アバウト映画公園

"ほどほどの映画好き"アバウト男が最新作から旧作まで映画の感想をゆるめに書き綴る映画ブログ!たまに気になるドラマやおすすめ映画を紹介!基本大したことは書いてない。

マンチェスターバイザシー【映画感想/評価】染み渡る感動!巧みな脚本と役者の好演が光る良質ドラマ!

映画『マンチェスターバイザシー』感想/評価

f:id:tyler-7:20170516020731j:plain

あらすじ:ボストン郊外で便利屋をしている孤独な男リー(ケイシー・アフレック)は、兄ジョー(カイル・チャンドラー)の急死をきっかけに故郷マンチェスター・バイ・ザ・シーに戻ってくる。兄の死を悲しむ暇もなく、遺言で16歳になるおいのパトリック(ルーカス・ヘッジズ)の後見人を引き受けた彼は、おいの面倒を見るため故郷の町に留まるうちに、自身が心を閉ざすことになった過去の悲劇と向き合うことになり……。(シネマトゥデイ)

 

製作国:アメリカ 上映時間:137分 製作年:2016

監督・脚本:ケネス・ローガン

キャスト:ケイシー・アフレック/ ミシェル・ウィリアムズ/ カイル・チャンドラー/ ルーカス・ヘッジズ/ グレッチェン・モル/ カーラ・ヘイワード/ C・J・ウィルソン 等

上映館:「マンチェスター・バイ・ザ・シー」の映画館(上映館)を検索 - 映画.com

 

 

どうも、アバウト男です!

今回扱うのはアカデミー賞 主演男優賞と脚本賞に輝いた【マンチェスター・バイ・ザ・シー】です。

ケイシー・アフレック主演という事で、ここ最近自分の中では【ファーナス/訣別の朝】や【トリプル9】などのノワールな雰囲気が似合う役者だなぁと思っていたけど、本作で見事アカデミー賞主演男優賞に輝き、実力を認められた彼の姿が見たくて、新宿武蔵野館で観てきました。

 

今年マストなヒューマンドラマ

感想は、

静かに染み渡る良作ヒューマンドラマでした!
兄の死をキッカケに故郷マンチェスターに戻って来たリーは、兄の遺言で甥のパトリックの後見人として選ばれることに。兄の葬儀を進めながらパトリックと兄の家で時間を共にする。

ある事故がキッカケで心を閉ざした叔父のリーと、青春真っ只中で父を無くし戸惑いの中にいる甥パトリックのぎこちない距離感から、時にぶつかりながらも、リーは自身の心の傷と向き合い、パトリックも少しずつ自らの人生を受け入れていく物語。

f:id:tyler-7:20170516021651j:plain

マンチェスターの街と同様に、地味で静かなトーンの作品。決して豪華な俳優陣で固めている訳ではないんだけど、巧みな脚本と人間味のニュアンスや機微の切り取りによる些細なやり取り、確かな役者の演技を丁寧に紡いだ、良質で心を温まるヒューマンドラマでした。

心温まるというよりも、観た後に何となく胸が空くというか肩の荷が軽くなったような感覚のする作品ですね。

どんなに辛いことがあっても決してそこで終わりじゃなく、必ず何かのキッカケで立ち直れたり、受け容れることができる。それが人なのか街なのか、はたまたやタイミングや年月なのかは分からないけど。ちょっと言葉では表現できない優しさを感じました。

 

 

父ではなく叔父として

ケイシー・アフレック演じるリーは死んだ兄に代わって父親の代わりをするんじゃなく、あくまでも叔父としての距離感を保ちながら、甥のパトリックの事を気に掛けサポートする。

