アバウト映画公園

映画が好きなんだけど観たそばからすぐに忘れていってしまうアバウト男の鑑賞備忘録ブログ

キングスマン ゴールデンサークル【ネタバレ映画感想】最近食べたうな重みたいな映画だった!!!

キングスマン2【ネタバレ映画感想/評価】最近食べたうな重みたいな映画だった!!!

f:id:tyler-7:20180112131149j:plain

 

どうも、アバウト男です。

マナーなんてあったもんじゃないドPOPスパイアクション【キングスマン】の続編【キングスマン ゴールデンサークル】を観てきました。早速だけど主役エグジー(タロン・エガートン)のメンター的先輩エージェントのハリー(コリン・ファース)は前回死んだと思われてたんだけど、さらっとポスターや予告に出ちゃってましたね。

ハリーを見せない宣伝がやりにくかったのか、出さなきゃ作品の引きとして弱いと思ったのか、観終わって振り返るとハリーの生存はサプライズの1つとして取っておけば良かったのにと思うほど、本作は前作に比べてパンチに欠け、話が進むにつれモヤモヤが上乗せされる展開が目立つ作品でした。

 

元々原作コミックありきのシリーズなのでどこまで原作をなぞってるのか未読なので分からないけど、今回はGOODなポイントとBADなポイントを挙げながら感想を綴りたいと思います。※ネタバレしながらの感想なので未見の方はご注意ください。(本作に限らず前作や【キックアス】についても触れています。)

 

GOODなポイント!

 

安定して良さげな展開が随所に見られた!

ツボを押さえた設定やベタだけどワクワクする展開は本作随所に見られました。その中でも印象に残ってるポイントといつくか挙げてみると。

 

・前作苦渋を舐めた元仲間が敵となって再登場

→ さり気ないけど前作を観た人ならニヤッとするこの手の設定は良いですね。しかも予告で観てたはずの片腕マシン坊主がまさか前作でキングマンの試験に落ちたあの嫌味野郎だとは映画を観るまで気付きませんでした。見事なイメチェン!ただコイツがボスの右腕って時点で前作からのグレードダウンたるや!ちなみに片腕マシン野郎なら【ローガン】に出てきたアイツの方が魅力的ですね。

・キングスマンが窮地に陥り、アメリカの同盟組織『ステイツマン』の登場!

→ 単純に新キャラの登場は嬉しくて、スタイリングや戦い方などお国柄や国同士のギャップなんかも楽しいですね。個人的に今回アメリカの組織が出て来たってことは今後『忍び』や『武士』をモチーフとした日本版キングスマンの登場!?なんかも少なからず期待してしまう。それはさすがに無いか…

・ 死んだはずの仲間が実は生きていて記憶喪失

→ これも『自分をこの業界に引き込んでくれた記憶喪失の先輩を一人前になった後輩が記憶を取り戻そうとする』展開は記憶を取り戻すシーンと合わせてグッと来ますな!好きな映画【メン・イン・ブラック2】にもどこか通じるなと思って観てました。

・成長した後輩と先輩との共闘アクション

→ 前作叶うことのなかったエグジーとハリーの共闘が何と言っても本作の見どころでしょう!特に野外戦よりもダイナーで繰り広げられる2対1の対決がイイー!緊迫した事態、それに加えて相手も相当の強者!ここに来て卑怯とか言ってられないっ!【ザ・レイド】の終盤の闘いなんかを思い出しました。2対1で闘うってある意味敵への敬意というか強さを認めてる感じがして好きです。

しかも相変わらずアクションの見せ方が面白い!通常ならカットを割りそうなところを強引に繋げて一連のアクションを魅せる。恐らくカメラがグワングワンと寄ったり引いたりしてる隙にさり気なく別のカットに刺し替えたり、カットとカットの間をCGで補って繋げたりしてるのかな?それによって役者に動きとそれを画面に収めようとし続けるカメラワークとがガツっとシンクロして不思議な躍動感が生まれている。

前作の『教会大乱闘』シーンのインパクトには及ばないけど、今回は良質なアクションシーンの数でそれを補おうとしてたように思える。あとハリーの傘に対しエグジーも持ち物繋がりでのアタッシュケースを使う辺りもGOOD!

 

他にもGOODなポイント!

エグジーの前作で助け出した女王とワンナイトじゃなくシッカリ恋人関係になっている根の真面目さと、彼女がいる事でのエロ任務への葛藤&事前報告は微笑ましい。他にはゴーンデンサークルの過酷な入団儀式も馬鹿っぽくて好きだし、ウイスキーが使うロープも新ガジェットとして魅力的でした。

 

 

BADなポイント!

 

前作に比べてグレードダウン!

出てくるキャラクター含めルック・画の良さが目減りしてました。。前作だったら『両足凶器でピョンピョン跳ね回りながら戦う殺しに長けた美女』に『エージェントになる為の過酷な試験』『教会大乱闘』『国民のキルスイッチが入った世界規模のケンカ祭り』や『ケミカルな頭吹っ飛ばし』などサービス満点で画的に楽しませてくれたんだけど、本作はこれと言ってそれ等に匹敵するシーンがあまり無く、狙ったエルトン・ジョンいじりもそこまで刺さらず。

 

脚本の都合を優先した結果、遡ってモヤモヤが上乗せされる展開が目立った!

個人的にご都合主義というか都合の良い展開自体は話を円滑に進めるために時に必要だと思うんだけど、本作は脚本や作り手の都合によるノイズが多く感じられて、そのノイズがさらに遡ってモヤモヤ上乗せさせる結果に。

例えば、

・ステイツマンを登場させる → ってことはキングスマンを窮地に陥れるために、基地や家を爆破され仲間や愛犬・友人もろとも殺されるって展開にしよう

▶︎いや、これってステイツマンを登場させたいがためにエグジーの同期ロキシーをあんなにも呆気なく死なせたってことだし、あんな直前まで迫られないとミサイルが感知できないキングスマンの防衛システムとか諸々ショボ!そもそもあのミサイルで全滅ってどんなヤワな組織なんだよ!!! 

