよりも、町で起こる事件を軸にしたサスペンスタッチで押し切ろうとしてる感じが。今のところスタンドの姿も見せてないし、あまり面白そうじゃ無いんだよな。

[ 予告編 ]

www.youtube.com

 

関連&オススメ作品!

十三人の刺客 

十三人の刺客<Blu-ray>豪華版(特典DVD付2枚組)

十三人の刺客<Blu-ray>豪華版(特典DVD付2枚組)

 

 るろうに剣心 京都大火編

るろうに剣心 京都大火編 通常版 [Blu-ray]

るろうに剣心 京都大火編 通常版 [Blu-ray]

 

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章

warnerbros.co.jp