兄とは器量も違うし兄に取って変われる訳も無いし変わる気もない。そんな距離感から他人に構っていられる余裕もない程心に傷を抱えた彼の状態や、そんな状態の中でも甥のために何とかしてやらなくちゃとする人間味や優しさが垣間見れた。

f:id:tyler-7:20170516021715j:plain

恐らく最初は分からないながらも、父親(兄)のように振舞わねばなんて気負いが多少あったのかもしれないけど、パトリックと過ごす内に、彼にも彼の人生や環境がある事に気付く。そして、リーは知り合いもそれなりにいる育った故郷で『叔父』としての彼のために最大限の事はしようと。
「俺はここまでは準備した、あとはお前が選べ」って、この叔父と甥のドライに見えて実はちゃんと愛のある距離感。なんか観たことあるようで無い感動がグッと押し寄せる。

 

 

回想の使い方

兄の死後、パトリックを気にかけるもどこか心ここにあらずなリーが、兄とまだ幼いパトリックと3人でのんびりマンチェスターで暮らしていた回想が、話の合間合間で入って来るんだけど、

その回想が単に「甥もまだ小さくて、あの頃は良かったなぁ…」という思い出に耽る回想に止まらず、話が進むにつれて、実はリーが故郷を離れたある決定的な理由が明らかになる。それは大切な人を死なせてしまった取り返しのつかない事故。
そして、大切な人を亡くし喪失感に苛まれた時、自分を兄が支えてくれたように、リーは同じく大切な人を無くしたパトリックに接しようとする様子が、今と回想の時系列を行ったり来たりする事で見えて来くる。

f:id:tyler-7:20170516021740j:plain

シャマラン監督作【スプリット】でも回想が後々、物語の大事な部分に繋がって来る使い方が印象的だったけど、本作はさらにその一歩先を行くような回想の使い方でした。

 

幼いパトリックと仲睦まじいリーの姿はもう過去のものになったのかも知れないけど、葬儀の帰りに「アイス買って行っていい?」「あぁ」の受け答えだけで、いや、あの頃から関係はそう変わって無いじゃん!と分かり、なんだかホッコリさせられた。

鮫の話やボールを拾って雑に投げ合うとか、何気ない日常のやり取りで、その街での生活感を感じさせたり、終いにはあの大切な人が夢に出てきて危険を知らせる夢シーンの演出なんかもズルいですよね!見せるところ・引くところ・笑わせるところの塩梅が絶妙でした。

 

 

ケイシーの好演

本作でアカデミー賞主演男優賞を取るだけの事はあるなってくらい、納得のハマりっぷりと好演でした。【ザ・コンサルタント】で実兄のベン・アフレックの『死んだ目』が話題になっていたけど、実はより覇気が無さそうに見えるのは弟のケイシーだったりする。
兄の存在で一歩隠れた存在感と、持ち前の覇気の無い雰囲気とが『心に傷を抱えた叔父』という役柄にマッチしていて今回まさに適役!アフレック兄弟は揃って『ため息』が似合うなぁ。

ケイシーのくぐもって弱々しい声も良かったし、劇中終始ムスッとしていた分、最後に彼が見せる笑顔で全て解放されたような感覚がして、感動を胸に仕舞ったまま清々しい気分で劇場を後にする事ができました。

 

 

まとめ

評価:★★★★★  最高!フォーー!

分かりやすく感動させる作品というよりも、観終わって思い返すと良かったなぁと、後に引く作品でした。ケイシーだけじゃなく他のキャストの演技も申し分ない。

ここ最近の『大切や人の死から再生するドラマ』でいうとジェイク・ギレンホール主演の【雨の日は会えない、晴れた日は君を想う】もあったけど、脚本の上手さやヘタにエモーショナルに演出しない分、本作の方が静かにそれでいて着実にじわ~と感動が染み渡りました。

普段ブロックバスターやアッパー系の雰囲気から映画にあまり関心がない人でも「こういう映画もあるよ」と勧めたくなる一本でした。

[ 予告編 ]

www.youtube.com

 

関連&オススメ作品!

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う

www.aboutman7.com

ザ・コンサルタント

www.aboutman7.com

トリプル9

www.aboutman7.com

今回の感想で入れられなかった一言:

となりに座っていた男がちょっとした事でも終始クスクス笑っていたので、小突きたくなりました。『オレ映画分かってます・楽しんでます感』は作品のタッチによってはイラっと来る。