 

・愛犬と同じ犬種の子犬を与えられてハリーの記憶が戻る → そのヒントとなるようにエグジーが彼女から子犬をプレゼントされ気を取り戻す話を入れよう → ならロキシーたちと同時にJBに死んでらわなきゃ

▶︎ この流れだとハリーの記憶を取り戻すキッカケのためにJBが殺されたってことだし、彼女から子犬をプレゼントされたエグジーが記憶が戻るかもとハリーに子犬を与えるって行動が意味的に噛み合わない且つ不自然だし、それよりも愛犬が死んだばかりなのに同じ犬種の子犬をすぐ買って来る女ってどうなのよ!?あの女JBのこと好きでもなんでも無かったな?プレゼントされたら幻滅するわ!

 

・クライマックスで覚醒する前に、記憶を取り戻したハリーが正常なのかイカれてるのか分からない不安定描写を入れたいな → それならハリーが仲間のウイスキーを撃ち〜の、実はウイスキーは裏切り者だった事にし〜の、なんならクライマックス戦の相手にしようぜ!だって今回の悪役地味だしちょうどイイじゃん!?

▶︎ 逆に『ラスボスにウイスキーを持って来たいがために伏線としてハリーがウイスキーを撃つ不安定描写を入れた』って順番かもしれないけど、どちらにしてもこの少ない駒の中でツイストを入れつつ強引に話をまとめようとした結果、ハリーがウイスキーが裏切り者だと決め付けた理由のあやふやさとか、任務の邪魔をするウイスキーの取って付けたような動機が生まれちゃって、それがノイズとなっちゃってたり。

 

他にも感じたモヤモヤポイント!

本作、ロキシーやマーリン然り『それなりに重要そうなキャラが呆気なく死ぬ』感じは普通にモヤった。監督のマシュー・ヴォーンって前作のハリーや【キックアス】でいうとニコラス・ケイジ演じるお父さんとか重要なキャラを殺させて、死と隣合わせの状況下いるって事を示したり、その後の展開に勢いを付けがちみたいなのは本作を観て思ったんだけど、前作や【キックアス】はちゃんと事前にそのキャラの活躍や功績を見せてから殺すから、その後の展開に「やったったれっ!!!!」と感情移入できるのに、今回の『キャラの死』は単にやりたい展開や見せ場同士をつなぐための生贄として見えてしまったのがとても残念でした。

 

他にも小言になるけど、

・大統領が隔離施設を各所に設置して対応の良さを褒められてたけど、あんな檻を積み重ねて見殺し感満載の隔離の仕方をするなら屋根が空いたスタジアムとか絶対ダメだろ!報道のヘリが来たら一発でアウトだし。【ソイレント・グリーン】みたいに、側はちゃんと善良な施設に見せかけて、実のところその内部は...みたいな見せ方にしないと。

・ガジェットの地雷探知バットってあれ何だったんだよ!マーリンがあんな結果になるならむしろ無い方が良かった。なんかスパイとしてキングスマンの二流感が際立っちゃうよ。

・今回のメカ(機械)に頼った悪役のスタイルってどうなの!? 前作のガゼル並みにパンチのあるキャラが考えられないからって思考停止か!?ロボット犬2匹と片腕マシン坊主ってパンチ無いな。それに合わせてエグジーの最終手段が機械をハッキングして操る時計ってそんなズルい武器ある!? うろ覚えだけど事前にハリーにも同じ時計渡して無かったっけ?

・ポピーにパスワードを吐かせるために効果を高めた殺人ドラッグを打つってスパイ的に雑過ぎじゃない?ご丁寧にパスワードを吐いてくれてから死んだから良かったものの。

・2人のダンクシーンはカッコよかったけど、彼なりの正義で戦っていたウイスキーをあんなミンチにして殺すこと無いだろ!気絶させるくらいに留めておけば本作の片腕マシン坊主みたく、前作で苦渋を舐めたキャラがパワーアップして次回作の悪役の一人として登場みたいな流れがまた出来たのにな〜とか思ったり。 

 

まとめ

そこまでノイズを感じる事なくナチュラルに楽しめた一作目に比べて、続編なりの展開や楽しさはありつつも、全体的にパンチに欠け素直に楽しもうとするのを妨げるかの如くノイズや脚本の荒さが目立つ作品でした。

例えるなら、まさに最近食べたうな重みたいな作品でした。それなりにお高い店のうな重なんだけど小骨の数がやたら多くて、飲み込むたびに逐一喉に軽めの痛みが走って心の底からか「美味い!」と思えないあの感じに似てるーーー!と周りの人と共感しにくい感覚を一人味わいました。

評価:★★★☆☆ 星3つ!

BADポイントの方が熱くなりましたが全然つまらなくはないです!娯楽作として普通に楽しめるし、期待値からの落差でこの点数です。楽しみにしてたチャニング・テイタムは完全にお預けだったけど次回作の期待値は正直低めです。てか誰かしらきっとまた死んでないんでしょ?それももうサプライズとして機能しないよ。

 

関連&オススメ作品

メン・イン・ブラック2

メン・イン・ブラック2(Blu-ray Disc)

メン・イン・ブラック2(Blu-ray Disc)

 

ソイレント・グリーン

ソイレント・グリーン [DVD]

ソイレント・グリーン [DVD]

 

感想に入らなかった一言:

ポスターに出てくるエグジーが着てるオレンジのジャケットが絶妙にダサい!